二世帯住宅を望む夫の理由とは。なぜ二世帯住宅を希望するのか

最終更新日:2017年4月10日

夫が二世帯住宅にしたいと言うのは、いったいどうしてなのでしょうか。

二世帯住宅にすることは、メリットだけでなくデメリットもあります。

夫よりも、むしろ妻の方が親達と関わることが多くなるので、二世帯住宅を夫が求める理由を知っておくことが大切です。

そうすれば、どのような生活スタイルとなっても、夫婦で力を合わせてやっていくことができるでしょう。

1.二世帯住宅にすれば親に寂しい思いをさせないですむから

二世帯住宅を夫が求めるのは「親に寂しい思いをさせないですむ」と思っているのが理由の一つです。

子供夫婦がすぐ近くで生活することで、何かと交流する機会を持つことができて、親も喜ぶだろうと考えているのです。

親が遠くに住んでいたりすると、盆や正月くらいしか会えなかったりします。

そこまで遠くなくても、別居していると、何だかんだで忙しくて、会いにいくことができないなんてことはよくあります。

子供が小さいうちは、喜んで祖父母の家についてきても、ある程度大きくなると学校や部活で忙しく、段々と一緒に来てくれなくなります。

そうなると、祖父母である自分の親が寂しい思いをするだろうと、気にしてしまいます。

二世帯住宅にすれば、毎日とまではいかなくても、しょっちゅう顔を見ることができます。

週末には皆で食事をすることもできて、いわゆる「親孝行」ができると考えているのです。

だからこそ、ぜひとも二世帯住宅にして、親を近くに呼び寄せたいと思っているのでしょう。

2.親が体調を崩しても近くにいるのですぐにヘルプできるから

二世帯住宅を夫が求める理由に、いざという時にすぐに親を助けることができるという気持ちがあります。

もし親が体調を崩したり、介護が必要となっても、二世帯住宅ならヘルプしやすいと考えているのです。

親の介護問題というのは、なかなか微妙な問題です。

出来るだけ面倒を見てあげたいと思っていても、別居していると、そうそう親の家に通うこともできず、負担も大きくなります。

しかし、二世帯住宅にしていれば、何かとヘルプしてあげることもできるでしょう。

親の介護は、妻にやってもらえたらありがたいですが、本来は実子がやるべきことです。

二世帯住宅に住んでいれば、何だかんだ言って妻に助けてもらいやすいという思惑があります。

そして、万が一妻から自分の親の介護を拒否された時、すぐに自分が駆けつけることができるので、ぜひ二世帯住宅にしておきたいのです。

親が「最近体調が悪くて」なんて言い出してきたりすると、夫は気が気ではありません。

何とかして二世帯住宅にして、いざという時に備えておきたいのでしょう。

3.親達に経済的に援助してもらえるから

二世帯住宅を夫が求めるのには、親から援助してもらえるという思惑があります。

家を建てる資金を出してもらえたり、何かと資金援助してもらえるのが理由で、二世帯住宅にしたいと思っているのです。

子供夫婦のすぐ近くに住むことができれば、親としても安心します。

その為なら、二世帯住宅を建てるためにお金を出そうという親も少なからずいます。

「二世帯住宅にするなら、その費用は出すよ」と親から言われていれば、夫は経済的なメリットを考えて、ぜひ二世帯住宅にしたくなるはずです。

二世帯住宅で生活をスタートさせてからも、何かと親からの援助が期待できることがあります。

かわいい孫のために習い事の費用を出してくれたり、必要なら車を買ってくれたりするでしょう。

二世帯住宅というスタイルで近くに生活しているからこそ、親としても何かと援助しやすくなります。

援助してくれるのは嬉しいですが、その分口も出されたら、妻としてはたまったものではありません。

しかし、夫は経済的メリットを考えると「二世帯住宅にした方がいい」と思ってしまうのでしょう。

4.子供を預けることができるので夫婦で共働きできるから

二世帯住宅を夫が求める理由に「子供を預けやすい」ということがあります。

今は夫の給料だけでは、とても食べていけないという家も増えています。

ぜひ妻にも働いてもらいたいそう思った時、親達に子供を預けようと考えてしまいます。

妻に働いてもらうためには、子供を保育園に預けなくてはなりません。

しかし、なかなか入園することができなくて、困っている家庭も多いはずです。

もし二世帯住宅にしていれば、万が一保育園に入れなくても、親達に預けて妻にパートなどで働いてもらうことができます。

子供が急に熱を出しても、自分も妻も仕事を休まずに、祖父母に預けておけるだろうと考えているのです。

子供を預けやすいので、夫は二世帯住宅にしておきたいのです。

信頼できる自分の親が見ていてくれるなら、安心して夫婦で共働きできると思っているのでしょう。

二世帯住宅を望む夫の心理を探ろう

二世帯住宅にすることで、良いこともたくさんありますが、大変なこともあります。

しかし、夫はもしかしたらメリットばかりを考えているのかもしれません。

二世帯住宅で生活するのは、意外と妻に負担をかけることでもあります。

夫婦で話し合って、どういう暮らし方が自分達に一番いいのか、それをしっかりと見極めるようにしましょう。

そうすれば、きっと家族全員が幸せに暮らすことができるでしょう。