今の仕事で将来が不安な時の対処法

最終更新日:2015年8月2日

どんな仕事に就いている人でも、将来が不安になったり、このままの人生で本当に良いのか考えてしったりする経験はありますよね。

先が見えない分、どのような行動を起こせば良いのかも分からなくなってしまいます。

今回はそんな人のために、今の仕事をしていて将来が不安な時の対処法をご紹介します。

1. 今の仕事で何が不安なのか、具体的に書き出してみる

不安の原因は必ず存在します。

まずはその原因を突き止めるために、今自分が何に対して不安なのか、具体的に紙に書き出してみましょう。

なかなかペンが進まない場合は、自分に問いかけてみることが効果的です。

「何を改善する必要があるのか」「何に対して不安に思うのか」「嫌だと思うことは何かあるか」「他にどんなことがやってみたいか」等、自分で自分に質問してみましょう。

そうすることによって気持ちの整理がつき、どのような行動を起こすのが自分に良いか、明確に分かるようになります。


2.今の仕事で満足していることは何か、具体的に書き出してみる

今の仕事で満足している点も書き出してみましょう。

「今の仕事の好きな点は何か」「何をしている時が楽しいのか」「どんな時にやりがいを感じているのか」「信頼できる上司や同僚は誰か」等、今までの仕事を通して得た収穫や仲間、スキルなどを具体的に書き出すことが重要です。

おそらくこれを書き出すだけで、少し気持ちが上向きになるのではないでしょうか。

そして少なからず希望の光が見えてきませんか?自分のモチベーションを下げた状態で思考を停止してしまうと、そのことに対して良い印象を残すことができません。

その為、何事においても必ず後から良いことについて考えるように心がけましょう。


3.上司や同僚に相談してみる

不安な材料が明確になったら、まずは身近な人に相談をしてみましょう。

仕事の上司や同僚など、同じ状況で働く人に相談することによって、より的確なアドバイスを受けることが可能です。

また逆に、友人や家族等、仕事とは直接関係のない人に相談をすることによって、良いアドバイスを受けられる場合もあります。

自分の考えを人に伝えることも、とても効果的な方法です。

言葉にすることで自分の考えを再認識できたり、他人からの質問に答えることによって、今まで考えてもみなかった発想が浮かぶ場合も多々あります。

他人の視点から見た意見は、自分にとって新鮮で刺激的なものも少なくはありません。

自分の不安を相談することは決して恥ずかしいことではありません。

あなたの素直な気持ちを、他人にぶつけてみましょう。


4.転職サイトを見てみる

自分が思っていることを再認識できたら、次は行動に移すことが大切です。

今の仕事で将来が不安な場合、単純に考えて「仕事を続ける」という選択肢と、「転職する」という選択肢が出てきます。

転職を決めた場合は、何よりも情報収集が重要となります。

1つの転職サイトに限らず、複数の視点から情報を見ることによって、より精査された情報を得ることができるようになります。

ただし、文字からの情報に頼らず、必ず自分の目で会社を見極めてください。

ここを誤ると、転職先でも同じ不安で押しつぶされてしまうことでしょう。

仕事を続けると心に決めた場合でも、転職サイトを見ることは無駄にはなりません。

むしろ、他の会社の情報を見ることによって、今の仕事がやはり自分には向いていると再認識できる場合もあります。

情報は世の中に溢れています。

その情報を見るか見ないかは、その人の意識次第です。

積極的に情報に触れ、その情報を自分のモノにしていくことで、考えの幅を広めることができるでしょう。


5. 自分磨きを始めてみる

今の会社に留まる人も、転職を決意した人も、また同じ不安に駆られる時が必ず訪れます。

そんな時、自分の武器になるのは、何より「自信」です。

資格を持っている、マナーを身につけている、私は○○ができる等、その自信が、必ず不安を取り除いてくれることでしょう。

その為にも、自分磨きを始めてみてはいかがでしょうか。

興味のある内容ならどんなことでも構いません。

その代わり、最後まで匙を投げずにやり通すことが大切です。

自分磨きは、結果だけではなく、その過程も自分の収穫になります。

自分にはこれだけの力がある、自分にはこんなスキルがある、という誇りが、将来への自信と繋がるのです。

将来に不安を感じた時こそチャンス

いかがでしたでしょうか。

不安を感じることは、誰にでもあることです。

でもその時に立ち止まって考え込んでしまうより、上記のような行動をとって頭も体も動かした方が、不安を取り除く近道になります。

そしてそれ以上に、自分の成長へと繋がることでしょう。

不安を感じた時がチャンスだと思って、是非行動に移してみてください。