友達とケンカした時の仲直り方法4つ

最終更新日:2015年10月16日

友達とケンカしてしまうと、一人になってから落ち込んで色々と反省してしまうものでしょう。

でも友達との縁はやはり大事にしたいと思った時や今までみたいに仲良くしたいと思った時に、仲直りしたいと強く思うものです。

友達とケンカしてしまったら、どのように仲直りすればよいのでしょうか。

1.すぐに直接謝る

ケンカをしてしまったら後悔することを分かっていた場合には、すぐに自分から直接謝るのが一番です。

そのケンカの内容にもよりますが、大抵ケンカになる時には、お互いに何かしら原因があることが多いもの。

自分が意地を張っていたケースや、自分の失言によるもの、自分の態度が悪かったなど、思い当る所はありませんか?自分が少しでも悪い点があったと思ったのなら、その場ですぐに直接謝った方が解決に時間がかかりません。

またかなり気を許している友達であれば、冗談っぽく流すこもあります。

ケンカが長引くのが嫌な人、一人で悶々と考えるのが嫌な人は、時間が経たない内に謝ることが良いでしょう。

またケンカは時間が経つほど相手との関係性に溝が出来てしまうものです。

そうした面でも、仲直りするためにはすぐに、直接といった形が有効的です。


2.LINEなどで文章にして謝る

友達という間柄だと、ぶつかることが出来ても、素直に寄り添うといったことを照れてしまう人もいます。

そうした人の場合には、LINEなどを使って、自分の気持ちや思いを文章にして送ることも仲直りの方法です。

ケンカに至ってしまったことに対する自分の気持ち、本当は仲直りしたいという気持ち、その友達への思いの強さといったものを、文章でまとめて送ることで、相手側も冷静になって読んでくれるはずです。

文章を作って気持ちを伝えることで一番のメリットは、その文章がいつまでも残るという点です。

言葉で言われた時はすぐに忘れてしまうものですが、このように残るものに気持ちを載せることによって、相手が何度も読み返すことが出来ます。

相手がどんな風に思っていたのか、なぜケンカしてしまったのか、自分自身も考え直すきっかけとなることでしょう。

このような場合には、相手もきちんと向き合って返事をしてくれるケースが多いです。

文章にすることによって、相手の真剣な気持ちや真正面から想いをぶつけてくれたことが伝わりやすいからです。

相手の返信によって仲直りが出来たなら、そのLINEやメッセージはその後も残しておいた方が良いでしょう。

いつかまた何かでケンカしてしまった時、そのメッセージを見返して、相手の思いを確認することが出来ます。

二人の関係を維持するためにも、御守りのような役目をしてくれることでしょう。

3.何事もなかったようにいつも通り誘う

長年友達関係でいたり、些細なケンカが日常茶飯事な場合には、何事もなかったかのように接するのも一つの方法でしょう。

お互い根に持つタイプではない場合や、ケンカがいつものことだと割り切れるような関係性であれば、特に問題ありません。

今まで通り、会いたくなったり遊びたくなったら、普通に連絡を取る。

こうして自然と仲直りに至るケースも少なくないのです。

このケースに多いのは、幼馴染といったような相手の事をすべて理解している関係性であるということ。

お互いの気持ちや考えを理解している関係性が前提としてある為に、ケンカも出来るのかもしれません。

ただ、自然と仲直りという形になったとしても、ケンカをしたことの原因や内容は決して忘れないようにしましょう。

同じことをして友達に不快な思いを何度もさせていては、いくら絆が深い関係性とはいえ亀裂が入ってしまうこともあります。

またこうした関係性であるからこそ、亀裂が入ってしまうと二度と修復できなくなってしまうことも意外と多いのです。

親しき中にも礼儀あり、という言葉を胸に、ケンカを一つの経験と捉えて、次のケンカに役立てるようにすると良いでしょう。


4.時間が解決してくれるのを待つ

お互いに仲直りしたいと思っていても、頑固だったり、素直になれないタイプがそろってしまうと、なかなか仲直りするきっかけが掴めません。

こうした時、意外と時間が解決してくれるケースもあります。

ケンカした直後はお互いに会いたくない気持ちや、素直になれない自分に苛立ち、仲直りするためにどうしたら良いのかすら分からなくなってしまいます。

あえて時間をかけて冷静さを取り戻し、ケンカした内容や原因に対して何も思わなくなるまで、距離を置くということも方法です。

いずれはどちらかがきっかけを作る必要がありますが、まずは頑固な考え等が消えるまでは時間を置きましょう。

お互いに気にしなくなった時期を見計らって「この間はごめんね」と伝えるだけで、案外簡単に仲直りすることが出来るものです。

友達と仲直りをしよう

自分の性格や友達のタイプによってもケンカに対する意識は違うことでしょう。

すぐにでも仲直りしたいと思う人もいれば、しばらくは顔も見たくないと思う人も。

そうした性格やタイプに合わせて、仲直りの方法を選ぶのも大切なことです。

いつかは必ず仲直り出来るということを信じることが何よりも大事な気持ちでしょう。

どの方法があっているのか、友達との普段の関係性から判断してみてください。