社会人になってからモテる女性の特徴

最終更新日:2016年9月9日

学生の頃はパッとしなかったのに、社会人になると急に、あるいはじわじわとモテだす女性がいますよね。

そんな女性は、一体どんな要素を持っているのでしょうか。

ここで、社会人になってからモテだす女性の特徴についてご紹介します。

1.見た目よりも人間性が優れているため社会人になってからモテだした

学生の頃は、見た目がカワイイとか派手だというタイプの女の子の方がモテてしまうものですが、社会人になると環境が変わり、見た目だけ整えても、内面が空っぽな人はそれほどモテなくなりますよね。

逆に、見た目が地味でも人に好かれる性格をしていたり、細かいことによく気が付く女性は、学生の頃はあまりモテなくても、社会に出るとモテるようになります。

なぜなら、社会に出れば見た目よりも実力や人柄を評価されるようになるからです。

また、社会に出てからの恋愛は、結婚を意識する人が少なくありません。

そのせいで、人間性が優れていて一生一緒にいたいと思える女性に人気が集まるようになります。

逆に考えると、社会人になってからモテるためには、見た目を磨くよりも人間性を磨いた方が有利だと考えられますね。


2.元々大人びた性格をしている

学生の頃は、ノリで盛り上がれるような女の子の方が人気者になれるため、見た目が同じでも落ち着いた性格の子はあまりモテない傾向があります。

そんな子は、合コンなどでもあまり目立たずに終わることが多いですよね。

それが社会に出ると、落ち着いていて大人びた女性は、急にモテるようになります。

しかもこの場合、同世代よりも年上の男性にモテることが多いようですね。

なぜなら、若いうちから落ち着いた性格の女性は、年上との交際でも相手を疲れさせることが無いうえ、何より「若い」という年上男性にとっては大きなメリットが付いてくるため。

学生のうちは「老けた性格」と言われているような女性こそ、長い社会人生活でモテモテになれる要素を持っているのです。

3.周囲のモテ女子の影響を受けるようになった

社会人になって環境が変わると、友人関係も必然的に変わってきます。

その変化の中で周囲から刺激を受け、モテ要素をたくさん身に着けるようになる女性も少なくありません。

例えば、学生の頃はオタク系の友達とばかり付き合い、ファッションに疎かったりノーメイクだった女性が、社会人になると急に花が開いたように華やかになったりします。

これは、モテる女性と仕事を通して仲良くなり、自分を磨く術を身に着けたケースがほとんどです。

色々な人との付き合いがある社会だからこそ、自分の隠れた魅力を引き出すきっかけも掴みやすいということですね。


4.学生時代、極端に男性が少ない環境にいた

通っていた学校が女子高だったり、共学にもかからわず女性が圧倒的に多い学部だった場合、男性との出会いはどうしても少なくなりますよね。

そのせいで、モテるには十分な素質があるのに男性の目に触れずに寂しい学生時代を過ごしてきたという人もいます。

しかし、そんな女性は、男性と交流する機会が少なかったために「スレてない」という魅力も同時に培っているのです。

そのようなスレてない女性が、いきなり男性がたくさんいる職場に通うようになったらどうなるでしょうか。

とてもかわいくて見るからにモテそうなのに、男性に全く慣れていないのですから、それは人気が集中するのも仕方のないことです。

このように、モテ要素満点なのに運悪く男性との出会いが無かったというタイプの女性は、社会人になってから大きなモテ期が到来するようです。

5.スクールカーストから解放された

中学にも高校にも、そして大学などにも、あるところにはある「スクールカースト」という厄介な枠組み。

いじめられているわけではなくても、どうしても下位の女子は上位の女子の目を気にして「空気を読んで」地味に振る舞わなければいけない気がするものです。

これに縛られて、学生の間はずっと目立たないように息を潜めているタイプの女性も少なくありません。

オシャレや男性との交流を楽しみたいのに、自分はカーストの下位だからと、思うように振る舞えないという悲しい青春を送ってきた女性は、社会人になってから遅れてきた青春を楽しもうとする傾向があります。

社会に出てしまえば、何をするのも自分の自由ですし、仕事さえちゃんとこなしていれば、オシャレもメイクも思うままです。

以上のような、いわゆる「社会人デビュー」によって男性の注目を集めるようになったという人はたくさんいますね。

学生時代にモテない子は、社会に出てから激しいモテ期が到来する可能性大

学生時代にモテなかった女性の方が、社会人になってからモテモテになることが多いのです。

それは、本人の環境が変化することだけではなく、学生と社会人では男性からの評価が変わってくることなども理由として考えられます。

遅咲きの花は美しいという言葉がある通り、学生時代に花が開かなかったあなたも、これから大きな花を咲かせるチャンスがやって来るかもしれません。