付き合っているのに悲しい気持ちになる理由と改善方法

最終更新日:2017年1月3日

付き合っている彼氏がいることで満たされた気持ちを味わうことができる時もあれば、付き合っているのに悲しい、寂しい気持ちになることもあります。

そういった時は心が満たされていないのですが、どのように対処していけば良いのでしょうか?

1.恋愛に依存しすぎていないかどうか考える

お付き合いをしている彼とケンカをしている、倦怠期になっているなど明確な理由がないのに、悲しくなる場合には、彼のことを好きなあまり恋愛に依存的になっていることが考えられます。

その為に連絡が遅かったりすると悲しくなってしまったり、彼の仕事が忙しく会えない時があると悲しくなったりしてしまいます。

そういったケースの場合には、自分の中で恋愛が占めている割合が大きすぎる可能性があります。

自分のことを想ってくれる、求めてくれるという彼女は男性にとって可愛い存在でもありますが、一生懸命に付き合っているのに彼女がそういった悲しさを抱えているのは辛いことでもあります。

いつもそういった寂しい、悲しいといった不満を彼にぶつけてしまっていては、彼にとって重たい存在になってしまうので気をつけましょう。

2.思い当たる原因がある場合には話し合う

恋愛において悲しいと感じる原因がこれかなとある程度検討がついている場合には、彼とじっくりと話をしてみましょう。

例えば彼の方が「好きだよ」など言葉に出して言ってくれないことが悲しいと思っているのであれば、その気持ちを伝えてみることも大事です。

彼の方はそういった気持ちは十分にあるけれども、直接言葉に出すのが照れくさくてできないといったこともあります。

「なかなか言葉にするのが苦手でごめん。でも大事に思っている」など言われると、あなたが抱えている悲しさを解消できることにつながります。

話し合う場合には彼に対しての不満をぶつけるのではなく「私が悲しく思っているのは○○なんだけれど、どう思う?勝手に誤解しているだけならごめんね」など冷静に相手の気持ちを聞きたいという風に話し合いをしましょう。

3.恋愛以外の時間を充実させる

彼とお付き合いをしているのに悲しいと感じる時は、お付き合いが生活の中心になっていて、他のことで充実感を感じていないことが考えられます。

仕事、趣味、女友達との時間など、彼氏と過ごす時間以外のあなたの時間の中にも楽しみを見つけ、時を忘れて夢中になることをやってみてください。

そうすることで彼に対して感じていた寂しさを忘れることができますし、恋愛以外の時間も充実させることによって、あなたがますます輝き、彼からしたら魅力的に見えるという効果も期待できます。

彼のことを考える時間を少し減らすことで、悲しさや寂しさも感じなくなることはできます。

4.肌の触れ合いを大事にする

お付き合いをしている中で、彼と触れ合っている時には、やはりお互いに幸せを感じているでしょう。

そういった触れ合いが減っていないかどうかということを考えてみましょう。

デートをしている時に手をつなぐ、別れ際にはぎゅーっと抱きしめてもらうなどそういった触れ合いを大事にすると、愛されているなということを感じることができ、満たされるものです。

一人で過ごしている時に悲しいなと思うことがあれば、抱き枕やぬいぐるみを抱きしめるといったことでも同じような安心感を得られる効果があります。

5.第三者に相談をする

あなたと彼との恋愛について話をしている友人に相談してみることも、悲しさを解消するきっかけになります。

一人で考えているとどうしても自分の考え方に偏ってしまいますが、人に話をすることで客観的な意見がもらえ、凝り固まっていた考えがほぐれることがあります。

あなたのことをよく知っている人であれば、的確なアドバイスをくれることも期待できます。

またアドバイスなどがなくても、自分の中で抱えている気持ちを誰かに話すだけでスッキリとして、それだけで解消してしまうこともあります。

相談をする時も愚痴のようなマイナス発言を聞かされ続けると相手は疲れてしまうので、相談をするポイントを決めて何度も同じことを言ったりネガティブすぎないように気をつけましょう。

付き合っているのに悲しい気持ちになる時は対策していこう

お付き合いをしていることで悲しさを感じる時、その原因が彼にある場合もありますが、自分の気持ちの問題だったという場合も少なくありません。

それだけ彼のことが好きでお付き合いに対して一喜一憂している証拠なのですが、頻繁に悲しさを感じているとせっかくの恋愛の醍醐味である楽しさや嬉しさを感じることができにくくなってしまいます。

自分がどういった原因で悲しく考えているのかということを冷静になって整理をしてみて、その上でできる対処をしていきましょう。

恋愛をする上で一緒にいても悲しい、付き合っているのに悲しいというのは、全く感じないというわけにはいかないので、うまくその気持ちと付き合っていくことも大事です。