存在感がない人の特徴。なぜいつもいるか分からなくなってしまうのか

人の特徴最終更新日:2017年10月18日

存在感がない人というのは、その場にいるのかいないのか、分からなかったりします。

「あれ、いたの?」なんて、周りの人からそう言われてしまうこともあったりします。

そういう「存在感がない人の特徴」とは何かご紹介します。

1.あまり率先して意見を言わない

存在感がない人の特徴に「率先して意見を言わない」というものがあります。

あまり「私はこう思う」とか「○○は××だ」という風に言わないので、人々の間で目立つことがないのです。

存在感がない人は、いてもいなくてもそれほど周りの人に影響を与えないところがあります。

自分からどんどん話しかけたり、何かあった時には率先して意見を言う人は、周りの人も一目置くようになり、知らず知らずのうちの存在感を出すことができます。

しかし、皆が活発に色々と意見を出し合っているような時も、ただ黙って「うんうん」と言っているだけという人はいます。

そういう人というのは、どうしても周りからスルーされてしまいます。

後から「そういえば、あの人って何か意見を言っていたかしら?」という感じで、その人がいようがいなかろうが、周りには関係なかったりします。

存在感がない人というのは、周囲の人から求められても、それでもあまり意見を言おうとはしません。

全体の意見や雰囲気にいつも同調しているので、いつの間にか存在感がなくなってしまうのでしょう。

2.何かをする時には人の後からするようにする

存在感がない人というのは「何かをする時には人の後からする」という特徴を持っています。

一番乗りで何かに取り組むことがなく、いつも人の後ろをくっついて回っているようなところがあります。

存在感がない人というのは、決してリーダーシップを取ることがありません。

何かを始める時にも、いつも周りの様子を見ていて、誰かがやり始めたら自分もそっと真似をするそういう風にしています。

だから人の目につくこともありませんし、存在感を出すこともできないのでしょう。

時には、本当は「これをした方がいいんじゃない?」と、自分から声掛けすることが必要です。

ただ、人によっては恥ずかしかったり目立つのが嫌で、何も言いださないで、誰かがやるのを待っているだけというスタンスの人もいます。

そういう人こそ、まさに「存在感がない人」と言えるでしょう。

3.目立つ洋服を着ていない

存在感がない人の特徴で「目立つ洋服を着ていない」というものがあります。

あまりはっきりしたカラーの服を着ることもなく、周囲の風景にいつの間にか溶け込んでしまっているのです。

存在感がない人というのは、人の目につくのを苦手と思っている人が多いです。

そういう人は、赤とか黄色といった「はっきりとした色の服」を着たりしません。

ベージュやグレーなどのどちらかというと「中間色」を選ぶ傾向があります。

そして、ファッショナブルでセンスがいいということもあまりありません。

素敵な着こなしをしている人は、それだけで十分に存在感を出すことができるでしょう。

しかし、そこにいるのかいないのか分からないというような人は、着ている服にもインパクトがなく、人の印象に残ることがないのです。

その人がいたことは何となく覚えていても「どういう服を着ていたか」までは思い出せないそういう人は、はっきり言って存在感がないのです。

他人の記憶に残ることがないくらい、印象が薄くなってしまうのでしょう。

4.挨拶などをしない

存在感がない人の特徴の一つに「挨拶などをしない」という特徴があります。

挨拶もないままいつの間にか帰ってしまっていたりするので、存在感を出すことができないのでしょう。

存在感がない人は、朝学校や会社に来た時にも、自分から元気よく「おはようございます」などと挨拶をすることができません。

何となくぼそぼそと口の中で呟いてるだけで、挨拶をしているのかどうかが分かりません。

そしてすっとそのまま自分の席に座ってしまいます。

仕事が終わって帰る時にも、いつの間にかす~っといなくなってしまうので、周りの人は「あの人、いつ帰ってしまったの?」などと驚いたりします。

社内ですれ違った時も、存在感のない人というのは、目も合わせずにすっと通り過ぎてしまいます。

だから相手に「その人とすれ違った」という印象を残すことがありません。

そして人が集まって雑談しているようなことがあっても、自分から近づいてくることはないのです。

周りから「こんにちは」などと声ををかけられた時も、もごもごと言いながらただ頷くだけという感じで回りと接しているので、いつまでたっても存在感はないままです。

挨拶は、人と人を結びつける「基本」となります。

存在感のない人のことを知ろう

存在感のない人はそれができないので、周りの人の記憶に残ることもなく、その場にいたのかどうかすら忘れ去られてしまうのでしょう。

存在感がない人というのは、控えめな性格で押し出しも強くありません。

穏やかそうな人に見えますが、実は周りの人と接するのをを少し苦手としていたりします。

そのため、自分から周囲に関わろうとしないので、存在感がなくなってしまうのでしょう。