友達をなくしてしまう人の行動とは。友達がいなくなる理由を知ろう

人の特徴最終更新日:2018年4月28日

気がつくと友人を失ってしまっている、なぜか友達が少ない、このような人もいるのではないでしょうか。

ケンカなどのわかりやすい理由で友人を失うのであればともかく、いつのまにか友達を失ってしまっているのであれば、その人の言動にどこか問題があるといえます。

では、このように友達がいなくなってしまうのは、どのような言動が影響しているのでしょうか。

今回は、友達をなくしてしまう人の行動や特徴をご紹介します。

1.自分勝手な振る舞いが多い

友達をなくしてしまう人の行動として、自分勝手な振る舞いが多いといえます。

自分勝手な振る舞いは嫌われる原因になることがほとんどであり、多くの人は我慢の中で人間関係を維持しています。

それにもかかわらず、自分勝手な行動をしている人がいるのであれば、友達でいることをやめようかなと思うことでしょう。

友人関係はお互いに尊重しているからこそ成り立つのであり、片方が思い遣りをなくせば簡単に崩壊してしまいます。

このように自分勝手な振る舞いが問題となるのは、友人として付き合っていくのに損をしてしまうからです。

自分勝手な振る舞いをする方は好き勝手できるので満足ですが、一緒にいる友人はどのように思うでしょうか。

なんで自分が我慢しなければならないのだろう、自分だけを損をしている、などと考えてしまいます。

すると、友人でいる必要を感じなくなったり、魅力を感じなくなるので、簡単に友達を失ってしまいます。

2.嘘をついてしまう

友達をなくしてしまう行動として、嘘をついてしまう人だといえます。

嘘をつくことは評価を下げる行動であり、例え友人といえども関係ありません。

友達でも嘘つきは許せないと考える人は多く、嘘をついてしまうことで失う友人は多いといえるでしょう。

中にはこの程度の嘘であれば問題ない、大したことないと思う人もいるかもしれませんが、些細な嘘でも信用というものを簡単に失っていくのです。

嘘を付くことで友達をなくしてしまう理由としては、嘘つきは信用されないからです。

最初は小さな嘘でもだんだん大きくなってしまうことも考えられ、どんな嘘でも嘘は嘘です。

嘘をついた本人は大したものじゃないと甘く考えがちですが、嘘をつかれた側としては非常に腹立たしいものであり、友人であることをやめるのには十分な理由だといえます。

このように、嘘つきは友人をなくしやすく、些細な嘘でも嘘は嘘です。

3.約束を守らない

友達をなくしてしまう行動としては、約束を守らないことだといえます。

約束をする時には友達だから約束することも多く、普通であれば約束しないことも、友達という関係性だから成り立つことも多くあります。

これは相手のことを信用しているからこそ成り立つものであり、友人であるには信用は必須だといえます。

しかし、約束を守っていない人であれば、友人関係はどうなってしまうでしょうか。

友達だからといって信用していたのに裏切られてしまえば、非常にショックを受けるはずです。

このように、友達という関係性は非常に重要な関係性であり、信用と直結しています。

そのため、約束を守らない人は友達をなくしてしまいやすく、信用できない人間とは友達でいることができません。

4.自分から行動を起こさない

友達をなくしてしまう行動としては。

自分から行動を起こさないことです。

友達を作っていくなかでたまにいるのが、自分からは何も行動を起こさない人です。

遊びにいくときも何も意見は言わない、物事を決めるときも従うだけ、このような人は要注意だといえます。

自分から行動を起こさないことが問題なのは、一緒にいて楽しくないと思われてしまうからです。

人に従うだけの人は一緒にいて楽しい人間だとは思えず、ただ周りにくっついているだけの印象しか持たれません。

そのような人と友達でいることは非常に疑問であり、友達でいる理由がよくわからなくなってしまいます。

とりあえずいつも一緒にいるから、という理由だけでは、友達で居続けることはできません。

5.悪口が多い

友達をなくしてしまう行動としては、悪口が多いことです。

悪口は多くの人に嫌われるものであり、わざわざマイナスな事を言うなと嫌われてしまう事がよくあります。

また、自分がいない場面では自分の悪口を言っているのではないだろうかと思われることも多く、悪口を言うことには相応のリスクを背負わなければなりません。

このように、悪口が多い人は友達をなくしてしまいやすく、ネガティブ発言の多い人は嫌われてしまいます。

友達をなくさないように気をつけよう

友達をなくしてしまう行動としては、友人にマイナスを与えてしまうことです。

自分勝手な行動、約束を守らない、嘘をつくなどなど、どれも友人だけが損をしています。

このような言動が嫌われる事が当然であり、改善しようという傾向が見られないのであれば、当然ながら友達は少しずつ離れていってしまうことでしょう。

 

    「友達をなくしてしまう人の行動とは。友達がいなくなる理由を知ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. ピーター2018/05/23(水) 03:31

    とても考えさせられました。
    自分から行動を起こさないとダメだったんですね。思い当たることがあり、なるほどと思いました。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/06/14(木) 14:09

    何事も「過ぎる」ことはよくない、という事なんだとも思いました。自分から行動を起こさないのも、裏を返すと「友達を頼り過ぎる」ことだと思うので、友達を頼る場合は同じくらい頼られるように自分から行動を起こしていかないとな、と思いました。

この記事への感想を書く