友達にイライラした時の対処法。イライラする友達との付き合い方

最終更新日:2015年8月9日

あなたの周りに、話していて楽しいけれど何気ない一言や行動にイラッとしてしまう友達はいませんか?本人に悪気がない場合は指摘もしづらく、ついつい我慢してしまいますよね。

とはいえ、我慢は体に良くありません。

ではイライラする友達に対して、どのように対処したらよいのでしょうか。

1.イライラしたことを伝える

無神経な性格の持ち主は、自分が人をイラつかせていることに全く気がついていない場合があります。

そんな友達には、あなたの言葉や発言にイライラしたということをきちんと伝えてあげましょう。

とはいえ、いきなりケンカ腰になっては相手も困惑してしまいます。

冗談を言うような感じで笑い、「ちょっと今イラッとしたんだけど」と伝えれば、雰囲気が重くならずにイライラしたことを伝えることができますよ。

人の気持ちを察するのが苦手な人相手には、怒りを溜めこんでいても良いことがありません。

こちらの気持ちを伝えないでいるうちは、いつまでも無神経な発言でイライラさせられることになります。

だから、どこかで自分は人をイラつかせていると気づかせてあげなければならないのです。

怒りを飲みこんで我慢するより、イライラした都度それを伝えるようにすれば、相手も自分の言葉や態度を考え直してくれるでしょう。


2.自分にとってその友達が必要かどうか考える

いつもイライラさせられる友達がいる人に質問です。

イラつきながらその友達と付き合っていて、本当に楽しいですか?もしもある友達にイライラしっぱなしだという人は一度距離を置き、その人が自分にとって必要な人物なのか、一度よく考えてみましょう。

相手は自分のことを大切に思ってくれているのか。

もしかしたらその友達は自分を「どうでもいい人」と見なしているから、わざとイライラさせるような言動をしたり態度をとっているのかもしれませんよ。

友達が自分のことを大切に感じているのならともかく、そうでなければ、傷つけられてイライラしながら一緒にいる必要は全くありません。

徐々に付き合いの頻度を減らし、そのまま友達を止めてしまってもよいでしょう。

人をイライラさせる人物は、無意識で行っている場合と故意に人をイラつかせている場合に分かれます。

もしわざと人をイラつかせるような友達なら、こちらが大切に思われていないのは明確ですので、さっさと縁を切って下さいね。


3.友達を子供だと考える

周囲の人間をイライラさせることの多い人は、それだけ自分の言葉や感情をコントロールできていないということ。

中身が大人な人は、そう周りを振り回したりしないものです。

頻繁にこちらをイライラさせる友達がいるのなら、「幼稚で格好悪いな」と上から目線で見守ってあげましょう。

幼い子供に不満をぶつけても逆切れされるだけ。

そんな友達に言葉や周囲に対する態度を注意しても反論されることはあれども「分かった、これからは気をつけるね」なんて大人しく謝罪することはあり得ないのです。

イライラする友達を、放っておくのもまた大人の対応。

適当にあしらって本人を満足させたら、あとは近寄らないでおきましょう。

一時のイライラを我慢すればそれ以降は嫌な思いをしないので、いちいち何か口を出すよりも無難な対処法ですよ。


4.反応しない

わざと相手の怒りを買うようなことを言う人物は、それに対して反発されることを何よりも面白いと感じています。

そんな友達が周囲にいるのなら、反応しないのが一番。

どんなに気に障ることを言われても、「ふーん」「へー」などとやる気のない冷たい態度で返しましょう。

こちらが怒ることを予想していたその友達は、適当な返事を返されるとムキになって色々な言葉で応戦してくるはずです。

しかしそれに対しては反応せず、さっさと会話を切り上げてしまってOK。

その友達が相手を怒らせる目的で話をしていたなら、このような適当な応対が一番気に障ります。

こちらをイライラさせるつもりが逆に自分がひどくイライラする結果となるため、大した労力も使わずに仕返しをすることができますよ。

あからさまに挑発していると感じたなら、決して乗らないこと。

友達にイライラしそうになったらぐっとこらえ、まともに相手をしないという対応に切り替えましょう。


5.何もなかったことにする

友達にイライラした時、いつまでもその怒りを引きずっていませんか?言われて腹が立ったこと、されて嫌だったことを長く考えていると自分の中でその怒りが倍増し、余計にイライラしてしまいます。

よって友達にイライラした時は、何もなかったことにしてしまいましょう。

怒りを覚えた瞬間に頭の中を無にしてしまえば、少なくともこれ以上怒りを増加させることはありません。

自分をイラつかせた友達のことをずっと考えていても、その怒りが収まるのはずっと先の事。

精神力を使うのなら、それは嫌な出来事を脳内で繰り返すことに対して使ってはいけません。

それよりも頭をからっぽにし、その友達のことを心から追い出すことに神経を集中させましょう。

腹が立つ友達のことをいつまでも考えないのが、心の安定を保つ最大のポイントだと言えますね。

友達にイライラしたとしても衝突しないように対処しよう

いちいち気に障ることを言う友達には困ったものですよね。

とはいえイラつく度に衝突しては周囲に「怒りっぽい人」だと勘違いされて、他の友達も離れていってしまうかもしれません。

今回ご紹介した対処法は、いずれも友達と衝突せずに済むものばかりなので、試してみる価値はあるはず。

友達にイラッとした時は、是非活用してみて下さいね。