社会人同士カップルのデート最適な頻度とは?休日の都合や遠距離恋愛など状況別5パターン

恋愛 デート最終更新日:2019年8月5日

社会人同士のカップルは忙しいこともあり、会う時間を作るのが難しいことがあります。

会う頻度が少ないとどちらかが不安を抱くかもしれません。

かと言ってお互いに無理に時間を作るのも大変ですよね。

それでは社会人同士のカップルにとって適切なデートの頻度とはどのくらいなのでしょうか。

休みが週末など一緒の場合は月に2、3回のデートが最適

平日は仕事が忙しくてデートできたとしてもご飯食べるだけなど短時間になってしまいます。

ゆっくりとデートしたいとなると、休みが週末など一緒なのであれば一か月に4回デートのチャンスはあります。

デートは月に2~3回程が最適です。

もし距離的に可能だとしても平日に仕事の後に会うのは大変です。

お互いに仕事が終わる時間が違えば、そもそも時間をあわせるのが難しくなります。

残業がある場合もありますし、何時に会えるかも仕事のある日は確実ではないはずです。

平日は家でゆっくり体を休めたり、習い事をしたり、会社の同僚との時間にしましょう。

そうして週末の休みも毎回必ずデートでは息が詰まってしまいます。

やはりひとりで思いっきりゆっくり過ごす週末も社会人には必要です。

自分の趣味のこともしたいですし、友達とも遊びたいですよね。

平日になかなか時間が作れない社会人だからこそ、週末にやりたいことというのはかなり溜まっているはずです。

月に1、2回はデートしない週末も設けてみましょう。

あまり間隔が空くのが嫌という場合は、平日デートもからめると、あまり会っていないという感覚にはなりにくいです。

自分一人の時間も大切にすることで、彼との時間もより大切にすることができます。

休みが合わない社会人カップルの場合は月1、2回程度

どちらかが土日休み、どちらかが平日休みとなると会う時間を作るのは難しくなります。

この場合はどちらかが月に1回程度有給を取って、そこで相手に合せてデートの機会を作りましょう。

女性ばっかり、男性ばっかりと片方だけが有休をとるとどうしても不満も出てしまします。

有給が取りづらい時期とかは考慮しつつ、なるべく交互に有休をとってあわせるようにしましょう。

また仕事が遅くまで拘束されるというわけでなければ、どちらかの仕事が終わった後に食事のみのデートでもよいでしょう。

また、どちらかが一人暮らしをしているのであれば、平日はお家デートにすると時間にも少し余裕ができるので気軽に会えます。

あとはまめにメールや電話をするなどして、お互いの気持ちを確かめ合いましょう。

この場合の適切なデートの頻度は月に1、2回程と言えます。

有休を頻繁に取ってしまうと、何かあったときに有休がなくなってしまったなんてことにもなりかねないので、頻度は大切です。

意外に休みの合わないカップルは多いものです。

会える回数が少なくてもお互いに無理をしない方が長続きしますし、その結果もっと一緒に過ごしたいからと結婚まで至るケースもあります。

この場合でも長期の休みなどはお互いに折り合いをつけて旅行などにいくととても絆の深まるきっかけにもなります。

どちらかの仕事が忙しすぎる社会人カップルの場合も月1回程度のデートがオススメ

どちらかの仕事が忙しくて、まったく予定がわからなくてデートの予定がなかなかたてられないということもよくあります。

これは忙しくない方が、忙しい方の休みに合わせてあげる必要がありますね。

でもこの場合は忙しくない方が忙しい方に、不満を募らせがちになってしまいます。

また、忙しい方は普段は仕事に追われていて忙しいので、疲れがたまっていたり、たまの休みはゆっくりしたいと言う思いを抱いているので、デートにはあまり力を入れられないかもしれません。

片方だけの会いたい気持ちが強くならないように、忙しくない方は習い事をしたり、友人との会合を増やして自分の時間を持つようにしましょう。

どうしても忙しくない方はもう片方の予定にすぐにあわせれるようにと、自分のことを犠牲にしがちです。

でも、そうされることで、忙しい方は重く感じたりプレッシャーを感じてしまうことがあります。

会えなくても平気、自分の好きなことをしているから楽しいということが伝わると、相手も変にプレシャーを感じることがありません。

その方がバランスが取れてうまくいくはずです。

この場合のデートの頻度は月に1回あればいい方かもしれません。

その代り忙しくない時は毎週でも毎日でも会えるだけ会うという、メリハリのあるデートの仕方がよいでしょう。

遠距離社会人カップルの場合は2、3カ月に一回のデート

どちらかかが転勤で移動になってしまい、やむなく遠距離恋愛になるケースもよくあります。

会おうと思えばいつでもすぐ会える状況ではないため、気軽にデートもできません。

新幹線や飛行機の距離であれば、移動時間だけでなくお金もかかってしまうので、月1ペースでもかなり厳しいでしょう。

日帰りできない場合は泊りになるので、週末だったりまとめて休みが取れる日でないと難しいです。

そうなると2、3ヶ月に1回という頻度のデートになってしまいます。

そのかわり、会えるとなったら2、3日は確保して、ずっと一緒にいることができます。

会えない代わりに、連絡はこまめに取ってお互いに気持ちを確認しておきましょう。

移動の負担が多いので、男性と女性が交互にいき来するカップルも多いですね。

また、ちょっと長めの休みをお互いにとって、旅行にいくカップルも多いです。

普段は会えないからこそ、ちょっと特別なデートを設定して楽しんでいます。

現地集合にして、旅先で落ち合うなんてちょっとロマンチックですよね。

どうしても毎日会いたい社会人カップルは同棲もあり

休みの日がずれていて休みが全然異なる場合、休みをあわせるということがそもそも難しくなってしまいます。

そういうカップルは、たまに有休を使ったり、仕事終わりの時間をあわせて夜にデートをすることが多いですが、なかなかゆっくりデートもできないからもっと一緒にいたいと思うのも当然のことです。

お互いに一人暮らしをしていたり、結婚をお互いに意識しているのであれば、予行演習もかねて一緒に住むというのも一つの手です。

そうすれば無理して時間をあわせなくても、家に帰れば会えるわけですから、あまり無理がありません。

ただ、同棲となると結婚と同様に家事の分担だったり、お金の問題はどうしても避けられません。

また、一緒にいる時間が長くなるほど、相手の嫌な部分や見たくない部分というのも見えてくる可能性があります。

同棲する前に、しっかりと話し合ってお互いに納得が出来てから一緒に住む準備をしていきましょう。

また、同棲を始めると、外にデートにいくという頻度が極端に減ってきます。

基本は家でゆっくりでもいいですが、少なくとも月に1、2回は外にデートにいく日を決めておくと、マンネリ化しにくいです。

四六時中彼と一緒にいると息が詰まることもあるので、自分の一人の時間も仕事以外で確保しておくと、同棲も長続きしやすいです。

お互いの環境からデートの頻度を決めよう

それぞれの休みなどの形態によりその適切なデートの頻度は異なります。

大切なのはお互いに無理をせずに会うことです。

体調を崩してまでデートするのでは意味がありません。

デートとは本来楽しいものです。

またどちらか一方だけが寂しさを感じるような時は、連絡をまめにとったり、新しい趣味を見つけたり工夫する必要があります。

 

    「社会人同士カップルのデート最適な頻度とは?休日の都合や遠距離恋愛など状況別5パターン」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く