好きな人にLINEしたい時の話題

最終更新日:2015年8月18日

好きな人にLINEを送りたい時にどんな話題を送ったら良いか迷ってしまいますよね。

こんなこと言ったらどう思われるかなと迷ってしまい送るのを躊躇してしまいます。

会話を続けたいのに会話が終わってしまったり、好きな人だからこそ上手く会話が出来なかったりします。

好きな人LINEを送りたい時に使える話題をご紹介します。

1.以前会話した内容からヒントを得る

いきなり何のつながりもない話題を送るのは送りにくいので、以前会話した内容の話題を思い出してその話題をしましょう。

例えば以前に美味しいランチのお店の話をしていたとします。

そういう場合は「こないだ話していたランチのお店の名前って何でしたっけ」などを送ってみましょう。

以前した会話の内容なら不自然にならず会話をすることができますし、相手と共有している話題なので一方的な会話にならずお互い楽しく会話が出来ます。

会話の中で「そのお店行ってみたい」と言ってみるのも良いです。

もしかすると「今度一緒に行こう」と言ってくれるかもしれません。

どんな会話をしたか思い出してLINEをしてみましょう。


2.お互い共通して知っている人の話題

同じ職場であれば、例えば「あの人って怒ると恐いですよね」など。

注意しないといけないのは、つい悪口を言いたくなりますがほどほどにしましょう。

悪口を言って盛り上がる相手もいますが、中には不快に思ったり、悪口を言う女性の印象が悪くなってしまうこともあります。

相手の反応をみて会話をしてみてください。

悪口でなく「あの人凄いよね」など褒める会話もオススメです。


3.悩み相談系

悩み相談系はいろいろな場合に使えて便利です。

共通の話題なども少ない場合にも使える話題です。

例えば自分の仕事の悩みの相談であれば「最近仕事で悩んでいて、こういう場合○○さんならどうしますか?同じ職場の人には相談しにくいですし、何でも器用にこなす○○さんならどうするのかなと思って。突然すみません」など。

相手からすれば自分を頼りにしてくれているということで嬉しいですし、器用にこなすと思われているのは悪い気はしません。

あと悩みを自分に打ち明けてくれたというのも嬉しいですし、二人の距離がぐんと縮まるのでとてもオススメの話題と言えるでしょう。


4.パソコンやスマートフォンの設定など、使い方を教えてもらう

パソコンの苦手な女性は多いです。

男性はパソコンが得意な人が多いですよね。

それを利用しちゃいましょう。

例えば「○○さん、パソコン得意でしたっけ?こういう場合どうしたら良いかわかりますか?私パソコン苦手で」など。

相手からするとパソコンが得意であれば自分が役に立てるということで張り切って教えてくれるでしょう。

説明が苦手であれば写真を送りどんな状態が伝えるとわかりやすいです。

会話も続きますし、もしかすると「今度見てあげるよ」など嬉しい返事が返ってくるかもしれません。

そういう場合はラッキー。

二人で会えるきっかけにもなります。

女性からいきなりご飯に誘うのは勇気がいりますが、これなら自然に二人で会うことが出来ます。


5.SNSにあげている内容

これはSNSにコメントを書き込むのではなく、相手のあげているSNSの内容に対してLINEでメッセージを送るということです。

コメントで書くとみんなに見られてしまいますが、LINEなら二人だけの会話をすることができます。

SNS上だと相手の返事も上辺だけになりがちですが、LINEだともう少し親密な会話をすることができます。

そして何と言っても相手の興味がある内容なので一方的な会話にならず会話を楽しむことができます。

好きな人がSNSをやっているなら教えてもらってチェックしましょう。


6.良くない話題と注意点

好きな人にLINEをするときに良くない話題もあります。

相手に不快を与える話題は避けなければいけません。

どういう話題が良くないかと言うと、「今どこにいるの」「今何してるの」「今日の予定は」など相手の行動やプライベートに突っ込み過ぎていて、束縛されているような印象ですし、ストレスを与えてしまいます。

好きな人が何をしているのか気になりますが、これでは一方的な会話です。

もう一つ注意する点は、スタンプを送りすぎない。

LINEの使い方は年代や環境によって様々です。

友達同士いつもスタンプを連打して楽しんでいるからといって、好きな人にもスタンプを送っても、その相手はそのノリが分からない場合がほとんどです。

「何?」と返事が返ってくるなど冷たい反応になってしまいます。

更にLINEで注意しないといけないのは、相手の返事を待たずに沢山メッセージを送るのはやめましょう。

相手は忙しいかもしれませんし、面倒と思われては元も子もありません。

相手に迷惑がかからないよう配慮しましょう。

好きな人とLINEで盛り上がろう

好きな人にLINEを送りたい時に使える話題をご紹介しました。

あまり深く考えすぎると送れなくなってしまうので以上のことを踏まえて、まずは短い文章で送ってみることをオススメします。

長い文章は相手も長い文章を送らなくてはいけなくなります。

相手が職場関係の人なら、仕事モードから離れるために少し絵文字なども入れて送ると仲良くなれますよ。

勇気を出して好きな人にLINEをしてみましょう。