女性の加湿器の選び方。目的と予算に合わせて最適な加湿器を選ぼう

最終更新日:2015年5月21日

エアコンを毎日のように使うシーズンになると、気になるのが空気の乾燥です。
そのため、部屋に加湿器を取り付けるという女性も多くなってきました。

加湿器も種類が増え、部屋の乾燥を防いでくれるだけではなく、美肌効果や殺菌効果など、女性に嬉しい機能が付いた加湿器もたくさん出てきています。

そこで、女性が加湿器を選ぶ際、どのような点を重視すると良いのか、考えてみたいと思います。

1.多くの機能が欲しい場合は、ナノイー発生型加湿器を選ぶ

部屋の加湿だけでなく、美肌効果も期待できる加湿器が、最近は人気です。
この加湿器は「ナノイー発生型加湿器」と分類されます。

空気中に含まれている水分から生まれた微粒子成分を、ナノイーと呼びます。
このナノイーには、非常に豊富な水分が含まれています。

その量は、マイナスイオンの約1000倍であるとも言われています。
このナノイーを部屋に充満させることで肌全体を優しく保湿するため、高い美肌効果が期待できます。

ナノイーは、皮脂に馴染みやすいと言われており、しかも肌に優しい弱酸性です。
肌に負担をかけないようにしながら、肌を乾燥から守ってくれるのがナノイー発生型加湿器です。

更にナノイーには、空気中のカビや雑菌を抑制する力もあるため、ナノイー発生型加湿器を使うことで、室内の衛生状態も整えてくれます。


2.リラックス効果が欲しい場合は、アロマ機能の付いた加湿器を選ぶ

疲れて帰ってきた時や休みの日などは、自宅の部屋の中を、リラックスできる環境に整えたいものです。
そんな場合、アロマ機能の付いた加湿器を使うと、リラックス効果が期待できます。

アロマ機能が付いた加湿器は、最近女性に非常に人気が高い加湿器の1つです。

加湿器の中にエッセンシャルオイルを入れ、超音波の技術でそれをミスト状にして、部屋に充満させます。

アロマの香りが部屋に広がると、それだけでリラクゼーション効果があります。

エッセンシャルオイルには、肌の修復効果や保湿効果もあるため、美肌効果もあります。

アロマ機能の付いた加湿器は、サイズの大きなものから小さなものまであります。
サイズの小さいものは、机の上に置いても邪魔にならない大きさなので、特にオススメの加湿器です。

3.空気清浄効果を期待する場合は、気化式の加湿器を選ぶ

今は花粉やハウスダストなどのアレルギーを持つ人が多く、加湿器を選ぶ際、「加湿だけでなく、空気清浄効果も欲しい」と思っている女性も多いのではないでしょうか。
そこでオススメなのが、気化式の加湿器です。

気化式の加湿器には空気清浄効果が付いており、部屋の加湿と同時に、花粉やハウスダストなどをフィルターに取り込んでシャットアウトしてくれます。
部屋の衛星を第一に考えている人には、気化式の加湿器がオススメです。

内部にフィルターがあるため、フィルター交換など、定期的な手入れをする必要がありますが、衛生的であり、消費電力も少ないため、非常に人気の高い加湿器です。


4.衛生面を徹底したい場合は、スチーム式の加湿器を選ぶ

「小さい子どもが家にいる」「妊娠中である」などといったような理由から、部屋を徹底して清潔に保ちながら加湿したいという人も多いでしょう。
そのような場合は、スチーム式の加湿器を選ぶことをオススメします。

スチーム式の加湿器は、加湿器内に水を入れ、それを沸かしてスチーム状態にしたものを部屋に充満させるといった形のものです。
「お湯を沸騰させて、その蒸気で加湿している」といったイメージです。

スチーム式の加湿器は熱を使うため、室内のあらゆる雑菌を抑制してくれます。

加熱機能を使うことから、どうしても消費電力は大きくなってしまいますが、徹底した衛生状態を保ちながら加湿できます。

5.「初めて加湿器を買うので、何を選んだら良いかわからない」という場合は、手軽な超音波式加湿器を選ぶ

「初めてか加湿器を買うので、いきなり高価なものを買うのには抵抗がある」という人もいるかもしれません。
そんな時は、リーズナブルで、比較的手軽な超音波式加湿器を選ぶと良いでしょう。

超音波式加湿器は、加湿器内に水を入れ、それを霧状にして部屋に散布するタイプの加湿器です、本体価格や電気代も安値で済むため、初めて加湿器を買う人には敷居が低いと言えます。

但し、水を加熱消毒しないまま部屋に散布するため、清潔な水を使わないと、雑菌が部屋に充満してしまう危険があります。
そのため定期的に本体の手入れをし、清潔な水を使う必要があります。

目的と予算に合わせて加湿器を選ぼう

加湿器にも色々なタイプがあります。
なので、目的と予算に合わせた選び方をすると良いでしょう。

最近は女性向けのものも多いため、デザインがカワイイ加湿器なども出始めました。

しかし、デザインだけで選んでしまうと、肝心な効果が期待できなかったりすることもあるため、機能性のチェックや手入れ方法の確認だけはきちんと行いたいものです。