正義感が強い人の特徴とは。ウソや不正を見逃せない

最終更新日:2016年9月1日

人一倍正義の気持ちが強い人。

自分の周りに正義感の強い人が一人でもいると、信頼出来たり頼りに出来たりと、頼もしい存在でもあります。

では正義感の強い人とは、一体どういった人のことを言うのか、特徴を挙げてみましょう。

1.正義感が強い人は嘘をつくことが出来ない

正義感の強い人は、嘘というものを自らつくことはほとんどしません。

嘘をつくことで、誰かが傷つくかもしれない、自分の信頼を失うかもしれないという思いに駆られ、バカ正直に生きていることが特徴として挙げられます。

正直に生きるという面では一見とても素直で素敵に見えるものですが、時に失敗や誤解を招いてしまうこともあります。

社会に出ると、嘘をついた方が良い場面、嘘をつかなければならない場面に遭遇することもあり、こうした点では不利に働くこともあるでしょう。

それでも正義を貫く正義感の強い人は、そうした逆境にも耐え、嘘をつくことなく自分に正直に生きることでしょう。


2.正義感が強い人は約束やルールを重んじる

正義感の強い人は、約束や掲げられたルールは守るべきと自分に言い聞かせている人が多いです。

こうしたことを破ることは正義とは反対で、破った時点で正義感が損なわれてしまったと感じるでしょう。

社会では、約束やルールは必ずと言って良いほど存在するもの。

そしてきちんと守るもの、守れるものが信頼を得て、上司からも慕われるようになります。

守ることが正義であり、守らなければ人として間違った生き方、と強く思っていることでしょう。

仕事を人一倍努力したり、成果を出したりと、結果をきちんと出すのも正義感の強い人です。


3.正義感が強い人は気が強い傾向にある

正義感が強いあまりに、空気がよめなかったり、反抗する場面が多くなったりと、自分の言いたいこと、思っていることを我慢できない傾向にあります。

「これが正しい」と思い込んでいることで、他人の目は気にせず、例え批判を受けるとしても、思っていることを発言してしまうことがあります。

ただこれによって多少、気が強い人、我が強い人という見方をされることもあるでしょう。

自分の主張をきっちりと相手に伝える為、反対意見となる人を前にした時に、口調が荒くなることもあります。

こうした傾向から、正義感の強い人は気が強いと思われてしまいます。


4.正義感が強い人は生きづらさを感じる人も多い

正義感が強いことで、間違ったこと、不正なことを嫌う為、自分自身が無理してしまうこともあるでしょう。

本当は楽な生き方もあると分かっているのに、自分の中で許せない何かが存在すると、難しい生き方を選択してしまいます。

人よりも遠回りな生き方によって、生きづらさを感じることもあるでしょう。

例えば一つ嘘をつけば簡単に済む問題であっても、嘘をつけない為にいちいち説明していかなければならない。

そうなると時間と労力がかかり、自分の体力や精神も削られてしまいます。

「この正義感すらなければ」と思いながらも、正義感があるからこそ、捨てることが出来ないのです。


5.正義感が強い人は自分にも他人にも厳しい

「こうじゃなければならない」「こうしないといけない」という気持ちから、ついつい人を巻き込んでしまうこともあります。

自分の中でルールが存在していて、それを破ることは出来ません。

ただ、自分だけであれば問題なくても、それを他人にも求めてしまうことがあり「有難迷惑」と思われたり「うざい人」と捉えられることもあります。

正義感が強いことで、他人から信頼を得ることは多くても、自分も巻き込まれてしまうという点から、避けられることもあるでしょう。

正義感の強い人は、自分だけではなく、社会全体、人全体に求めてしまうことが多いのです。


6.正義感が強い人は根本的に真面目な性格である

正義感の強い人は、同時に真面目な性格の持ち主と言えます。

曲がったことが嫌い、不正が嫌い、嘘が嫌いと、人としてそれてしまう生き方を嫌いなことが多いです。

あたかも人生においてマニュアルがあるかのような言動が多く、決して人を裏切ったり、信頼を失ったりということをしません。

そこには「こうしたらどう思われるか」「自分がどう見られているか」ということを常に考えているからかもしれません。

真面目な性格であるために、相談を受けたり、人の仕事を担ったりと、多くの問題を抱えることも多いです。

しかしそれを達成しなければならないという使命感を持っている為に、途中で投げ出すこともしないでしょう。

取り組み姿勢であったり、期限を守るという点では、真面目さが際立って見えることでしょう。

正義感が強い人の特徴を知ろう

正義感の強い人は、絶大な信頼を得ることもあれば、時にうざいと思われてしまうこともあります。

その場面や状況に合わせて臨機応変に対応するというよりも、自分の考えや意見を貫いてしまう為に、マイナス面も目立ってしまうでしょう。

もっと楽に生きる、もっと適当になるということを取りいれれば、今以上の人気や信頼を得ることが出来るようになるかもしれません。