タイツを穿くとパンプスが脱げてしまう時の対処法。シューズバンドや中敷きでパンプスが脱げるのを防げる

自分磨き最終更新日:2019年7月10日

防寒対策にはタイツやストッキングが必須ですよね。

しかしそれらを穿く時に困るのが靴との相性です。

タイツやストッキングを穿いていると、靴の中で足が滑ったり、歩くうちに靴が脱げてしまうこともあります。

スニーカーのように足全体を包んでくれるものなら安心ですが、カジュアルな場ばかりではないし、やはりパンプスを穿く機会は多いものです。

そんな時に役立つタイツ着用でパンプスを穿くと脱げてしまう時の対処法をご紹介します。

シューズバンドを使う

足の甲から靴の底までを巻いて止める「シューズバンド」をご存知ですか?

シューズバンドは足と靴をしっかりと固定してくれるもので、靴脱げを防止してくれます。

また、サイズの大きいパンプス等がパカパカするのも防いでくれるため「靴が脱げるというほどではないしかし少し大きいサイズなので歩きにくい」という方にも効果があります。

今はタイツや靴の色に馴染んで分かりにくいシューズバンドや、反対にビジューやリボンがついていてデザイン性の高いシューズバンドも出ているので、色や素材等、靴や洋服に合わせてコーディネートし、オシャレを楽しむことができます。

そのためオフィス用に買った少し地味なパンプスも、リボンやビジューのついたシューズバンドを使えば華やかなパンプスになり、女子会などに穿いていけたりもできます。

このようにシューズバンドを買っておけば、タイツやストッキングの滑り防止にもなったり、サイズが大きいパンプスでも歩くことが簡単になり、さらには1つのパンプスが様々な場面で使えるようになります。

これを機会にぜひ手に入れてみましょう。

ただ、足の甲の厚さとシューズバンドの大きさによって、中にはずっと着用していると痛みを感じてしまう人もいるので充分に検討してから購入するようにしてください。

中敷きを敷く

タイツやストッキングを着用すると靴が脱げやすくなる原因は、歩く際に足が前滑りしてしまい、かかと部分に隙間ができるためです。

それを防いでくれるのが「中敷き」です。

中敷きは靴のサイズ調整をしてくれるためだけのものだと思っていませんでしたか?

実はそれだけではなく、滑り止めの役割を果たしてくれるものも多くあります。

靴の底全体に敷くタイプや、つま先部分に張り付けるタイプなど、いくつか種類はありますが、中敷きの足が触れる部分に滑り止め防止のつぶつぶがついているものを選ぶのがオススメです。

つぶつぶがタイツやストッキングをしっかりキャッチしてくれるので、滑って脱げ落ちてしまうことが少なくなります。

また、最近では抗菌防臭効果がある中敷きも多く販売されています。

滑り止め効果かつ抗菌防臭効果のある中敷きを選べば一石二鳥です。

中敷きは100円ショップなどでも簡単に手に入るので、ぜひ色々と吟味して試してみてください。

かかと用クッションを付ける

中敷きの一種として取り扱われることもありますが、靴のかかと部分に張り付けることで、靴のサイズ調整をしたり、靴擦れを防止するクッションタイプのものもオススメです。

「タイツやストッキングとパンプスを併用したらよく靴が脱げてしまう。かといって薄い中敷きで対策をして靴が脱げないようになったら今度は靴擦れをしてしまうようになった」という方には、もってこいのアイテムです。

かかと部分に隙間ができるのを防ぎ、滑り止め効果もあるものを選べば、靴脱げ防止にもなり、両方の悩みをたった1つのアイテムで解消できます。

ただ、クッションというだけあって少し厚みがあるものなので、パンプスによっては靴の中だけに収まらず、はみ出してしまうこともあります。

靴が脱げなくなったり、靴擦れの痛みがなくなったりしたとしても、歩いているときに周囲の人にクッションがはみ出しているのを見られてしまうのは少し恥ずかしいですよね。

そのため、あらかじめどのパンプスにクッションを使おうと思っているのか、実際に歩いてみてクッションがはみ出してしまわないかなど、しっかり確認して購入するのをオススメします。

ストラップ付きのパンプスを選ぶ

パンプスを選ぶ際にストラップ付きのデザインのものを選ぶのも、靴脱げ対策の有効な方法の1つです。

ストラップ付きのパンプスは足の甲やくるぶしで足と靴をしっかりと固定してくれるので、靴脱げを予防してくれます。

靴脱げを防止してくれるだけでなく、リボンがあしらわれているストラップやレース調になっているストラップがついているパンプスは、それだけで可愛らしくてテンションが上がりますよね。

ストラップのついていないシンプルなパンプスも洗練されていて素敵ですが、もうひと手間かかったオシャレをしたいときにはリボンなどのストラップ付きパンプスがオススメです。

タイツやストッキングを穿いたとき用にも、さらにオシャレをしたいとき用にも役に立つパンプスです。

着脱の際にもひと手間はかかりますが、ワンタッチで付けられるストラップがほとんどなので、あまり気になることもありません。

最近では、元々はストラップの付いていない靴でも、ストラップ付きの靴にリメイクしてくれるお店もあります。

「今のパンプスのデザインに飽きてきたけどまだ捨てるのは勿体ない」という方なら気分転換にもなりますし、なおかつ靴脱げに困っている靴があればチェックしてみましょう。

滑り止め付きのタイツやストッキングを選ぶ

中敷き等での滑り止め対策のほか、タイツやストッキングの方に滑り止めがついたものを選ぶというのも対策のうちの1つです。

得られる効果は中敷き対応と同様ですが、お店等に靴を脱いであがり、フローリング等の滑りやすいところを歩く時にも、滑り止めが効果を発揮するという利点があります。

よく滑って転びそうになった経験はありませんか?

転ばずに「危なかった」で終わってしまえばまだいいですが、実際に転んでしまえば痛いし目立ってしまって恥ずかしいし、できれば避けたい経験ですよね。

特にお酒の席などでは余計に足元がふらつきやすいので、この滑り止めが役に立ちます。

このように、滑り止め付きストッキングやタイツは、靴脱げ以外にも効果があって良いこと尽くしです。

滑り止めがストッキングやタイツ自体についているなんて、少し恥ずかしいと思う方もいるでしょう。

滑り止めのつぶつぶが目立ちにくい色のものや、逆につぶつぶの1つ1つがハート型になっていて可愛いものも結構あります。

実用性だけでなくデザイン性にも富んだ万能な滑り止め付きストッキングやタイツ、ぜひ検討してみてください。

タイツ×パンプスコーデを楽しもう

タイツやストッキングは寒さ対策だけではなく、寒い季節に楽しめるオシャレでもあります。

でも、せっかくオシャレに決めても、歩くたび足がずりずり前滑りしていたり、靴が脱げてしまったりしては台無しです。

靴脱げ防止グッズは、靴屋さんやホームセンター、デパート、通販等などで取り扱いがあるので、自分にあったグッズを取り入れて、もっとタイツ×パンプスコーデを楽しみましょう。

 

    「タイツを穿くとパンプスが脱げてしまう時の対処法。シューズバンドや中敷きでパンプスが脱げるのを防げる」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/22(火) 19:55

    パンプスが脱げると非常に恥ずかしです。実際恥ずかしいおもいをした事があります。中敷きやかかと用クッションで防げるとは知りませんでした。実践したいと思います。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/30(水) 13:48

    滑り止め付きのストッキングがあることを初めて知りました!子どもと一緒に行動するとどうしても小走りになりがちなので、やっぱりストラップがあるパンプスに踵クッションが現実的なのかな。

  3. 3. ひみつ2018/06/07(木) 13:25

    滑り止め付きストッキングなんてものがあるのですね。少々価格が高そうですが参考になりました。

  4. 4. 名無しのイケジョさん2018/06/08(金) 13:30

    パンプスを履くときもそうですが、サンダルを履くときも場合によってはストッキングを履かなければならないことがあり、中で足が泳いでしまいます。
    色々参考になしてみたいです。

  5. 5. 名無しのイケジョさん2019/04/02(火) 21:33

    それでも滑るからどうしようと思ってたら…

この記事への感想を書く