ストーカー化を避ける上手な別れ方。元カレとの縁を切ろう

最終更新日:2016年1月16日

男女交際のトラブルの中で恐ろしいのが別れ際に関係がこじれてしまい、元カレにストーカー行為をされることでしょう。

元カレというなんでも知っている存在がストーカーになってしまえば行動パターンや友人関係なども把握されていますし、逃げるのも困難になってしまうでしょう。

そこで今回は元カレをストーカーにさせない上手な別れ方をご紹介します。

1.彼が嫌いなタイプの女になる

元カレがストーカーになってしまうのは、あなたのことが好きなのにあなたに振り向いてもらえないからでしょう。

となると、彼があなたのことを嫌いになったり見たくもないと思うようになればストーカーになる可能性は低くなります。

そのため彼に嫌いになってもらえれば彼がストーカーになるのを防ぐことができるのかもしれません。

彼に嫌ってもらうには、彼の嫌いなタイプの女になっていくという方法があります。

普通、恋人になるときというのは何かしら好みのタイプに引っかかる女性を選ぶ傾向があるので彼の好みのタイプでなくなってしまえば、彼にとってはあなたの好きな部分がなくなってしまいます。

例えば、清純な雰囲気が好きな彼の場合は派手にしてみる・あなたの収入やお金が目的であればお金がなくなった、転職を考えている…など彼があなたに求めているものを無くしてしまえば彼はあなたに愛想をつかして別れを切り出してくれるかもしれません。


2.しっかりと話し合う

ストーカーになってしまうのは、どうして彼女がいなくなってしまったのかわからない…という理由があります。

さらに、最初は別れた理由を聞きたかっただけなのにどんどんとエスカレートしたり妄想がいきすぎたりしてストーカー行為を本人も止められなくなってしまいます。

そのため、長い期間付き合っている彼の場合はしっかりとどうして付き合えなくなってしまったのか、愛せなくなってしまったのかを正直に腹を割って話し、彼が納得するまでとことん話し合いましょう。

彼がまともな人間であれば話し合いでわかってもらえますし、お互い納得した形で別れることができるかもしれません。

ただし、もともと束縛が激しくストーカー気質な場合や、モラハラ・DVに発展してしまうような怖い彼氏の場合は話し合ったところで女性の言い分を飲み込んでくれるとはいいがたいので仲介を挟んだりして対応するようにしましょう。


3.誠実を心がける

前項で話した「納得のいかない別れ方」でもっとも悪印象なのが「浮気」でしょう。

男性にとって付き合っている彼女が他の男性と浮気をしていたり、他の男性と付き合いたいから別れてほしいというのはやっぱり納得がいきませんし、浮気をされている事実で頭に血が上ってしまうので冷静な判断がしにくくなってしまいます。

「好きな人ができた」ならば、まだ浮気をしていないので仕方がないと思えますが、すでに他の男性と親しくなっていたり浮気をしているとなると印象は良くなく話がこじれてしまうこともあります。

ストーカーをする理由の中には「怒り」と言うものがあります。

それは彼女に対する怒りだけでなく、彼女を寝取った男に対する怒りや自分を愛してくれない彼女に対する怒りなどもあり、できるだけ彼氏と別れる際に「怒り」という感情を抱かせないようにしたほうが良いでしょう。

また、バレバレの嘘をついて別れようとしたり彼の質問をはぐらかしてごまかしたり行動と言動が矛盾しているなどの非誠実な行動は彼を怒りへと導いてしまいます。

できるだけ別れる際も彼に対しては誠実に接するようにしたほうが良いでしょう。

ただし、暴力などを振るわれた場合は誠実を心がけるよりも自分の身を守ることを優先しましょう。


4.少しずつ距離を取る

ラブラブだと思っていたのに急に彼女が離れていってしまったら彼は「どうして?」と理由を女性に問いただしたくなってストーカー行為をしてしまいます。

さらには、ラブラブだった期間も偽りだったのかと怒りを抱いてしまうかもしれません。

そのため、彼と別れたいと思ったらすぐに行動するのではなく少しずつ距離を取っていくと彼も少しずつ彼女の気持ちが遠くなっていくのを感じることができ、別れもなんとなく予感することができるので「なぜ?」と疑問を抱きにくくなるでしょう。

少しずつデートの数やお泊りの数を減らし、メールの数を減らしていくことで彼もあなたのいない生活に慣れることができます。

多くの男性がこうなった時点で別れを意識して他の女性に走ったり、どうして冷たいのか話し合いをすることになるでしょう。

そうなったら別れたいという話をしてみても良いでしょう。

元カレのストーカー化を防ごう

付き合ってすぐにストーカー気質だったりモラハラを感じるようであれば付き合う期間が長くなる前に別れを考えたほうが良いでしょう。

長い間一緒にいる彼であれば彼を信用・尊敬して彼にも別れの心の準備をさせてあげましょう。