女性の転職面接時の服装は何がベスト?スーツから髪型まで

最終更新日:2015年9月6日

女性の転職時における服装のポイントは、どのような服装が適しているのでしょうか?

やはり好印象で落ち着いた雰囲気の服装であることは間違いないポイントです。

スーツ、髪型、シャツ、靴、小物のこの4つの項目について、より良い服装はどんなものなのか、どんなものが悪い印象につながるのかご紹介します。

1.清潔感のあるスーツ

まずはじめに、スーツ選びです。

間違いない無難なものは定番の紺色スーツです。

紺色は清楚で上品な印象があります。

黒の方もいるかもしれませんが、黒はデザインによっては、威圧感を与えてしまう可能性があるので気を付けなければいけません。

また黒で色あせてしまった黒はとても、だらしなくルーズな印象となってしまうので気を付けてください。

スーツのデザインですが、最近体のラインにぴったりフィットしたデザインが流行していますが、このフィットし過ぎているデザインはやめましょう。

また、スカートの丈も大切です。

スカートデザインはフィットしてないある程度幅に余裕のあるデザインにしましょう。

面接時に椅子に座った時のことを想定してえらびましょう。

スカートデザインによっては、座るとスカート丈がとても短くなるスカートもあるので注意しましょう。

スリットの場所や長さもチェックしておきましょう。


2.転職面接時のシャツは白

紺色スーツの中に着るシャツですが、これはパリッと糊のきいた汚れがない白シャツを着てください。

少しでも汚れやくしゃくしゃ感は、人格的のもマイナスポイントとなってしまいます。

スーツのデザインによって、シャツがたくさん出るデザインのジャケットは、ボタンを開けて着こなしてくださ。

ジャケットデザインが、少ししかシャツがみえないデザインはボタンはすべて留めるのが良いでしょう。

ボタンを開ける場合は、空けすぎないように注意しましょう。

ボタンによって印象がかなり違って感じるので注意しましょう。

スーツの下にカットソーを着る人がいますが、この場合は白にして、首まわりが広すぎないカットソーを選びましょう。

Tシャツのようなデザインはカジュアルすぎて、年配の面接官の人には印象が悪いのでやめ方が良いでしょう。


3.転職面接時の髪型

髪型もとても大切です。

長く傷んでしまっていたら、美容室に行き傷んでる部分をカットしてもらいましょう。

髪のお手入れが行き届いてないかいなかまで、面接官、特に女性の面接官は見ています。

美容室に行く時間がない時は、後ろですっきり束ねて結びましょう。

この結ぶ時は、みだれ髪が出ないように、しっかり固めていきましょう。

短い髪のひとも、前髪が長すぎたり目にかかってしまっている人は、暗い性格の印象となてしまうので、上げて留めるか、切るかしましょう。

カラーリングは、適度な色は良いですが、黄色すぎたり赤すぎたりしないようにしましょう。

カラーの色むらがあると、印象がきちんとしてない性格だと思われる可能性もあるので気を付けましょう。


4.転職面接時の靴は黒

トータルの服装の中で、意外に目立ち、大切なポイントは靴です。

好みによって、パンプスだったりヒールだったりローファーだったりするかもしれませんが、色は黒をオススメします。

足元がファッションの中で一番暗い色にコーディネートすると全体のバランスも良く引き締まります。

白やベージュは汚れが目立つのでやめた方が良いでしょう。

ヒールの場合は、ヒールの高さを適度なものをえらびましょう。

ヒールが高いと同じリクルートファッションでも雰囲気が違ってきます。

また、かかと部分がめくれていたり、ヒールの底部分のゴムがとれってしまって、カツカツ音を立てた足音になってしまっていないか、しっかりチェックすることが大切です。

パンプスやロファーにおいても、つま先の革が白く摩擦でめくれたりしていないか確認しておきましょう。

面接時座っている時靴は、とても見られていることを考えて靴選びしましょう。


5.転職面接時の小物

最後に小物についてです。

小物のカバンについてですが、転職のでの面接ですので、今までの仕事の資料などの提出を求められる可能性もあり、すぐに対応しなくてはいけません。

そのため今まで使っている仕事のカバンで大丈夫です。

新卒ではないので、カバンは使い慣れたカバンで、対応した方が伝わるのではないでしょう。

また、アクセサリーは控えめにしましょう。

結婚指輪や細いネックレス程度にしておきましょう。

時計はしていきましょう。

スマホや携帯で時間をみる若い人が増えてきていますが、面接官は年配の方の可能性が高いので、時計の習慣があると時間を守る印象に繋がります。

転職面接で最適な服装をしよう

以上にあげた5点に注意して転職面接時の服装をえらびましょう。

最初の印象はとても大切です。

その印象が服装によってプラスになったりマイナスになったりするのは間違いありません。

少し服装を注意することによって、後悔のない転職の面接を受けましょう。