疲れている旦那を癒してあげる方法6つ。ストレスを解消させてあげよう

夫婦生活最終更新日:2019年7月27日

毎日働いている旦那さん。

毎日外で働いていると疲れが溜まってしまうのも当然です。

妻としてどんなことをしてあげられるでしょうか。

ここでは、疲れている旦那を癒してあげる方法をご紹介します。

旦那が好きな料理をメインにごちそうを作ってあげる

男性は手料理に弱いとよく言います。

お付き合い中はもちろんですが、結婚後も手料理はとても効果的な方法の一つです。

仕事でくたくたになって帰宅をしても、料理ができておらず、部屋はゴミまみれ、さらに妻は一人でテレビ鑑賞、なんて状態だったら癒されるどころかますます疲れてしまうでしょう。

フルタイムで働いている兼業主婦ならばともかく、専業主婦ならば、旦那さんにとって居心地の良い空間を作ってあげる努力も必要です。

どんなに仕事で疲れても、明るく清潔な家で温かく美味しい食事が待っていると思えば疲れも吹き飛んでしまうはずです。

なにも毎日ごちそうを作る必要はありません。

高価なものでなくてかまわないので、旦那さんが最近疲れているなと感じたら、1品でいいので旦那さんの好物を作ってあげましょう。

妻が自分のために好物を用意してくれていると嬉しいものです。

そして、誕生日や結婚記念日などの特別な日は、普段より値の張るおかずを食卓に出してみてはどうでしょうか。

特別感が出るので、ごちそう気分を味わうことができます。

また、注意が必要なのが飾り付けです。

女性は食卓にキャンドルや花が飾られていると華やかさに嬉しくなりますが、男性もそうだとは限りません。

男性の場合は、そういった面よりも食事そのものに注目する人が多いため、オシャレ感よりも食べ物に力を入れた方がよいでしょう。

女性が喜びがちな細々とした上品な料理よりも、男性はがっつりと食べられる丼やボリュームのあるステーキなどを好みがちです。

期待はずれにならないように、事前に旦那さんにそれとなく食べたいものをリサーチしておくと良いかもしれません。

マッサージをして疲れを癒やしてあげる

マッサージは体をほぐし、疲れを癒してくれます。

働いている人の中には、日々の疲れを癒やすためにわざわざお金を支払ってマッサージ店を利用する人もいる程です。

肉体労働での疲労はもちろんですが、デスクワークでも肩こりや腰痛に悩まされている人は大勢います。

ただ電車に乗って通勤するだけでも一苦労です。

体に疲れが溜まっているために、無意識に溜息をついてしまう社会人は少なくありません。

効果的なマッサージ方法を一読し、旦那さんの疲れを癒すマッサージをしてあげましょう。

まずは、どこが疲れているのか旦那さんに尋ね、そこを重点的にほぐすことで気持ちよくなってもらうとよいでしょう。

ただ横になってマッサージを受けているだけでも、日々めまぐるしく働いている側からするととても有り難いものです。

疲れてイライラしている旦那さんでも、マッサージをされると、労らわれていると感じて嬉しくなります。

マッサージをすると必然的に触れ合うことになるため、夫婦のスキンシップにもなります。

マッサージの間に会話が生まれれば、コミュニケーションも図れ、夫婦の仲もより深まるでしょう。

温泉など外出の計画を立てる

温泉などでリフレッシュする計画を立てるのも効果的です。

これは外出が好きな旦那さんに向いています。

毎日働いている旦那さんの中には、とにかく疲れているから余暇はどこにも出かけずに寝ていたいと外出を嫌がる人もいます。

そういった旦那さんには逆効果になってしまうので要注意です。

また、無駄遣いを嫌う旦那さんにも向いていません。

ドライブが好き、旅行が好きといったアグレッシブな旦那さんであれば計画を立てましょう。

最近疲れているみたいだから一緒に温泉でも行ってのんびりしよう、と旦那さんに持ちかけてみてください。

温泉と聞くと、体が癒やされると旦那さんは嬉しくなるはずです。

週末や連休を利用して、夫婦共々温泉で体を労りましょう。

温泉と聞くと、贅沢なイメージがあるかもしれませんが、現在は安値で利用できる温泉も沢山あるため意外と気軽に赴けます。

遠出をして気分転換、温泉に入ってリフレッシュ、宿に泊まって豪華な夕食を食べたり、お酒を飲んだりといった楽しみを提供しましょう。

身だしなみを整えてキレイな奥さんでいる

キレイな女性が嫌いな男性はいまぜん。

旦那さんのためにも、キレイな奥さんでいることを心がけることが大切です。

自宅でキレイな奥さんが自分を待っているというだけでも男性にとってはステータスになり、周囲への自慢にもなります。

それがモチベーションを上げることにも繋がり、元気になれるのです。

奥さんは身だしなみに注意を払い、いつまでも若さを忘れないようにしましょう。

新しい下着を買ったり、時には刺激的な服装で旦那さんを元気にしてあげるのも良いでしょう。

男性が喜びそうなシチュエーションをセッティングしたり、普段よりも積極的になったりと、妻自身も楽しんでしまいましょう。

ロマンティックで甘い一夜を過ごせば、きっと旦那さんの疲れも癒えるはずです。

小言を言わないよう気をつける

旦那さんが疲れている時に、さらに追い討ちをかけるような小言を言わないように気をつけましょう。

元々一人が好きであり、放っておいて欲しいといったタイプの旦那さんには一人の時間を満喫させてあげるとよいでしょう。

お金の問題、子供の問題、生活の問題、ドアはしっかり閉めて、洗い物は早めに洗濯カゴに入れて、といった小言を言いたくなる気持ちはわかります。

しかし、疲れている時に言っても夫婦の雰囲気が悪くなるだけで何も解決しません。

旦那さんが疲れている時は小言を言いたいのをグッと我慢して、お互いが余裕のある時に話すようにしましょう。

休日にふらりと一人で出かける旦那さんも、できる限り放っておいてあげましょう。

母親のように「どこにいくの、無駄遣いはしないでね」といちいち言われてしまうと見張られているようでストレスを感じてしまう男性もいます。

旦那さんの気分転換の買い物くらいは多少の金額なら大目に見てあげましょう。

外出嫌いで、余暇は本を読んだり勉強をしたりインターネットやゲームを嗜む旦那さんもいますが、一人で過ごしたい雰囲気でしたら干渉しないようにしましょう。

休みの度に家族に目を向けず一人の時間を楽しんでいるような場合は考えものですが、時々ならばストレス解消のために一人の時間を提供することも必要です。

愚痴を聞いて同調する

男性には、仕事の愚痴を妻に話さず溜め込む人が少なからずいます。

それは男としてのプライドから妻に弱音を吐けないのかもしれませんし、家庭に重い話を持ち込んではいけないと気を使っているのかもしれません。

しかしどのような理由にせよ、不満を溜め込むことはストレスを悪化させるだけです。

妻は自分に仕事の悩みや愚痴を話してもらっても何も解決の手助けにはなってあげられないと思うかもしれません。

しかし、解決はできなくても旦那さんの気持ちに寄り添い、同調することならできるはずです。

旦那さんが安心して愚痴や不満を吐き出せる場所になってあげるのです。

ポイントは、あくまでも旦那さんに寄り添う姿勢を貫くことです。

例え旦那さんの方がおかしいのではと思っても、この場で否定することはやめましょう。

妻にまで否定されてしまったら、旦那さんは余計にストレスを溜めてしまいます。

もちろん本人が話したくないなら、無理に話をさせる必要はありません。

しかし、もし少しでも聞いてほしそうな素振りがあるのなら、一旦家事の手を止め、旦那さんの話に耳を傾けてあげてください。

自分の気持ちや辛さをわかってくれる人がいるというだけで、旦那さんの気持ちは軽くなるはずです。

旦那のストレスを解消させてあげよう

もし自分が旦那の立場だったら、妻にどうしてもらったら癒やされるかと考えてみましょう。

自ずと自分がすべき事が分かるはずです。

旦那さんがどのようなタイプかを見極め、ストレス解消のためにはどういった行動が効果的なのか、と考えてみると最適な癒やし方が見つかるのではないでしょうか。

旦那さんにとって家庭が癒しの場であるよう、妻として温かい場所を作ってあげてください。

 

    「疲れている旦那を癒してあげる方法6つ。ストレスを解消させてあげよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く