すぐに別れるカップルの特徴。短期間で終了するカップルの理由とは

最終更新日:2017年1月19日

せっかく始まったお付き合いがごく短期間で儚く終わりを迎えてしまう。

そんな悲しい事態も大いにあり得るのが恋愛というものです。

今回は、短期間で別れに至ってしまうカップルの特徴をご紹介します。

1.相手のことが好き過ぎる

どちらか一方が相手のことを好き過ぎる場合、いわゆる「重い」という状態で付き合っていると、必ずお互いのバランスが崩れる時が早々にやって来ます。

例えば「今どこで何してるの?」としつこくメッセージを送ったり、異性と喋っているだけで異常なまでの嫉妬心を相手にぶつけて束縛しようとしたり、好き過ぎる余りにストーカーまがいの行為を繰り返していると、相手は嫌になってしまいます。

自分の強い想いに相手がこたえてくれないと気持ちが空回りしてしまい、どんどん精神的に疲労してしまうでしょう。

2.金銭感覚や価値観が合わない

付き合い始めると、すり合わせを余儀なくされるのがお金に関する価値観。

例えば、カップルの一方はたまには高級レストランで食事したいけれど、もう一方は常にファミレスが良いとなると食事の価値観が合わなくなっていきます。

一方は着実に貯金をしたい派なのにもう一方はあればあるだけ浪費したい派だったり、お金のかけどころのズレはカップルの心の亀裂の原因になります。

また、デート費を割り勘にする、しないも人によって価値観が分かれていきます。

金の切れ目が縁の切れ目

であるように、お金が生み出すストレスはカップルを別れに導くことが大いにあります。

3.からだの相性が合わない

付き合い始めたカップルにとって、からだの相性も重要です。

どういったタイプのHが好きかは人それぞれ好みが違うので、一方の好みを相手に強要すると嫌がられたり不快に思われたりして別れに繋がることがあります。

また、Hの仕方やからだの特徴についてナーバスな悩みを抱えている人もいます。

そのためちょっとした一言が相手にとって大きな傷になり、結果、別れてしまうかもしれません。

4.趣味が合わない

趣味が合わない、というのもカップルに亀裂を生む原因のひとつです。

それぞれ趣味を好き勝手にやっている分にはOKですが、自分の趣味を相手に押し付けてしまうタイプがいます。

例えば相手が好きなアーティストの曲を「ダサい」と否定して、自分の好きなアーティストを押し付けられるとイラっときますよね。

また、相手が興味を示さないイベントや場所に「絶対に好きになるから」などといって毎度デートで連れて行こうとしたりすると、相手にとっては苦痛となるでしょう。

カップルで同じ趣味を共有できるなら素敵ですが、趣味が違うからといって、相手を否定したり、相手の趣味領域をずかずか荒らしたりしないことが賢明です。

5.精神的・身体的な暴力がある

世間には、相手を傷つけてしまうDV男子DV女子が存在します。

ことあるごとに相手を叩いたり、殴ったりと手をあげるタイプだけでなく「君って結構●●なんだね、がっかりした」などと相手のことをけなして、言葉の暴力で精神的なダメージを与えてくるタイプもいます。

こういう相手との付き合いは早々に切り上げたほうが正解でしょう。

6.勢いで付き合った

相手のことをよく知らないままに、勢いで付き合ってしまったカップルも短命に終わることがあります。

例えば、飲み会でたまたま隣の席に座っていて話が盛り上がって付き合ったものの、シラフでデートをしてみたら意外につまらなく、会話も続かないことがあります。

周囲の友だちがみんな付き合っているからといって、焦ってそれほど好きでもない相手と付き合ってしまうと、短期間で別れを迎える可能性があります。

7.見た目だけで付き合った

顔がいいから、背が高いから、スタイルがいいからなど、外見のよさも恋愛に繋がる大きな要素です。

しかし、それだけを目当てに付き合うと早々に別れる可能性があるでしょう。

「美人は3日で飽きる」ということわざがこれにあたります。

会話をしていて面白くて、内面や考え方に興味を惹かれるものがないと、長く付き合うのは難しいのが現実です。

8.モテ男モテ女

常に引く手あまたでひっきりなしに告白されたり、アプローチをかけられるモテ男モテ女の場合自分に絶対的な自信があり「今がダメでも次がある」と目の前の恋愛を軽視することがあります。

付き合ってみて相手のちょっと嫌なところを見つけてしまうと、早々に態度を変えて別れを切り出すかもしれません。

相手探しに困らないタイプは、ひとりの相手とじっくり長々付き合うのが苦手な可能性があるでしょう。

短期間で別れるカップルの特徴を知ろう

短期間で別れに至ってしまうカップルの特徴をご紹介しました。

付き合い始める時のドキドキ感、恋が始まる時のワクワク感は誰にとっても特別なものです。

せっかく手に入れた貴重な関係を早々に壊さないためにも、自分にはどんな相手が合っているのか、どんな相手といれば安らげて、楽しめて、お互いに関係を深め合っていけるのかを、ちゃんと見極めたいですね。