好きと言ってくれない男性に好きと言わせる方法。絶対に好意がある相手を落とそう

最終更新日:2016年4月12日

明らかに自分に対して好意があるのに、なぜか「好き」と言ってくれない男性は、女性にとって非常にもどかしい存在です。
かと言って、女性側から告白するのも勇気が要りますし、やはり理想としては、男性の方から「好き」と言ってほしいものです。

では、そんなもどかしい男性に、「好き」と言わせてしまうための方法をご紹介します。

1.さりげなく「彼女いるの?」と聞いてみる

自分に対して好意があるのに「好き」と言ってくれない男性に告白してもらうためにはまず、彼の心の「恋愛モード」にスイッチを入れる必要があります。
と言うのも彼は、「好きだけれど、告白してしまった後の色々な面倒事を考えたら、このまま曖昧な状態でいた方が良い」と思っている可能性が高いからです。

そこで、恋愛というものを、彼に改めて意識してもらうことから始めてみましょう。

有効なのは、雑談のタイミングを見計らって、「そう言えば、彼女っているの?」と、さりげなく聞いてみましょう。

ここで大切なのは、「さりげなく」という点です。
間違っても尋問するような雰囲気や質問攻めはやめましょう。
「この人は面倒な女性だ」と思われて、幻滅される危険があります。

しかし、さりげなく「彼女いるの?」と、意中の女性から聞かれたら、その男性は少し内心ドギマギします。
この「ドギマギ」こそが、あなたを更に「女性」」として意識させ、彼の恋愛モードのスイッチを入れてくれるのです。


2.誰にも話したことがないプライベートのことを打ち明け、心の距離を縮める

男性に告白してもらうためには、「手の届かない女性ではなくなること」が大切です。
高嶺の花のように思われてしまうと、いくら好意を持ってくれても、「どうせ告白しても、相手にされないに違いない」と諦めて、好意が冷めてしまうこともあるのです。

そのくらい男性の心は繊細であることを頭に入れておきましょう。

そこで、彼に親近感を持ってもらうために、彼と2人きりの時、「誰にも話したことがない、あなたのプライベートの話」をしてみましょう。
これを行う時は、「彼と2人きりの時」に限定することがポイントです。
「誰にも話さない話題をあなただけに」という特別感が大切なのです。

これによって、彼が一気にあなたに親近感を抱くのと同時に、「自分だけに秘密を打ち明けてくれた」という特別感を感じてくれるので、告白してもらいやすくなります。
特に、相談事を打ち明けることは、成功率が高いと言われています。


3.彼を気遣うメッセージを、さりげなくタマに送ってみる

男性は基本的に、メールやLINEがあまり好きではない傾向が高いのが特徴です。
主な理由としては、「読むのが面倒」「返信が面倒」ということが挙げられます。

しかし、手軽に彼とコミュニケーションができるツールである以上、有効活用しない手はありません。
その代わり、彼が負担に思わず、喜んでくれるようなメッセージを送りましょう。

例えば、彼が忙しそうな時など、「最近大変そうだけど、体調は大丈夫?」「体だけは大事にしてね」など、彼を気遣うようなメッセージを、2~3言以内の短文で送りましょう。
この時、返事を期待してはいけません。
送ったら送りっ放しで良いのです。

この短いメッセージは、「好きな女性が、自分のことを気に掛けてくれた」という喜びに繋がり、たとえ返事を返す余裕がなかったとしても、彼は大いに喜んでいるのです。
言わば、彼の幸せ感をくすぐるためだけのメッセージなので、返事など必要ないのです。

但し、何通も送ったりすると、面倒がられて逆効果なので、「程良いタイミングで1通だけ」にしましょう。


4.自分には今彼氏がいないということをさりげなくアピールしておく

なかなか男性が告白してこないのは、もしかしたら、あなたにもう彼氏がいるのかもしれないと思っているからかもしれません。
これではいつまで経っても告白されないので、その誤解を解いておく必要があります。

雑談の中で恋愛の話になったら、自分は今彼氏募集中であることをさりげなく言っておきましょう。

但し、「雑談の中で、さりげなく自然に言う」ということがポイントです。
あまりにガツガツしたニュアンスが伝わってしまうと、ドン引きされて幻滅される可能性が高くなります。

あくまで「自分は今フリーである」ということを、「情報の1つとして」彼の耳に入れておくということを目的としているのです。


5.「彼は自分のタイプである」というニュアンスの言葉を出す

なかなか告白してこない男性に告白してもらうためには、最後の一押しも重要です。
それは、「友達としてではなく、男としてあなたを意識しています」ということを匂わせることです。

彼と恋愛の話が出てきたら、さりげなく「あなたは自分のタイプである」というニュアンスの情報を伝えておきましょう。
この時、彼の目をまじまじと見て真剣に言うのではなく、あくまで雑談の延長として、さっぱりと言うようにしましょう。

「私から見て、あなたって凄く魅力的だと思うけど」といったようなセリフを、ちょっと冗談交じりでさっぱりと言ってみましょう。
それだけで十分、伝わるべきことは伝わります。

好きと言ってもらい友達モードから抜け出そう

こちらに対して明らかに好意があるのになかなか告白してくれない男性に告白してもらうためには、友達モードから2人共抜け出し、「異性として確実に意識する」という所まで行かなければなりません。

告白するのは男性だとしても、そこまで彼を連れて行くのは、実は女性の役目でもあります。

時間がかかることであるため、少し面倒に感じることもあるかもしれませんが、「駆け引きを楽しむのも醍醐味」と、前向きに楽しみながらトライしてみてください。