なぜ女性は就活時に黒髪に戻すのか。就活は黒髪である方がメリットが大きい

最終更新日:2015年8月2日

学生時代には就職活動が終われば安心、というイメージを持つ人が多いでしょう。

しかし実際には就職してからも転職活動や派遣会社等に登録し契約期間が終わればまた次の職場、と移動を余儀なくされる場合等一度だけで就職活動が終わらない場合も多々あります。

そこで多くの人が気にするのが身だしなみです。

普段髪色をおしゃれに茶色に染めている人も、就職活動では黒髪に染め直す人も多いでしょう。

ここではそんな就職活動時に黒髪にする女性が多い理由をご紹介します。

1.目上の人を敬う日本文化

日本人の考え方として「目上の人を敬う」という文化があります。

これは儒教の教えと言われており、他人を尊敬し目上の人を敬うことがよしとされてきました。

例えば欧米諸国、キリスト教の考えでは神の下人は平等だと考えられています。

その為英語には敬語が無い、上司でも兄弟姉妹でも仲良くなれば相手を呼び捨てにする、など日本ではあまり考えられない文化でも当たり前とされているのです。

一方で日本でも役職のある人を「~部長」等と役職で呼ばずに「~さん」等とカジュアルに呼び合ったり、あまり上下関係を意識させない関係を築いている会社もあります。

しかしそれはまだまだ少数にしかすぎません。

例えば歌手のMayJさんが「ありのままで」という曲で大ヒットを出し一躍大スターとなりました。

そんな彼女の才能は誰しもが認める所ですが、まだ決定していないにも関わらず「紅白に出る予定を立てています」と発言したことで、かなりのバッシングを浴びる結果となりました。

彼女はそれだけの実績も才能もある素晴らしい方ですが、日本人にとってこんな風に自画自賛の発言や高飛車ともとれる発言をする人は好かれない傾向にあります。

逆にどんなにスターになって周囲がちやほやとしていても謙遜した腰の低さを見せる方には日本人は「良くできた人」だと更に行為を寄せる傾向にあるのです。

茶髪で就職活動をすると言う事は自分の個性を優先した態度と取られ、謙虚さが無い、相手を敬っていないと捉えられがちです。

特に就職活動で大きな権力を握っている人は役職のあるかなり年齢の高い人が多く、その人たちに好かれ選ばれる為には謙虚さや敬うという意味でも黒髪が好まれるということが言えるでしょう。


2.「和」を重んじる日本人の考え方

最近ではハーフと呼ばれる外国人と日本人の両親を持つ人が多い為一概には言えませんが、日本人の多くの人は黒髪や少し茶色掛った黒髪を持つ人が大半であると言えます。

外国、特に欧米では多民族国家である国が多く、民族が異なる人同士の結婚も盛んである為、髪の色はブロンド、ブルネットと呼ばれる茶色、赤髪など元々髪色が多数に分かれていますし、肌の色も白、黄、黒を基本に、その上ミックスされている人も多い為、どの髪色や肌色が本来の色なのかは家系によって異なります。

その為日本の学校の様に同じ格好をよしとする風習もありません。

それに反して日本人は基本的に単一民族である為、肌の色や髪の色は個人差があるものの一般的にはそれほど大きな差がないのが特徴です。

就職活動では自分の個性を出す事も大切ですが、それ以上に相手に認められ選んでもらう事が大切です。

日本人の特徴として「和」を重んじるという考え方があります。

お互いに助け合い協調して生きていくという従来から農業を生業にしてきた日本人の考え方から生まれたと言われる考え方ですが、その為にはお互いに似た部分があり、協調できると思われる人こそ選ばれやすいというのが根底の条件にはあるのです。

団体で行動する事の多かった日本人にとって、和とは協調であり仲間です。

奇抜で他人と違う人を好まず、自分と似たところのある人同士協力し合う日本人の習性を考えると黒髪に戻し相手に仲間になれそうだと認めてもらう事こそ就職活動を成功させる一歩であると考えられるのです。


3.社会人の一員となる準備ができているという態度

就職活動をするという事は社会に出て働きお給料を頂くと言う事です。

街ゆく社会人の女性を見ていても、やはり派手な髪型や髪色は控え、黒髪やすこし明るめ程度の茶色にとどめている人が多いと言えます。

社内だけではなく取引先やお客様等仕事上で関わる人に対してきちんとした身だしなみをしていると言う事は社会人としてのマナーであると考えられています。

その人1人で、会社のイメージが大きく変わる事もあるからです。

学生時代にはどんな髪色をしていても誰にもとがめられませんが、就職活動ではこの人を内の会社で採用することできっとメリットがあるだろうと期待してもらうことが大切です。

最初の内は覚えることに必死で成果を出す事も難しいですが、それでも会社はそんな新人に対してもお給料を支払います。

茶髪で身だしなみも学生感が抜けていない人では「社会人になったら頑張ります」と言う態度が表れていますし、社会人らしく髪を黒髪に戻し身だしなみも整えている人が「もう社会人になる準備はできています」という態度であれば、会社としては後者を信じやすいでしょう。

その人が採用してどれ程頑張れるかは採用してみないと会社も分からず、ある意味掛けでもあります。

しかしそれであれば態度や身だしなみからやる気を見せている人を採用するのが自然な流れであり、その為黒髪に戻して就職活動をする人が多いと言えるでしょう。

黒髪は就職活動時にメリットがある

黒髪に戻して就職活動をする人が多い理由をご紹介しました。

日本人の古い習慣からくる考え方と言えますが、黒髪に戻して就職活動することの方がメリットが多くありそうですね。