スリッポンのオシャレな履き方7つ

最終更新日:2015年8月29日

「オシャレは足元から」という言葉があるように、靴はコーディネートの中で重要ポイント。

今流行りのスリッポンも形などによって、服装の組み合わせを考えないと、ナンセンスなものになってしまいます。

今回はそんなスリッポンのオシャレな履き方についてご紹介します。

1.インヒールタイプにはミニ丈を合わせる

インヒールタイプのスリッポンをオシャレに履きこなすには、ミニ丈のボトムスがオススメ。

インヒールタイプは脚を長く見せる効果があるので、ミニ丈で更に脚を強調する。

スリッポンに大きなリボン紐がついていると、足首も細く見えてオシャレです。

また、普通のパンプスやヒールを合わせるより、カジュアルにまとまるので、派手過ぎる事もありません。

また、紐を本当のリボンに変えてみるのも効果的です。

フワフワとしたシフォン素材のようなリボンだとオシャレ感が増します。


2.ワンピースなら総レースのフラットスリッポン

マキシワンピースやドレッシーなワンピースには総レースのフラットスリッポンを合わせると、大人感がより際立ちます。

スリッポン自体がゆるいカジュアル感がありますが、総レースのもので特に黒色のものは、カジュアルさというよりドレッシー感があります。

また総レースな為、通気性もよく素足で履けるので、リゾートマキシワンピースにはピッタリです。

クラッシュデニムパンツをロールアップして、白色の総レーススリッポンを合わせると爽やかな感じの中に女性らしさも感じさせます。

総レーススリッポンはエレガントな感じに履くとオシャレが際立ちます。

3.スニーカータイプはクロップドが合う

カーゴパンツのクロップドではなく、普通のクロップドボトムスにスニーカータイプのスリッポンを合わせると、スタイリッシュにまとまります。

リボン紐や少し太めの紐がクロップドして少し見えている足元を引き締めてみせてくれます。

カーゴパンツにはデッキシューズタイプのスリッポンの方がうまくまとまります。

カーゴパンツ自体がサスペンダが付いていたり、パケットなども多くつけられているのでボリュームがあるので、スリッポンがボリュームがあるものだとボテッとした感じになり、オシャレには見えません。


4.レギパンはオールマイティ

レギパンにはどんなスリッポンもうまく合わせる事ができます。

レギパンは脚にピッタリ密着していて、踝まで丈がありますので、インヒールスリッポンを会わせれば脚が長く見えます。

また総レーススリッポンであればリゾート風なオシャレ感、スニーカータイプであれば、活発的なカジュアル感、デッキシューズであればクラッシュデニムパンツを合わせて、ゆる感でオシャレにまとめる事ができます。

5.厚底スリッポンはガーリーに決める

厚底のスリッポンはガーリーに決めるのが良いでしょう。

パステルカラーのフレアスカートなどにグレーなどの薄い色の厚底スリッポンを合わせる。

やわらかい可愛らしいイメージになります。

またソックスも踝の少し上辺りまでの丈でレースやフリル付きのものを履くと、よりオシャレなガーリーコーディネートになります。

厚底タイプのものでフェルト素材のものだと、スッキリしているのでガーリーな中にも抜け感のあるオシャレが表現できます。


6.先の尖ったスリッポン

先の尖ったスリッポンは、ワイドパンツの7分丈などを合わせると、大人感で締まってみえます。

この場合は素足で履いた方が大人格好いい感じにまとまります。

また、ワイドパンツをベースが黒色でストライプが細い白色のものにした時、白色の先の尖ったスリッポンを合わせると、より格好良くまとまります。

このスリッポンは大人格好いい感じを出したい場合には最適で、見た目も1番オシャレに履けるスリッポンです。

7.派手なカラーで目立たせる

赤や青といった、一見ド派手なカラーのスリッポンもオシャレに履けます。

スリッポンのカラーが濃ければ濃いほど、足元は強調されます。

そして、トップスとボトムスとスリッポンで3色だけでまとめる事。

これだけでグッとオシャレになります。

濃いカラーのスリッポンを履きこなすには、トップスやボトムスは薄めのカラーでまとめる事です。

そうすると、全体が締まってみえてオシャレに履く事ができます。

スリッポンをオシャレに履くには、合わせる服も重要ですし、逆にスリッポン自体の形やカラーなども大事です。

組み合わせを間違えるとオシャレとは言えず、ただの楽チンシューズとしてしか見えません。

スリッポンはヒールなどのように高価に見えるものではないので、如何に格好良く、スマートにエレガントにみせるかです。

ですので、かかとを踏み潰して履いたり、不用な靴下を履いたりするのは到底オシャレには見えません。

そして、服に負けないようなスリッポンを合わせる事。

スリッポンをオシャレに見せよう

服よりスリッポンを目立たせるのがオシャレにみせるポイントでもあります。

服でスリッポンを選ぶのではなく、スリッポンを基準に服をトータルコーディネートしてみてはいかがでしょうか?