職場の女性達とランチする時に余計な噂が広まらない様にしたい!女子会ランチで気をつけたいNG行為3つ

仕事/ビジネス最終更新日:2019年1月7日
女性同士のらんち

働いていると職場の女同士でランチをすること有りますよね。

休憩時間なので開放的になる気持ちも分かります。

しかし会話の中の発言次第では誤った捉え方をされて、
評判を落としてしまうなんてことが簡単に起こりえます。

女性は噂が好きな生き物です。

親身になって聞いてくれているようで、
新しいネタを仕入れようと根掘り葉掘り聞いてくる人だって沢山います。

そうなったら会社にも居づらくなってしまいますよね。

会話の時の注意点を心得てストレスを溜めずに、楽しいランチタイムにするために気をつけておきたいことについてご紹介します。

1.職場の女子会ランチでのNG行為1:誰かの悪口を言う

職場の女性達とランチをする時には絶対に誰かの悪口は言わない様にしましょう。

たった一言悪口を言っただけであなた発信の悪口になってしまいます。

それが口コミで広まれば、たちまちあなたが悪者になんてこともあります。

もちろん仕事をしていれば嫌なことイライラすることがたくさん有ります。
それに目の前に同じ環境の人が居たら心強いし愚痴りたくなりますよね。

会話の悪口で意気投合するのは、会社の人だけなのも分かりますが、
結局はその会社で働かなければならないのです。

気持ち良く働きたいのであれば、そこをグッと我慢をしてメリハリをつけて
そのストレスを会社帰りに友達と飲みに行くなりジムで汗を流すなりした方が精神的に健康的です。

2.職場の女子会ランチでのNG行為2:相手に合わせるような適当な相づちをする

会話の中には良い話、悪い話色々出てきますよね。

その受け答えに思ってもいないのにそうだよねと同意の受け答えをするのはやめましょう。

あなたが心の底からその通りだ!と思えば使っても良いですがどうでもいい事って有りますよね。

例えば噂が好きな方がベラベラと誰かの事を言って来て、
あり得なくない?と言ってきたとします。

そうゆうときに「あぁ確かに」や「そうだね」と言う受け答えをしてしまったら、
あなたはその噂話に同調したことになります。

そんな話興味も無ければどうでもいい話なので有れば、
興味無さそうにこう言って回避しましょう。

「へぇー、そうなんだ。知らなかった」といった感じで流してしまいます。

そうすることでそれ以上話が広がらなくなります。
しかし興味有るように言ってしまうと、
待ってましたとばかりにマシンガントークされてしまうので注意が必要です。

少し感じが悪いかもしれませんが、
後々の事を考えれば、最初のうちに回避をしておくことで
評判が悪くなるのを防げるのです。

関わりたくないと思ったら、知らないふり、興味がないふりで乗り切りましょう。

3.職場の女子会ランチでのNG行為3:知ったかぶりで話す

話を合わせてしまうことがよく有りますが、
知らないこと分からない事も出てきます。

そんなときは意地を張らずに素直に教えてもらいましょう。

知ったかぶりをして会話が進むと最終的についていけなくなります。

しかし、あまりに知らないことが多い場合には
自分で調べるなりして会話についていけるように努力をしましょう。

職場の女子とランチをして変な噂が流れない様に気をつけよう

女性はおしゃべりが好きなので巻き込まれてしまうことがよく起きます。

趣味のことや恋愛話、テレビの話など話題は尽きません。
しかし暗い嫌な話ばかりでも無いので
楽しい話をするときは大いに楽しんでランチタイムを過ごし、嫌な話の時は少し注意をして会話をしてみてください。
あまり考えすぎると、壁を作っているように思われてしまいますから心に留めておく程度に考えましょう。

 

    「職場の女性達とランチする時に余計な噂が広まらない様にしたい!女子会ランチで気をつけたいNG行為3つ」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。