社会人カップルが長続きするデート頻度とは。休日別や遠距離/職場恋愛などの状況ごとの最適デート頻度5パターン

デート最終更新日:2019年6月13日

社会人カップルが長続きするためには、どれぐらいの頻度でデートをしたらいいのでしょうか。

社会人カップルはお互いに忙しいので、どうしてもすれ違いになりがちです。

そのため短期で別れてしまうことも珍しくありません。

そんなことが起こらないよう、ここではカップルの置かれた状況に応じ4つのケースに分けて、目安になるデートの頻度についてご紹介します。

1.休日が同じ場合は毎週末にデートをする

社会人同士のカップルの場合、休日が同じかどうかでデートの頻度は当然違ってきます。

休日が同じであればデートの頻度も増えますが、休日が違う場合はなかなかデートの日程を合わせるのが難しくてデートの頻度が少なくなります。

そこでまずは休日が同じケースについて見ていきましょう。

こうした社会人カップルは「毎週末」というペースが基本です。

一般的には付き合い始めて間もない頃は頻度が高く、時間が経つにしたがって、次第に間隔が開くようになるのが普通でしょう。

ですから「付き合い始めのうちは毎週末に会って、お泊りデート。関係が安定したら、月に3~4回程度」を目安にするといいでしょう。

お互いの仕事の忙しさに応じて、しばらく間をあけるということも付き合いが長くなったら考えるべきです。

その方がお互いに無理なくより長く付き合うことが可能になります。

お互いが負担に感じることなく良好な付き合いができるようにして、仕事も恋も上手くいくようにしていきましょう。

無理して会いすぎると、お互いが負担に感じるようになり、長く付き合うことが難しくなります。

お互いが無理なく、それぞれ趣味なども楽しんでいけるようにして、長く付き合っていけるカップルを目指しましょう。

2.社内恋愛の場合は、週末に限定せず1週間か10日に1回のデート

社内恋愛の場合は、当然休日は同じですし同じ職場にいるわけですからデートの頻度は当然高くなるでしょう。

最初のうちはそれでかまいません。

しかし、ずっと頻繁に会いすぎているとどうしてもマンネリになり関係が長続きしなくなります。

毎日職場で会って、休日もずっと一緒だとお互いに疲れてしまいます。

どんなに素敵な人でも、ずっと一緒にいると疲れてしまうものです。

そこでオススメしたいのが、1週間か10日に1度ぐらいのペースでのデートです。

社内恋愛の場合会おうと思えば毎日でも会えますが、あえて少しインターバルをおくのがポイントです。

また、毎週末と決めてしまわずにお互いの仕事の状況に応じて、臨機応変に会う曜日を変えるといいでしょう。

1週間か10日に1度ぐらいのペースでデートをしていけば、マンネリ化を防ぐことができますしデートで会うのが楽しいと感じられるでしょう。

ポイントは、マンネリ化してダラダラした付き合いにならないようにすることです。

デートは、仕事で会うときとイメージを変えて、新鮮さをプラスしていくようにしましょう。

仕事で会うあなたとイメージが違うあなたに彼はドキドキして新鮮な気持ちになりますし、プライベートで会うあなたを見て、惹かれていくでしょう。

3.休日が違う場合は「最低でも月に2回はデートする」と決める

二人の休日が違うケースでは、なかなか思うようにデートできないということが起こります。

お互いに仕事を持っている以上それはやむを得ないことですし、なかなか会えないという状況が愛を深めるということもあるでしょう。

しかし、あまりにインターバルが長くなりすぎるのも危険です。

そこでオススメしたいのは「最低でも月に2回」というペースです。

休日が違っても、お互いできるだけ相手に合わせるようにすれば、月に2回ぐらいはデートできるはず。

困難はあるかもしれませんが、そのための努力が関係を強固なものにしていきます。

交代勤務などの仕事の場合は前もって彼と打ち合わせしてデートの日を決めて、早めに休みの希望を出すようにしましょう。

お互いが休みを合わせるように努力していけば、休日が合わない場合でも関係を続けていくことができます。

休日が合わないと長く付き合っていくのが難しいですが、お互いが相手に合わせて努力していくことで長く付き合っていくこともできます。

月に2回はデートができるように、なんとか休みを調整するようにしていきましょう。

お互いに休みを調整することで、デートが貴重になりより相手を大切にしようという気持ちが芽生えていくはずです。

4.遠距離恋愛の場合は「月に1回のデート」のために努力する

最後のケースは遠距離恋愛です。

どの程度の距離が離れているのかによっても、もちろん頻度は違ってきます。

しかし国内での遠距離恋愛ならば「月に1回のデート」を目標に、二人で努力することをオススメします。

二人で工夫し会うための努力をすることが、関係を長続きさせる秘訣です。

遠距離恋愛でも月に1回のデートをしていくことができれば、愛を育てていくことができます。

普段離れている分デートのときは、本当に新鮮で楽しいものになるでしょう。

例外は、どちらかが海外赴任の場合の遠距離恋愛。

このケースでは、夏休みや年末年始の休暇など「年に2回」を目標にするといいでしょう。

年に2回だと少なく感じてしまいますが、海外赴任が終わるまでの辛抱です。

離れている時間を利用して自分磨きをしたり、仕事を頑張ったりしながら、彼と良い関係を保っていくようにしましょう。

6.デートが少なくなってしまう場合は、LINEでメッセージをやりとりしつながる

デートが少なくなってしまう場合は、LINEでメッセージのやり取りをするようにしましょう。

デートがなかなかできない場合でも、やっぱりコミュニケーションは大切です。

LINEなら暇なときや仕事の合間などに簡単に送れますし、メッセージのやり取りは本当に楽しいものです。

いつでも、どこでもコミュニケーションが取れるのは素晴らしいですよね。

どんどんLINEを活用しましょう。

デートの回数が少ないと、気持ちも不安になりやすくなります。

そんなときは彼に自分が今何をしているのかを伝えてみたり、彼に何をしているのか聞いてみるのもオススメです。

あなたからのLINEがくると、仕事が忙しくても頑張ろうという気持ちになります。

あなたも彼からのLINEのメッセージを見て、次に会えるまで何とか寂しくても頑張っていこうという気持ちになれます。

なかなか休みが合わなくて会えない状態が続くなら、LINEでコミュニケーションを頻繁にとるようにして、寂しい気持ちを乗り越えるようにしていきましょう。

仕事で疲れたときに「おつかれさま」などとメッセージが届くと彼も癒やされて、あなたのことをより好きになってくれるでしょう。

デートが少なくてもLINEを使えばコミュニケーションを取ることができます。

少ししたメッセージでも恋人からのメッセージは、本当に嬉しいものです。

なかなか会えない場合は、LINEを利用して愛を深めていきましょう。

社会人はバランスの良い頻度でデートをしよう

あまり頻繁にデートしすぎるのは関係をマンネリ化させるもとですが、あまりにインターバルが開きすぎるのも危険です。

自然な頻度のデートを工夫することをオススメします。

ほどよい間隔を保ちながらデートすることで、彼との関係がマンネリ化せずに済みますし楽しくデートすることができます。

バランスの良い頻度を考慮しながらお互いが無理なく付き合っていけるデートの頻度を探っていくようにしましょう。

 

    「社会人カップルが長続きするデート頻度とは。休日別や遠距離/職場恋愛などの状況ごとの最適デート頻度5パターン」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く