何事にも気を使う人の心理とは。なぜいつも気を使っているのか

人の特徴最終更新日:2017年10月18日

人と話す時には様々な事を考えてしまう、行動を起こしていいかどうか周囲の反応をうかがってしまう、このような人も多いのではないでしょうか。

人の事を考えずに行動する一方で、必要以上に考え込んでしてしまう人もいるのです。

では、このように色々考えてしまう人は、どうしてなのでしょうか。

今回は、気を使う人の性格や心理を紹介していきます。

1.相手の顔色をうかがってしまう

気を使う人の性格として、相手の顔色をうかがってしまうといえます。

気を使う人は相手の感情に気づきやすいという特徴があるのですが、そのせいで過剰に相手の顔色をうかがってしまう傾向にあります。

ある程度の配慮は必要なのですが、気を使う人は気を使い過ぎているのです。

また、気を使う人に多いのは、相手に配慮しすぎて自分を表現できないことです。

相手の顔色をうかがうと自分を消してしまうことが多く、言いたいことを言わない、思っていることを表にださないなどの行動があります。

そのため、気を使う人は自分の事を表現する機会が少なく、それは相手の顔色をうかがってしまうからです。

2.気疲れしやすい

気を使う人の特徴として、気疲れしやすいといえます。

気を使う人はいつも気を使っているので、気が休まる時がありません。

誰かといる時はいつも相手の事を考えてしまい、自分を休ませることができません。

また、気を使う人は相手が友人でも気を使ってしまうことが多く、友人は友人で嫌われないようになどと気を使わなければなりません。

そのため、気を使う人は気疲れしやすく、1人でいない時はいつも大変です。

気を使う人は周囲の人を考えているという優しさを持つのですが、時にはその優しさが邪魔になってしまうこともよくあります。

よくあるのは気を使って行動したのにも関わらず断られてしまうことであり、せっかく気を使ったのに、と更に疲れてしまいます。

このように、気を使う人は非常に気疲れしやすく、誰かと一緒にいるだけでもとても大変な思いをしています。

3.感情を引きずってしまうことが多い

気を使う人の特徴として、感情を引きずってしまうことが多いといえます。

気を使う人は気分の切り替えが苦手な人も多く、失敗したときに引きずりやすいのです。

その理由は気を使いすぎるからであり、本当は気にしなくても良いことであっても、気を使ってしまうせいで長く感情を引きずってしまいます。

また、気を使う人に多いのは、言われていないことも気にしてしまうことです。

気を使う人は相手の感情に気づきやすい事が多いのですが、わからないことを想像で補おうとします。

そのため、悪いイメージを勝手に想像してしまうことが多く、気を使いすぎるがせいで、自分自身を苦しめることもよくあります。

このように、気を使う人の特徴としては、感情を引きずってしまうことが多いといえます。

気にしなくて良い部分まで察してしまうので、そのことで悩む部分が増えてしまいます。

4.気が利く

気を使う人の特徴として、気が利く人だといえます。

気を使う人は周囲の人をよく見ているので、些細な変化でも気が付きやすいのです。

また、周囲の人の行動はもちろん、感情の変化にも気づきやすく、相手の感情や気分に応じて自由自在に自分の立ち位置を変えることができるともいえます。

このように、気を使う人は気が利く人であり、周囲の人をよく見ているのです。

その他にも、気を使う人は他の人がやらないことをすすんでやる傾向にあります。

だれもやりたくないんだろうな、ということを察することができるので、誰もしないのであれば自分がやってしまおうという判断をすることが多いのです。

そのため、気を使う人は気が利く事が多く、周囲の気持ちを察しながら柔軟に行動できます。

5.心配性である

気を使う人の特徴として、心配性であるといえます。

気を使う人に多いのが可能性を考えることであり、想像することが多くあります。

この人はこんなことを考えているな、自分はこのように思われているんだろうな、などなど、今ある情報から判断して様々な可能性を考えているのです。

このように可能性を考えることは良いことなのですが、そのせいで心配事を増やしてしまう場合もあります。

実際には起きていないことを想像で起きているように錯覚してしまったり、相手の感情を悪いように想像してしまったりと、心配事を自分から増やしてしまいます。

気を使う人の心理を知ろう

気を使う人に多いのは、他の人を優先してしまうことです。

自分のことを後回しにしてでも、他の人の方を大事にすべきだと考えがちです。

このような事は悪いことではないのですが、気を使う気持ちは先にあるので、自分の事を大切にできていない可能性が多くあります。

人を大切にすることも大事ですが、自分のことを疎かにしないように気をつけなければならないのです。

 

    「何事にも気を使う人の心理とは。なぜいつも気を使っているのか」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。