好きな人の前でキョドってしまう時の対策方法。冷静になれるようになろう

最終更新日:2016年3月20日

好きな人を前にすると、どうしても緊張してしまいキョドってしまうという人は意外と多いものです。

好きな人にキョドっている態度を見られるのもまた、嫌なものですよね。

そんな好きな人の前だとキョドってしまう時の対策をご紹介します。

1.好きな人にとって大勢の中の一人としか思われていない、と思う

好きな人の前に行くとどうしても緊張してしまうという人は、相手に気に入られたい思いやどう思われるか気にしていることが原因の場合があります。

そうした思いが前面に出てしまうことで、キョドってしまうことが増えて、余計に目立ってしまうことに繋がります。

対策として、好きな人の気持ちをまず考えること。

いくら自分が相手のことを好きだとしても、相手にとっては大勢いる人の中の一人でしかない、という気持ちを持つようにするだけでも、冷静を保つことが出来るようになります。

要は意識しすぎないように、相手の目線での自分を捉えることで、自分への特別な思いがないことを頭に入れておくのです。

相手の人も自分のことが好きかもしれないという可能性はもちろんありますが、それを意識してしまうことでキョドった態度が出てしまいます。

好きな人の前でも冷静を保ちたいのであれば、意識されていないということを頭に入れながら近寄るのが良いでしょう。


2.自分を自分で演じるようにする

好きな人には、こう思われたいという思いを抱いていることが多いでしょう。

その理想となる自分を、自身で演じることで、キョドった姿を見られなくて済む場合もあります。

まるで女優になったかのように、理想の自分を作り、こう思われたいと思う女性になりきるのです。

好きな人の前でキョドってしまうのには「こう思われるんじゃないか」という理想と違った見られ方をされることへの恐怖心が隠れていることも。

こうしたタイプの人は、自分を作って自分を演じるように徹底してみると、色んな意味で計算した接し方が出来るようになります。

理想とする人であればこう言うであろう、などと頭の中で描いている自分を演じることで、自分自身も気持ち的に楽になれる。

ただし、この対策方法を使用した場合、のちにその相手と恋愛関係になった時、素の自分を出すことの苦労がついてくる可能性もあります。

現時点ですぐになんとか解消したい、という場合に用いるのが良いでしょう。


3.目を見ないようにする

好きな人を前にすると、その人を意識しすぎて見てしまいがちですが、目を見ないように気を付けるだけでも、かなり効果があります。

目をみてしまうことで、相手が自分を見た瞬間に目が合ってしまい、余計に意識が高まりキョドってしまうという悪循環が生まれてしまうことも。

好きな人を見たい時は、相手が自分を見ていない時に。

そして相手が自分を見そうになったらあえて目をそらすようにすると、目が合うことによる緊張やドキドキを軽減することができ、キョドった言動も少なくなります。

この対策で何度も繰り返し経験を重ねていくと、徐々に好きな人に対する免疫がつくようになり、目があってもキョドることがなくなっていきます。

目の前にいる時、同じ空間にいる時は、相手のことを見すぎないで、まずはその場のその空気になれることを優先させて慣れることを目的としましょう。


4.シミュレーションをしておくこと

好きな人と関わらなければならない状態や、キョドってしまうことが目に見える場合には、ある程度シミュレーションしておくのが良いでしょう。

会話を想定してどのように返事するか、相手から話しかけられたらどう対応するかといったことを、事前に一人の時間の時に練習しておくのです。

シミュレーションをすることによって前もって色んな想定をすることが出来る為、困ったり不安な時にキョドったりするようなことが少なくなること。

またシミュレーションしているおかげで、一度状況確認が出来ていて、冷静さを保つことが出来る効果が期待できます。

急に、突発的に、といった状況で好きな人を目の前にしてしまうと、どんな人でも緊張してしまうもの。

そこでキョドった行動を相手に見られてしまっては「失敗した」と後で後悔してしまうことにもなるでしょう。

事前の気持ちの持ち方、練習、イメトレ、こういったことも効果が期待できるでしょう。


5.好きな人の周りの人とも仲良くしておく

好きな人の友人、周りの関わりある人と、自分自身が仲良くしておくことで、好きな人だけにいってしまう意識を分散することが出来ること。

そして、その周りの人たちによって助けてもらえる環境を作りやすいということがあります。

好きな人と二人きり以外の状況の場合、その場にいる他の人と関わりがあるとなれば、その人を挟んで会話をしたり接したりということが可能になります。

好きな人との間にクッション的な役割の人がいてくれるだけでも、キョドった行動が目立たなくなります。

共通の友人などいる場合には、その人に協力してもらったり、常に一緒に居てもらうようにするだけでも安心感に違いがあります。

どうしても好きな人の前だとキョドってしまうという場合、その行動がなくなるまで、共に好きな人の所に居てもらうと緊張が和らぐことでしょう。

好きな人の前でのキョドりを減らしていこう

好きな人の前だと少なからずキョドってしまうのは誰にでもあることです。

ただ、それが行き過ぎていると、好きな人から変な目で見られてしまったり、距離を置かれてしまったりと、マイナスのイメージを持たれてしまうこともありますよね。

好きな人に好かれたいと思う気持ちがあるのは当然ですが、それを意識しすぎることで変な行動になってしまうことも多々あります。

意識の持ち方を変えたり、練習をしておくなどすると、キョドった行動が減っていくことでしょう。