社会人カップルが長続きするデートの頻度4パターン

恋愛 デート最終更新日:2016年2月23日

社会人カップルが長続きするためには、どれぐらいの頻度でデートをしたらいいのか。
ここではカップルの置かれた状況に応じ、4つのケースに分けて、目安になるデートの頻度について説明していきましょう。

1.休日が同じ場合は、毎週末

社会人どうしのカップルの場合、休日が同じかどうかでデートの頻度は当然違ってきます。

まず、休日が同じというケースですが、「毎週末」というペースが基本です。
ただし、これはほかのケースでも同様ですが、付き合い始めて間もないころは頻度が高く、時間が経つにしたがって、次第に間隔が開くようになるのが普通でしょう。

ですから「付き合い始めのうちは毎週末に会って、お泊りデート。関係が安定したら、月に3~4回程度」を目安にするといいでしょう。

お互いの仕事の忙しさに応じて、しばらく間をあけるということも、付き合いが長くなったら考えるべきです。そのほうが、お互いに無理なく、より長く付き合うことが可能になります。

2.社内恋愛の場合は、週末に限定せず、1週間か10日に1回

社内恋愛の場合は、当然休日は同じですし、つねに同じ職場にいるわけですからデートの頻度は当然高くなるでしょう。

最初のうちはそれでかまいません。しかし、ずっと頻繁に会いすぎていると、どうしてもマンネリになり、関係が長続きしなくなります。

そこでおすすめしたいのが、1週間か10日に1度ぐらいのペースです。

社内恋愛の場合、会おうと思えば毎日でも会えますが、あえて少しインターバルをおくのがポイント。また、毎週末と決めてしまわずに、お互いの仕事の状況に応じて、臨機応変に会う曜日を変えるといいでしょう。

3.休日が違う場合は、「最低でも月に2回」と決める

二人の休日が違うケースでは、なかなか思うようにデートできないということが起こります。

お互いに仕事を持っている以上、それはやむを得ないことですし、なかなか会えないという状況が愛を深めるということもあるでしょう。

しかし、あまりにインターバルが長くなりすぎるのも危険です。そこでおすすめしたいのは「最低でも月に2回」というペースです。

休日がちがっても、お互い、できるだけ相手に合わせるようにすれば、月に2回ぐらいは、それほど無理なくデートできるはず。

そのための努力が、関係を強固なものにするにちがいありません。

4.遠距離恋愛の場合は、「月に1回」のために努力する

最後のケースは遠距離恋愛です。

どの程度の距離、離れているのかによっても、もちろん頻度は違ってきます。しかし、国内での遠距離恋愛ならば「月に1回のデート」を目標に、二人で努力することをおすすめします。

前項同様、二人で工夫し、会うための努力をすることが、関係を長続きさせる秘訣です。
例外は、どちらかが海外赴任の場合の遠距離恋愛。このケースでは、夏休みや年末年始の休暇など「年に2回」を目標にするといいでしょう。

バランスの良い頻度でデートをしよう

先ほども触れたとおり、あまり頻繁にデートしすぎるのは、関係をマンネリ化させるもとですが、あまりにインターバルが開きすぎるのも危険です。上記を参考に、自然な頻度のデートを工夫することをおすすめします。

 

    「社会人カップルが長続きするデートの頻度4パターン」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く