社会人2年目のプレッシャーへ立ち向かう方法

最終更新日:2017年6月19日

社会人2年目は、1年目とは違い社内から色々と期待される事が多くなります。

それがプレッシャーになるという人は多いです。

ここでは、社会人2年目のプレッシャーへの対処法についてご紹介します。

1.期待されるという事はいい事だと思う

社会人2年目で、プレッシャーがかかるのは実はとてもいい事です。

何故なら、それほど会社から期待されているからです。

会社は、1年目のあなたを見て「見込みがある」と思っているので、あなたにプレッシャーをかけるのです。

全く期待していないなら、会社はあなたにプレッシャーをかける事はありません。

期待される事はとてもいい事です。

まずはそう思う事でむしろプレッシャーを楽しめるようになり、仕事へのやる気がアップします。

2.人一倍仕事に努力して自信をつける

社会人2年目は、1年目とは違い、仕事にも慣れ余裕が出てくる頃です。

だからこそ、ここで差が付いてきます。

慣れてきたからと手を抜く様になってしまうと、あっという間に同僚に追い抜かれてしまいます。

最悪、努力している1年目の後輩に追い抜かれてしまう事も考えられます。

また、プレッシャーがかかるほど期待されていても手を抜く様ではすぐに期待されなくなってしまいます。

ですので、社会人1年目で得た経験を活かして人一倍仕事に対して真摯に向き合い、努力をするようにしましょう。

社会人生活に慣れた2年目だからこそできる事はたくさんあります。

ここで人一倍努力をする事であなたはますます社内で「この会社に欠かせない」と思ってもらえる人になれます。

また、努力をして実力を付ける事で自信が出てきます。

自信がある人は、魅力的です。

魅力的でしかも仕事に熱心な人には上司もどんどん仕事を任せたくなります。

努力をして自信がある今のあなたには、プレッシャーをむしろ楽しみ仕事をこなせるだけの実力が付いているでしょう。

3.成果を出すまで頑張ると強く心に決める

社会人2年目になると、1年目とは違い成果を出す事が求められます。

これは、とてもプレッシャーになる事です。

ですが、一度成果を出す事で大きな自信に繋がります。

ですので、成果を出すまで頑張る事を強く心がけるようにしましょう。

ここが一番の頑張り時です。

もちろん、頑張るとは言っても無理をしない程度です。

成果を出すためにまずは健康的な生活を心がける事から始めましょう。

いくら頑張っても心と身体を壊してしまっては意味がありません。

そして、健康的な生活をする事でストレスやプレッシャーに打ち勝つ事ができるようになります。

社会人2年目となると、ある程度余裕が出てくる事です。

その余裕が出た部分を健康的な生活を意識する事に充てましょう。

健康的な生活をおくる事に慣れたら、成果を出す事を意識するようにしましょう。

一度成果を出す事はとても大変な事です。

とはいえ、まだまだ社会人2年目なのですから、分からない事があれば素直に上司に聞けばいいですし、成果を出した同僚がいるならコツを聞いてみましょう。

そうして自分なりの仕事のやり方が身についた頃、必ず成果を出せるようになります。

今は、仕事にハウツー本が充実していますし、インターネットにも色々な仕事の方法が書いてあります。

その全てを吸収し、自分の糧にして成果を出せるまで努力をする事を心がけるようにしましょう。

4.どうしても社内でプレッシャーを強く感じてしまう時は

2年目で大きな仕事を任されたり、後輩の指導を任されてプレッシャーを感じてしまう時は、社内でできるリラックス方法を試してみましょう。

まず一番最初にオススメするのは深呼吸をする事です。

これならとても簡単です。

そして時間もかかりません。

さらに効果は絶大です。

焦ったり、プレッシャーを感じたら深呼吸をする癖をつけるようにしましょう。

自分のデスクがあるなら、目を閉じてちょっとリラックスした状態を心がける事でより効果が出やすくなります。

ちょっとしたストレッチをするのも効果的です。

身体を動かす事で心も同時に楽になり、プレッシャーから解放されます。

また、水筒等に自分の好きな香りのハーブティーを入れて持っていき、ここぞという時に飲むのも効果的です。

今は、社内で使えるリラックスグッズも充実しています。

社会人2年目の今のうちに社内でリラックスできる方法を身に付けておく事はこれからの社会人生活にきっと役に立つでしょう。

社会人2年目のプレッシャーに立ち向かおう

社会人2年目のプレッシャーへの対処法についてご紹介しました。

社会人2年目は、1年目とは違ったプレッシャーが襲ってきます。

ですが、会社からプレッシャーをかけられているという事は、それだけあなたの1年目の様子を見て期待されているという事です。

ですので、この状況を苦しむよりまずは喜びましょう。

そして、2年目で自分なりのプレッシャー対処法を見つける事でこれからの社会人生活がグッと楽になります。