色素薄い系メイクのポイント。自然な白さを出そう

最終更新日:2016年2月23日

今、欧米の白人の少女のような「色素の薄そうな顔」が人気を集めています。

ふんわりしていてマシュマロのような雰囲気が、人気の秘密であると言われています。

このような「色素薄い系の顔」は、メイクをひと工夫するだけで作ることができます。

では、具体的にどのような点を工夫すれば、色素薄い系の顔になることができるのでしょうか。

1.白くすべすべの肌を、ベースメイクで完璧に作る

色素薄い系の顔の特徴は、赤ちゃんのような白くすべすべの肌です。

このような肌を、ベースメイクで作り上げましょう。

まず、自分の肌の色よりもワントーン明るいベースを選び、顔全体にたっぷり馴染ませます。

これによって、白い肌の下地が出来上がります。

次にコンシーラーを使い、シミや毛穴・目の下のクマなどの肌トラブルを全て消してしまいましょう。

色素薄い系の顔は、「白く、つるんとした肌」に仕上げる必要があるので、肌トラブルを極力目立たせないことがポイントです。

そして薄付きのファンデーションを薄く伸ばし、最後の仕上げはベビーパウダーを叩き込みます。

ベビーパウダーはルースパウダーよりも、ふんわりしたマシュマロのような印象に仕上がるため、よりかわいらしく仕上がります。


2.薄いピンクのチークを使って、血色感のある頬を作る

色素薄い系メイクのポイントは、「子どものような、自然な血色感のある頬」です。

これを、チークを使って作っていきます。

使うチークの色は、薄いピンクです。

濃いピンクを使ってしまうと、「大人っぽくしっかりメイクをした顔」になってしまうため、薄いピンクで、淡く自然に仕上げるのが色素薄い系メイクのポイントです。

大きめのブラシを使い、薄いピンクのチークをふんわりと入れていきます、一か所だけ浮いてしまわないように、頬の広い範囲にぼかし入れるようにすると良いでしょう。

頬の高めの位置に入れると、かわいらしさが増してきます。

3.眉はブラウン系で自然にふんわりと仕上げる

いかにも「描きました」という印象の眉は、色素薄い系の顔には合いません。

「元々生まれたままの顔」を演出するのが色素薄い系メイクの魅力ですので、眉もできるだけ自然に仕上げましょう。

まず眉は、ペンシルではなく、パウダーを使います。

パウダーでぼかしながらアイブロウメイクをしていくことで、自然な眉が出来上がります。

自分の眉の毛の流れを活かすようにしてメイクしていきましょう。

使う色は、肌馴染みの良い濃いブラウンがオススメです。

黒だと濃い印象になってしまいますし、明るいブラウンだと、ギャルっぽい印象になってしまい、色素薄い系の顔には仕上がらなくなってしまいます。


4.アイシャドウは、肌馴染みの良いブラウン・ベージュやオレンジ系を選ぶ

色素薄い系メイクは、目元を濃く見せることはしません。

「少しぼんやりした目元」を作るのが色素薄い系メイクですので、アイシャドウの色を選ぶ際にも、あまりはっきりした色・ダーク系の色は使いません。

色素薄い系メイクでは、オレンジ系やベージュ系・明るめのブラウン系のアイシャドウを使います。

これらの色をまぶた全体に馴染ませるように入れていきます。

この際、濃い色で目の縁部分を引き締めるということはしません。

これが大きな特徴です。

アイシャドウには、できればラメが入っていると、よりかわいらしく仕上がります。

特に、目頭部分に光沢があると、かわいらしい印象になります。

5.アイラインやマスカラはブラウン系を使って、目元を自然な印象に仕上げる

色素薄い系メイクでは、目元を必要以上にハッキリ見せることはしません。

少しぼんやりしている程度が良いのです。

でも、「つぶらな瞳のぱっちり感」は欲しいので、アイライナーやマスカラは必須です。

アイライナーやマスカラは共に、ブラウンを使います。

黒を使うと、目元がはっきりし過ぎてしまいますが、ブラウンであれば、自然に目をかわいらしく見せることができます。

特に注意したいのが、アイライナーです。

アイライナーは、リキッドよりもペンシルタイプ・ジェルタイプの方が自然に仕上がります。

そして目尻は少し長めに、そして垂れ目気味に仕上げると良いでしょう。


6.血色感が出る、透明感のある口紅を使う

色素薄い系メイクは、しっかり塗った口紅は合いません。

できるだけ元の唇の色を活かし、血色感のあるぷるっとした口元を作るのが、色素薄い系メイクです。

そのため口紅は、色の濃いもの・マットタイプのものは使わず、透明感のあるタイプを使います。

そしてその口紅を、輪郭をきっちり取らずに、唇の真ん中から塗り、外側に向かってぼかしていきます。

このようなリップメイクにより、自然で、ぷるんとした口元が出来上がります。

使う色は明るいオレンジ・又は明るい薄めの赤・明るい薄めのピンクなどが良いでしょう。

色素薄い系メイクは自然な白さが大切

色素薄い系メイクは、全体的に白っぽく、「子どものような無邪気さ」と「マシュマロのようなふんわり感」を演出するメイクです。

そしてそれを、「作り込んだ感じ」ではなく、「できるだけ自然な感じ」に仕上げることがポイントです。

色素薄い系メイクは、清潔感や純粋さ・透明感を表現できるメイクであるため、男性にも非常に好感を持たれます。

ぜひトライしてみてください。