紹介してもらった男性をやんわり断る方法

最終更新日:2016年9月28日

最近出会いがない、身近にいい人がいなくてという時などに「いい人がいるから紹介するよ」と言われいざ実際に会ってみたらぜんぜん好みじゃなかったなんてこともあります。

断りたいけどせっかく紹介してくれた方との関係が心配な方もいるはずです。

お断りするのはもちろん仕方のないことですが相手や紹介してくれた人を傷つけないよう配慮しつつ大人の対応を心掛けましょう。

1.断る理由を紹介してもらった男性ではなく自分のせいにする

あなたにとっては好みのタイプの男性でなくても、紹介してくれた人にとってその男性は是非ともあなたに紹介したいと思った好印象な人物であることは言うまでもありません。

もしかしたらその男性は紹介してくれた人の幼馴染や古くからの友人かもしれません。

誰しも大切な人を悪く言われたら嫌な気持ちになりますよね?

ですから紹介された男性に失礼なことを言われたとか、食べ方が汚くて見るに堪えなかったとか何か不快に感じることがあったのだとしてもその点に関してはグッとこらえてなるべく紹介者には断る理由としては言わないことです。

紹介してくれたことに対する感謝の気持ちを伝えた上で例えば他に好きな人ができたとか、あくまでも個人的な都合でお断りした方が良いでしょう。


2.早めにハッキリ断る

もし会った後おつき合いする気持ちになれないのならメールでも良いのでなるべく早くはっきり断るべきです。

相手を傷つけたくないからといつまでも時間を引き延ばすことは配慮ある行動とは言えません。

もしかしたら紹介された男性はあなたのことが気に入っているかもしれず、その場合あなたからの良い返事を期待しずっと待ってしまうことになりかねないのです。

もっと良くないのがその男性と会った時、場の雰囲気が盛り上がったので相手があなたとつき合えると勘違いし、そのうち周囲に自慢したり彼女ができそうなどと言い広めたりしてしまうことです。

そうなると断られた時恥をかいてプライドが傷つき余計にダメージを受けてしまうかもしれません。

時間が経過すればする程諦めにくくなることもあります。

また「今は無理かもしれないけど」といった中途半端な断り文句も相手に不必要な期待を持たせてしまうので避けるべきです。


3.絶対に避けた方が良い断り方

初対面で連絡先を交換するには至らず紹介者があなたの意志を相手に伝えてくれる場合もあるかもしれずその時に断る理由を聞かれるかもしれません。

その際決して相手の体系や顔などのルックスやスペックを理由にしないことです。

もし断る本当の理由がそういった理由であってもです。

もしあなたに大切な人がいてその人の見た目を酷くけなされたりその人が収入や学歴を理由に否定されたら嫌な気持ちになりませんか?ですから断り方も自分の気持ちではなく紹介者の気持ちになって考えましょう。

紹介者はその男性を紹介する場を設けるためにあなたが思っている以上に時間を割き気を遣ってくれていたかもしれません。

婚活パーティーへの参加やお見合いのための有料のサービスを利用すればお金がかかります。

少なくともあなたのためを思って無料で手間と時間を割いてくれた紹介者には誠意を持って対応したいと思うはずです。


4.紹介者が上司など目上の方だった場合の断り方

もし男性を紹介してくれた人が勤務先の上司やお世話になっている目上の方だった場合、あなたの断り方によってはその後の関係や出世にも影響してくる可能性があります。

なかにはお見合いの後でお断りしたことが原因で上司との関係がこじれてしまい退社せざるを得なくなったというケースさえ実際にあります。

しかし人間ですから好みや相性があるのは当然のことなので誠意を持ってお断りすれば上司や目上の人でも分かってくれます。

その際必ず紹介してもらった男性の良いところを見つけてまず褒めると良いかもしれません。

もちろんそれはお世辞でも構いません。

「お会いしてとても真面目でお優しい方だったのですが…」「お話していて仕事に対して情熱のある立派な方だなと感じたのですが…」なんて先に付け加えるだけで印象はグッとマシになります。

その上で自分とは合わない、接点がない、場合によっては努力はしたがどうしても合わせることが不可能という言い方ができるかもしれません。

具体的には「申し訳ないのですがフィーリングが‟どうしても“合わなくて」や「育った環境が‟あまりにも”違い過ぎて」「大変教養のある方なのでお話しがついていけず、学のない私のような方には‟もったいなくて”」などの言い方をされればいくら上司でも悪い気はしないはずです。

そのように丁寧にお断りしたにも関わらずそれでも紹介者が諦めないのなら、数回軽くデートをしその上で「何度かお会いしてみましたが、やはり」といった形でお断りすることもできるかもしれません。

あなたがそこまで誠意ある対応をしても紹介者が強要することはパワハラになりかねませんからいくら立場が上でも紹介者は諦めるざるを得ないでしょう。

紹介者の気持ちも考えて早めにきっちり断ろう

「傷つけない振り方などない」などと言われるように、どのような事情であっても断ることにはある程度のリスクがあり紹介してくれた人との関係にも影響を及ぼしかねないのは事実です。

しかし同じ断るのでも紹介者の立場になって言い方を考え、気持ちやプライドを傷つけないように配慮するとしないのでは全然違います。

また断ることは社会人としてのマナーや人としての誠意も問われるシーンだと言えます。

あなたの為に良かれと思い行動してくれた紹介者の恩を仇で返すようなことはしないようにしましょう。