すれている性格な人の特徴とは

人の特徴最終更新日:2017年4月20日

「すれている人」とは、あまりにも世の中の厳しさに揉まれ過ぎてしまったために、あまり良くない知恵をつけ過ぎた人のことを言います。

すれた性格がいき過ぎると、周囲の人が引いてしまい、好感を持たれなくなってしまうこともあります。

では、すれている性格の人とは、具体的にどのような特徴を持っているのでしょうか。

1.異性に対して一切物怖じしない

すれている性格の人は、異性に対して一切物怖じしないということが大きな特徴です。

私たちは、ある程度年齢を重ねても、初対面の異性や好きな異性の前では、多かれ少なかれ緊張してしまうものです。

しかし彼らは、多数の異性と深い関係になったという経験があり過ぎるがために、異性を前にした時、全く恥じらいがありません。

どんな異性の前であっても、動じることなく、堂々と接することができます。

相手が年上であろうと、社会的値が高い人であろうと、彼らにとっては全く関係ありません。

そのあまりにも堂々とした姿に、相手の方が動揺してしまうこともあります。

その姿を見た相手から「恥じらいがなさ過ぎて可愛げがない」「過去に遊び過ぎたがために、これだけ堂々とできてしまうのだろう」と思われることもあります。

その結果、好感度を下げてしまうという場合もあります。

2.目上の人に対して、平気で生意気な態度をとる

すれている性格の人は、目上の人に対しても、平気で生意気な態度をとってしまうということが特徴です。

彼らは、あまりにも様々な人間関係に揉まれ過ぎてしまったため、人と接することを恐がらない傾向があります。

「どんな人に対しても、とりあえずぶつかってみる」という行動を、色々なタイプの環境の中でしてきた経験が多いため、全く物怖じせずに自分の意見を堂々と述べることができます。

時には、相手を打ち負かしてでも自分の意見を通そうとすることもあります。

その相手が、自分よりも年齢や地位が上であっても、彼らにとっては関係ありません。

彼らがこのようになってしまったのは「どんな環境においても、勝ち残らなければならない」というプレッシャーから解放されることのないまま生きてきたからです。

「相手が恐いから」「人に意見することに抵抗があるから」という理由で引き下がることなど、許されない環境にいたのでしょう。

そのため、どんな人を前にしても「真っ向から強気でぶつかる」という行為に慣れてしまったのです。

3.チヤホヤされることが当たり前だと思っている

すれている性格の人の中でも、華やかで目立つタイプや容姿が優れているタイプの人は、チヤホヤされることが当たり前であると考えてしまう傾向があります。

彼らにとっては「人から憧れられない自分」や「多くの人に取り囲まれない自分」など考えられません。

常に見上げられる存在であることが、彼らにとっては当たり前です。

そのため、人からチヤホヤされなくなると、途端に機嫌が悪くなり、あからさまにそれを態度に出します。

そして、自分の機嫌を取るよう、周りの人に無言のうちに求めるのです。

彼らは、人からチヤホヤされるということに慣れているせいか、多くの人の前でも常に堂々と振る舞うことができます。

むしろ彼らにとっては「多くの人から見られている」という状態が、一種の快感であるとも言えるでしょう。

4.あからさまな損得勘定で、付き合う人を選ぶ

すれている性格の人は、自分が確実に得をすることだけをし、損をするようなことは決してしません。

このことは、彼らの交友関係にも色濃く反映されています。

彼らは「付き合うことで自分の得になる」と判断した人とだけ付き合います。

友達であっても恋人であっても「付き合って得な人」ばかりを意識して選びます。

そのため、相手の職業や年収ステータスなどを必要以上に気にする傾向があります。

彼らは、自分にとって損になる人とは絶対に付き合いません。

今まで親交があった人であっても「この先付き合い続けたら損をする」と判断した瞬間、いきなりその人との交友関係を切り捨ててしまうこともあります。

しかし、そのようなことをしても、彼らには全く罪悪感がありません。

5.内心、人を見下しているという場合が多い

すれている性格の人は「自分はあらゆる環境で様々な人生経験を積んできた」ということに、密かな自信を持っています。

そのため、自分と同じような経験をしたことがないという人を「自分より劣った存在」とみなし、見下してしまう傾向があります。

彼らは、世渡りは上手なので、一見すると相手を立てるような物言いや態度で人に接します。

しかし「丁寧な態度や敬語で接しているにも関わらず、どこか上から目線の雰囲気が漂う」と感じさせてしまいます。

彼らの態度は「形だけを取り繕ったマナー」であることが多いからです。

それを敏感に察知した人は、彼らに対して嫌悪感を抱き、気分を悪くしてしまうでしょう。

すれている性格な人の特徴を知ろう

すれている性格の人は、あらゆるタイプの環境や人間関係の中、休むことなく必死で闘い続けてきたという経験の持ち主です。

そのような苦労をし過ぎてしまった上に、そんな自分に自信を持ってしまったがために、上から目線なものの見方をしてしまったり、どこか生意気さを感じさせる態度で人に接したりしてしまいます。

そのため、敵を作ってしまう場合も少なくありません。

しかし「物事に動じず、いつも堂々としている」という彼らの美点を上手に活かせば、大きく成功する可能性も高いと言えるでしょう。

 

    「すれている性格な人の特徴とは」への感想コメント一覧

  1. 1. メロン2018/05/29(火) 20:31

    自分にも当てはまることがあるかなと感じました。特に人を見下すことはよくあります。気をつけないといけないなと感じます。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/06/28(木) 12:34

    「すれている=世の中を冷めた目で見ることができる」と認識していたので、勉強になりました。

  3. 3. ぴよまる2018/08/28(火) 16:38

    本当に私のことだと思って驚いています。こんな言葉があったなんて。信じられない。最悪な気分です

この記事への感想を書く