専業主婦が美容院へ行く適切な頻度。ママ友との関係性から考える

ママ友 友達との付き合い方 自分磨き最終更新日:2014年10月27日

生活感が感じられてしまう部分、その1つがヘアスタイルです。

専業主婦だからといって生活感を与えてしまうことは避けたいものです。

かと言って頻繁に美容院に通っている印象があると「いいわねー、お金があって」などど影で嫌味を言われてしまうのも現実です。

清潔感も嫌味もない、自然で美しいヘアスタイルを維持する方法をご紹介します。

1.カラーリングをしている人は2ヶ月半に1度

前回美容院に言ってから、大きく変化が出てくるのは大体2ヶ月位経ってからになります。

カラーリングしている人は髪の生え際が黒くなってくるし、毛先はパサパサします。

ヘアスタイルによってはまとまりがなくなります。こうなると「生活感」が出てしまい、女性らしさが損なわれます。

カラーリングをしている人は最低でも2ヶ月半を目安に美容院へ行くようにしましょう。

美容院では傷んだ毛先を1センチほどカットしてもらい、カラーリングは全体を染めるのではなく、根元を中心にリタッチしてもらいます。ヘアスタイルにはほとんど変化がなく、パサつきとまとまりが解消できるはずです。

2.いつも髪を束ねているような人は最低半年に1回は行く

専業主婦に多い髪型の1つが「いつもロングヘアをゴムで束ねている」スタイルです。

髪を伸ばしてしまってゴムで結えば、毎朝楽ですし美容院に行く必要もありません。

でも考えてみて下さい、そのヘアスタイルはとても「生活感」があります。

どんな服装でもいつも同じ髪型をしていては変化がありません。

しばらく美容院に行っていないので、束ねた髪の毛先はパサついていませんか?傷んだ髪が後れ毛になって老けて見えていませんか?それでもいいから今のヘアスタイルでいいという方、最低でも毛先のカットを半年に1度は行いましょう。

いつも束ねていると束ねている部分が痛みます。

毛先をカットしないと髪全体に栄養が行き届きにくくなり、髪が傷んだりコシがなくなったりします。

それを防ぐために3日に1度は髪を下ろしましょう。雰囲気が変わるのでいつも会う友人から「そのほうが素敵」なんて言われるはずです。

3.毎月美容院へ行くのはひんしゅくを買うことも

専業主婦というのは家計を管理しやりくりしながら生活をしている人がほとんどです。

もちろん、我が家は家計に余裕があるから大丈夫というご家庭もありますが、周囲の専業主婦の皆さんと「協調性」を保っていくには、多少考えないといけない部分があります。

美容院で髪をカットする金額と同じ金額を節約するために毎月やりくりしている人から見ると、
月に1回美容院に言っている専業主婦のことをよく思えないのです。

妬みとしか言えませんが、女性とはそういう生き物です。自分の持っていないものを持っている人を心の中でよく思わないのです。

周囲の専業主婦の皆さんと上手に付き合って関係を維持していきたいのであれば、大胆に髪型を変えるのは年に1回くらいにしておきましょう。

月に1度美容院に行くのは構いません。あなたにお金があるのは事実です。

そこまで我慢して付き合いたくないという人は自分のペースで美容院に通いましょう。

髪型にも周囲の関係に気を配る

女性は見た目で相手を判断する為、どうしてもそこに色々な問題が生じます。綺麗で性格がよくて誰にでも好かれる人でも必ず誰かに妬まれてしまうものです。

逆に毎日家族のために頑張っているから生活感が出てしまうのに、あの人老けてるよねーなんて言われてしまいます。
上手に生きていきたいのであれば、適度に自分を保って賢く乗り切る技を身につける必要があります。

 

    「専業主婦が美容院へ行く適切な頻度。ママ友との関係性から考える」への感想コメント一覧

  1. 1. リコリス2018/06/10(日) 01:18

    私自身、専業主婦をしていますが、記事にも書かれていたように長い髪を一つくくりにしている事が多く、美容院に行く頻度も半年に一度くらいです。長い髪の一つくくりは生活感が出る髪型ということなので、たまには下ろしたり美容院にもう少しこまめに行くようにしようと思いました。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/06/10(日) 01:23

    美容院へ通う頻度とママ友との関係性について考えてた事がなかったので、斬新なトピックだと思いました。確かに美容院代って高いのに、毎月行く余裕があるなんていいわね、と妬まれそうですね(笑)

この記事への感想を書く