セルフプロデュースをする際の心構えとは

最終更新日:2016年8月22日

セルフプロデュースは今の時代多くの女性が、実施している自分の魅力を多くの人に知ってもらうための方法です。

多くの場合はSNSを通じてのプロデュースで、その効果は絶大なものがあります。

1.どんな自分でありたいのか

セルフプロデュースとは、先ほども書いた通り多くの人に自分自身の魅力を知ってもらうための方法と言えます。

そのためのは、周りの人から見て自分がどのように見られたいのかをきちんと知る必要があります。

オシャレな女性でありたいなら、流行りのお店の情報や話題のものに敏感な発信を行ったり、国際的な女性だと思われたいなら海外ドラマや海外旅行、語学など多くのことに触れていることをアピールするのもひとつの方法です。

しかし、全てを盛り込みすぎるとどんな女性なのかということがわかりにくくなります。

必要な部分に限定に、ポイントを狙ってのアピールが必要です。


2.嘘はつかないこと

嘘は必ずばれます。

知らないことを知っているかのように振る舞ったり、行ったことのない場所に行ったことがあるようなことを書けば、一時的にはばれなくてもどこからかその嘘は崩れてきます。

セルフプロデュースに気を取られてばかりいるとついつい事実でないことも言ってしまう恐れがあります。

どんな嘘であっても、嘘は女性の魅力を下げます。

その場しのぎの嘘であっても、今後のあなたに悪影響を及ぼしますのでやめましょう。


3.セルフプロデュースのための努力

多くの場合セルフプロデュースは、自分が自分のために行うものでありさじ加減も自分次第です。

つまりどんな自分でありたいかというぶれない軸を持つということがとても大切だと言うことです。

そして、その軸を持ちセルフプロデュースを行うだけでなく、実際に理想の自分に近づくために努力をしなければなりません。

国際的な自分をアピールしたいとき、現時点で英語が全く話せなくても問題はありませんがずっと話せないとなるとそれは自分ではなく偽りの自分のプロデュースをしていることになります。

理想の自分を作るための努力をし、その延長にセルフプロデュースをすることが大切です。


4.SNSを攻略する

SNSの攻略はセルフプロデュースにはかかせません。

実際人と話すよりもSNSを駆使した方が早くそして多くの人の目に触れることとなります。

まず、SNSでは自分をプロデュースっするためのものと考え、普段の細々としたことやネガティブなことは書き込まないようにして下さい。

人は、ポジティブなことよりもネガティブなことの方が記憶に残りやすいのです。

つまり、ネガティブな発言の頻度が高くなかったとしてもいつの間にかマイナスのイメージを持った女性として見られてしまうことが多いのです。


5.人の心は、お気に入りやリツイートからわかる

SNSの攻略というと自分のつぶやきが重要に思えてくるかもしれませんが、そうではありません。

お気に入りやリツイートといった他人の発言に共感しているサインを出すことは、発言以上にその人がどのような人なのか知ることができる機会でもあります。

例えば、おもしろ動画ばかりをリツイートする人は明るく元気で面白い女性という印象を受け、子どもや動物の話題に触れることが多い人は優しい印象を与えます。

本心にそわないのは良くありませんが、上手く活用すれば十分役にたつと言えるでしょう。


6.人によって左右されてはいけない

セルフプロデュースによって成り立っている自分は、決してぶれないものでなくてはなりません。

人によって左右される女性は、八方美人であるだけでなくどのような人なのかわからないという印象を与えます。

どんな人に対しても、ぶれない自分であるために人によって左右されないよう心がけましょう。


7.人と比べないから比べられない

セルフプロデュースに関心を持つ女性は、人の目を気にしすぎる傾向がありますが人と比べることは人に比べられる存在になっているということです。

周りを気にしセルフプロデュースを行うことは良いことですが、人と自分を比べ作りあげてきた自分を変えるということをはじめてしまえば、それは永遠に続くこととなります。

一度こうあろうと決めたなら隣を見ないでセルフプロデュースを貫いていきましょう。


8.セルフプロデュースに無理は禁物

セルフプロデュースのために無理をし、ハードルの高い女性を演出するのは禁物です。

ハードルを上げすぎると自分がしんどい思いをするだけでなく周りからも完璧すぎる印象を与えます。

セルフプロデュースは、成長過程を見せることが最も効果的なのであって完成された状態は魅力的とは言えないからです。

以上が、女性がセルフプロデュースするコツです。

まず、自分が自分を好きになれるようなプロデュースをしましょう。

じっくり理想の自分を研究し、目指していきましょう。

しかし、かけ離れすぎるのは良くありません。

自分が自分のままで素晴らしい女性であり続けるためにセルフプロデュースをいかし理想の自分になれるように頑張りましょう。