友達が離れていってしまう人の特徴4つ

最終更新日:2017年2月4日

世の中には友達がたくさんいる人、全くいない人など友達の数は様々です。

なかには友達がたくさんいたはずなのに、いつのまにかいなくなっている人もいるでしょう。

友達がいなくなるということはあまり多いことではありませんが、友達が離れて言ってしまう人には、それなりの理由があります。

今回は友達が離れていく人の特徴についてご紹介していきます。

1.約束を守らない

約束を守らない人は、自然に友達が離れていってしまいます。

約束にも大小様々ですが、1つ約束を破るごとに、信用をだんだん失っていくことでしょう。

また、友達が離れていく人は、約束を破ったことについて反省していないことが多くあります。

それくらいの小さなこと、気にすることない、などと考えていると、相手はどんどん不信感を持ちます。

一般的な友達関係というものは、仲の良さなどはもちろん、相手を信頼できるかどうかが大きく影響しています。

例えば、相談ごとであれば仲の良い友達や、自分の信頼できる人にしか出来ないでしょう。

また、頼み事なども同様で、友達にお願いができるのは、その人が信頼できるからです。

では、信頼できない人はどうでしょうか。

相談することもできない、頼みごともできないのであれば、友達と呼べる存在なのかも怪しいところです。

このように、約束を守らないことで友達が離れていくことがあります。

それは約束を破ったからだけではなく、信頼を失ってしまったからでもあり、約束を守るということは友人関係を守るためにも大切なことです。

2.人の悪口が多い

人の悪口が多い人は、友達が離れていきます。

友達であれば様々な事を話すと思いますが、いつもいつも悪口ばかり話している友人のことをどう思うでしょうか。

多くの人であれば、悪口ばかり聞かされていると、非常にしんどくなってしまうでしょう。

友達同士で共通の認識をもっているのであれば別ですが、多くは自分にあまり関係のない悪口を聞かされています。

聞かされている側はそうは思っていないにもかかわらず、いつもいつも悪口を聞かされているのでは、話すことに疲れてしまうでしょう。

また、友達と話をするのであれば、楽しい話をしたいと考えるのが普通です。

悪口や愚痴などのネガティブな話題ばかりしている人は、嫌われてしまうことでしょう。

このように、人の悪口が多い人は、自然に友達が離れていきます。

自分にとっては話したい話題なのかもしれませんが、相手が聞いていて楽しい話なのか、興味のある話であるのかを考える必要があるでしょう。

3.わがままが多い

わがままが多い人も、友達が自然と離れていってしまいます。

友達かどうかにかかわらず、わがままが多い人は嫌われる傾向にあります。

相手の気持を考えず、自分のことばかり優先するのであれば、当然のことだといえるでしょう。

友達の定義は人それぞれですが、基本的には持ちつ持たれつの関係でしょう。

そのため、一方の意見ばかり通ったり、一方的に迷惑をかけられているのであれば、本当に友達なのかどうかを考え直してしまいます。

親しき仲にも礼儀ありというように、友人だからといって自由に振る舞って良いわけではありません。

むしろ友達だからこそ、相手の事を考えて行動することが大切です。

このように、わがままな人は自然に友達が離れていってしまいます。

友達が離れていきやすい人は、自分が周囲に対してわがままを言っていないか気をつけるといいでしょう。

4.友達に対して過干渉である

友達の考え方を否定したり、行動を指図しがちな人は、自然に友達が減っていくことでしょう。

人は指図されることや否定されることを非常に嫌い、そのような事を行う人を疎ましく思ってしまいます。

そのため、友人に過干渉な人は嫌われてしまいます。

しかし、過干渉であることが問題なのであり、意見を全く言ってはならないのかといえばそうではありません。

本当に友人の事を思っての干渉であれば、自然に受け入れてもらえることでしょう。

友達が自然に離れていくのは、友達のことを考えずに干渉を行っているのです。

独りよがりの言動は、当然ながら嫌われてしまうでしょう。

友達が離れて言ってしまう人は、自分が友達に対して過干渉ではないか、不必要なことを言っていないかを気をつけましょう。

友達といえども距離感が大切であり、それぞれの価値観を大事にしなければなりません。

自分が過干渉でないか、見直してみるといいでしょう。

友達が離れないためには、相手のことを考えよう

友達が離れないようにするためには、友達の事を考えることが大切です。

自分だけの意見や考えだけで接することは良いことではなく、友人を不快にさせてしまうこともあるでしょう。

ときには自分のしたいことを我慢し、友人を優先することも必要です。

もちろん、自分が我慢すればいいのかといえば、そうではありません。

それぞれが友人を尊重し、お互いを大切にしてこそ、本当の友人だといえるでしょう。