仕事帰りの彼にしてあげると喜ばれること

最終更新日:2017年3月6日

同棲中の彼氏の仕事帰りにしてあげると良いこと、それはいくつもあります。

「疲れた」と思いながら彼が帰ってきて、あなたが彼のために色々用意してくれていたりすると、その心遣いをきっと嬉しく思うでしょう。

そこで今回は仕事帰りの彼にしてあげると喜ばれることについてご紹介します。

1.彼の好みの食事を用意しておいてあげる

同棲中の彼氏の仕事帰りにしてあげると良いこと、それは彼の好みの食事の用意をしておいてあげることです。

仕事で疲れて、そしてお腹を空かせて帰宅した時、おいしそうな料理が用意されていたら、こんなに嬉しいことはないはずです。

食事の支度は、意外と面倒だったりします。

特に仕事帰りでくたびれている時などは、もう何でもいいから食べて、そして眠ってしまいたいと思ったりします。

そういう時、彼女が自分の好きなメニューで夕食の支度をしておいてくれたら、きっとその心遣いを本当に嬉しく思うことでしょう。

毎日でなくていいのです。

彼氏と同棲していたら、今彼が仕事で忙しいかどうか、それが分かるはずです。

本当に忙しそうだなと思ったら、ぜひ彼好みの料理を作って、帰りを待っていてあげましょう。

2.明日着る予定のシャツにアイロンをかけておく

同棲中の彼氏の仕事帰りにしてあげると良いことの中に、明日着る予定のシャツにアイロンをかけてあげるということが含まれます。

そうすれば、彼が帰宅した後に慌ただしく明日の準備をする必要がなくなり、きっと感謝されることでしょう。

シャツにアイロンをかけるという行為は、それほど面倒ではありません。

しかし、つい何枚もため込みすぎてしまい、気が付いたら一枚もアイロンがかかっているシャツがない。

なんてこともあります。

そういう時、同棲中の彼女がちょっとだけ気を利かせて、1~2枚でもアイロンをかけておいてくれたら、思わず「助かるよ」という言葉が口から出てきてしまいます。

彼女と付き合っていてよかったと、実感することでしょう。

彼氏のクローゼットの中を見て「どうも明日着るシャツがなさそうだな」と思ったら、数枚でいいので、アイロンをかけておいてあげましょう。

それがきっと、同棲中の彼氏の仕事帰りにしておくと、喜ばれることでもあります。

3.すぐお風呂に入れるようにしておく

同棲中の彼氏の仕事帰りにしてあげると良いことに、帰ったらすぐにお風呂に入れるようにしておくことがあります。

特に暑さが厳しくて汗をかいた日や、冬の寒さが厳しい時など、喜ばれることでしょう。

寒さに震えて帰ってきて、家のドアを開けた瞬間に「おかえり~、お風呂湧いているよ」なんて彼女が声をかけてもらえたら、なんだか「幸せだな」なんて、しみじみと思ってしまうかもしれません。

温かなお湯のぬくもりが、そのまま彼女の優しさのように感じてしまいます。

湯船の中で心の底からリラックスして、はーっとため息をついてしまうことでしょう。

そして「彼女と付き合っていて良かったな」という思いが込み上げてくるのです。

お風呂を沸かしておいてあげることは、それほど大変なことではありませんが、思った以上に彼氏に喜んでもらえて、彼女としても嬉しくなってしまいます。

仕事帰りの疲れている彼氏をいたわること、それが「帰ったらすぐお風呂に入れるようにしておくこと」です。

彼氏の心も体も優しく癒してあげることができるでしょう。

4.ちょっと晩酌の支度をしておく

同棲中の彼氏の仕事帰りにしてあげると良いことの中に、帰宅した彼がちょっと一杯飲むことができるように、支度をしておいてあげるというものがあります。

精一杯働いて、疲れてストレスをためて帰ってきた彼氏の、心の憂さを晴らしてあげることができるでしょう。

仕事中は、なんだかんだと大変なことがあって、ストレスもたまるはずです。

そういう彼が帰ってきたら、昼間の嫌なことは全て忘れて、家では思いっきりのびのびとしてもらいたいですよね。

そんな彼に「お疲れ様」の言葉と共に、冷やしたビールを出してあげましょう。

きっと彼氏は「気が利くな」と思いながら、彼女に対して、感謝の気持ちを抱くはずです。

「ただいま」と彼が帰ってきたら、すぐに一杯飲めるように、ちょっとした晩酌の準備をしておいてあげることは、彼氏からすると、嬉しい気配りです。

きっと、思わず顔がほころんでしまうことでしょう。

5.優しい笑顔で温かく迎えてあげる

同棲中の彼氏の仕事帰りにしてあげると良いことは、物理的なことばかりではありません。

疲れて帰ってきた彼氏を、優しい笑顔で温かく迎えてあげること、これが彼氏にとっては一番嬉しいことです。

同棲したての時は、彼氏が帰宅したらいそいそと玄関までお出迎えに出ていたはずです。

しかし、段々と共に過ごす時間が長くなるにつれて、彼氏が帰ってきても、出迎え方もぞんざいになってきたりします。

「お帰り」と言いながら、居間のソファーに転がったままだったり、ひどい時にはそれほど遅い時間でもないのに、先に眠っていたりします。

そういう姿を見たら、やっぱり彼氏のテンションは下がってしまうことでしょう。

特別なことはしなくても、彼氏が家に帰ってきた時、優しい笑顔で温かく迎えてあげれば、きっと彼氏はそれだけで十分でしょう。

仕事帰りで疲れた彼が喜ぶことをしてあげよう

仕事帰りで疲れた彼氏にとっては、彼女のその優しい笑顔こそが、元気回復のための特効薬です。

同棲中の彼氏の仕事帰りにしてあげると良いことは、考えてみると、それこそ沢山あります。

そしてそのどれもが、仕事で疲れて帰ってくるだろう彼氏をいたわりたいと思う気持ちから始まっているのです。

彼氏はきっと、その彼女の気持ちを察するからこそ、余計に嬉しく感じて、心が温まることでしょう。