口を鳴らす癖がある人の心理や性格とは

人の特徴最終更新日:2017年4月25日

自分の周りに、口を鳴らす癖がある人や自分自身がついしてしまうという人はいませんか?

この癖からは様座心理や特徴が隠されています。

ここでは、口を鳴らす癖がある人の心理や特徴についてご紹介します。

1.周りを威嚇したい

この癖がある人は、口を鳴らす事で周りを威嚇したいと思っています。

ナメられたくないと思っているので、この癖が出てしまいます。

この癖がある人を怖がる人は多いですが、実はこれは深層心理では自分に自信の無い表れです。

本当に自分に自信があり、実力がある人は周りを威嚇しなくても周りの人から「この人はすごい」と思ってもらう事ができるからです。

自分に自信が無い、でもナメられたくない、それを悟られたくないという気持ちからつい口を鳴らしてしまいます。

この癖がある人は、実は怖くありません。

ですので、この癖がある人を見かけた時は、必要以上に怖がらずに堂々とした態度を心がけるようにしましょう。

自分にこの癖があり、この心理に当てはまると心では理解をしているという方は、やはり実力を付ける事が大切です。

実力があれば威嚇をしなくても周りの人から認めてもらえるようになるからです。

実力を付けるためには努力をする事が欠かせません。

また、周りを威嚇ばかりしていると誰も近づいて来なくなってしまいます。

ですので、本心では友達や恋人等信じられる人が欲しいと思っている場合は、今すぐこの癖をやめて周りに素直な心で接するようにしましょう。

2.一人でもしてしまう時は自分を追い込みすぎている

一人でいてもついこの癖が出てしまうという人は、自分自身を追い込みすぎている心理の人です。

「自分は本当にダメで、どうしようもない」と思ってしまう心理からこの癖が出てしまいます。

自分自身に失望をしてどうしていいか分からなくなってしまっている時は、まずはゆっくりと休んで自分自身をしっかりと見つめ直すようにしましょう。

焦って何かを成し遂げようとしても、空回りをして上手くいく事は少ないです。

誰にでも調子のいい時と悪い時があります。

今は調子が悪いだけです。

そう信じて自分自身を追い込みすぎないようにしましょう。

追い込みすぎてしまうと、溜めなくてもいいストレスを溜めてしまうので、心身共に疲れ切りそしてさらに自分を追い込んでしまうという悪循環に陥ってしまいます。

自分の事をもっと認めてあげて、もっと大事にしてあげましょう。

そうする事で徐々に調子が良くなりますので、口を鳴らさなくても良くなります。

3.状況が不利になってしまい、動揺している

口を鳴らしてしまう癖がある人の多くが、状況が不利になってしまった時にこの癖が出てしまうという事が多いです。

思ったよりも状況が不利だと思い、動揺している心理がこの癖になって出てしまったのです。

この場合、できるだけこの癖を出さない事を心がけるようにしましょう。

この癖をしている事を周りに悟られてしまうと「そんなに状況が不利なんだ」と周りも動揺してしまうからです。

特に自分がリーダー等上の立場の場合、この癖はできるだけ早くやめるようにしましょう。

この癖が部下や後輩に与える影響は大きいからです。

また、動揺している時は、口を鳴らすのではなく深呼吸をするようにしましょう。

一旦深呼吸をする事で動揺している気持ちをリセットする事ができます。

そして、落ち着いて物事を対処できるようになるので、上司からも部下からも信頼される人になる事ができます。

4.精神が非常に不安定

口を鳴らす人は、精神が非常に不安定な心理の人です。

不安定な心理がそのまま口を鳴らすという癖になって出ているのです。

そして、この心理の人は早く精神を安定させたい、自分でもこんな自分は嫌だと思っている事が多いです。

そして自分で自分を嫌っているという心理が悪い方向に働き、悪循環になってしまっています。

この場合、この悪循環をどこかで止めるようにしないと、そのままストレスが溜まり続けてしまいます。

そうなると人生そのものが楽しくなくなってしまいます。

少しでも前向きに考えるようにする、自分を好きになるように努力をする等自分で自分を変えるようにしましょう。

変えたいという強い意思を持つ事でどんな人でも変わる事ができます。

また、あまりに精神が不安定になりすぎて日常生活すら普通にできなくなってしまった時は、メンタルクリニックへ言ってお医者さんにきちんと診てもらい、治療をするようにしましょう。

口を鳴らす癖がある人の心理を知ろう

口を鳴らす癖がある人の心理や特徴についてご紹介しました。

口を鳴らす癖がある人は、基本的に自分に自信の無い、弱い心理の人です。

弱い自分を隠すために威嚇をしてしまったり、動揺しているのでこの癖が出てしまいます。

口を鳴らす癖がある人は、まずは自分自身としっかりと向き合い、そして自分に自信を持てるように少しずつ努力をする事から始めましょう。

変わりたいと思う事できっと変わる事ができます。

そして、この癖をいつの間にか出さなくてもよくなります。

 

    「口を鳴らす癖がある人の心理や性格とは」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/05(土) 15:57

    職場に口を鳴らす上司がいるのですが、鳴らされる方は愉快な気持ちにはなれません。その上司は口を鳴らして威嚇するのですが、あまり迫力がないのは自分に自信がないからなのだな、とわかりました

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/08/17(金) 23:17

    電車に乗った際に座席に、腰掛けていたら前に人が立ちました。特に特別な座席では無いのに、赤ちゃん連れの親子に舌打ちされました。見事に舌打ちした事が無い音が出ていて、内心変な音、面白い最やって欲しいと、聞く時がある意味で楽しみになっちゃいました。
    >>1

この記事への感想を書く