通勤電車でイライラすることとは。満員の通勤電車でのストレスあるある

仕事/ビジネス最終更新日:2018年9月5日

会社に勤めている人のなかで、電車を使って通勤している人も多いのではないでしょうか。

いつも空いてる、座れるから快適な通勤をおくれている人はいいですが、多くの人は通勤電車に関するストレスを抱えていることでしょう。

では、このような通勤電車におけるストレスは、どのような時に抱えがちなのでしょうか。

今回は、通勤電車でイライラしてしまうことをご紹介します。

1.満員電車でのギュウギュウにイライラする

通勤電車でイライラしてしまうこととして、満員電車があげられます。

満員電車を嫌う人はほとんどの人だと言えるほど嫌われ者であり、毎日毎日満員電車に苦しめられている人も多いことでしょう。

満員電車にイライラしてしまう理由としては、自由がきかないことだといえます。

満員電車では限られたスペースで動くしかなく、場合によっては動くことができない場合もあるでしょう。

それだけではなく、他の人に迷惑をかけないように気を使い、場合によっては少しぶつかっただけで睨まれてしまう、このように何もできない状況は大変であり、イライラしてしまう場合が多いといえるでしょう。

2.電車が予定通りに動かない

通勤電車でイライラしてしまう理由としては、電車が予定通りに動かないことだといえます。

日本は海外などと比べると正確な時刻で運行してしまいますが、どうしても電車がおくれたり、止まってしまうという状況は十分にありえるといえます。

電車だからしょうがない、と思いたいところではありますが、通勤電車ではそうはいきません。

おくれてしまうことで会社に迷惑をかけ、わざわざ連絡をしなければならないのは面倒であり、また、いつ動くかすらわからない状況もよくあります。

人は先がわからない事を不安に感じてしまうこともあり、いつ動くかわからない電車や、急に止まってしまった電車に対してイライラしやすいのです。

3.疲れているのに席が空いていない

通勤電車でイライラしてしまう理由としては、疲れているのに席が空いていないからだといえます。

通勤電車では誰もが座りたいとは思いますが、実際は空いていないことのほうが多いでしょう。

元気なときであれば立っていても何も思わないのですが、通勤となれば話は違います。

これから仕事にいくのに立っているのはしんどい、仕事終わりなのに立ちっぱなしは辛い、などの理由から、通勤電車で席が空いていない事にイライラしてしまいます。

また、席が空いていない状況として、見るからに元気な人が座っている、詰めれば座れるのに余裕を持って座っているなど、イライラしてしまうポイントがいくつかある場合にも遭遇するでしょう。

疲れていたり機嫌が悪い時には些細な部分でも非常に目につきやすいので、疲れているのに席が空いていない時は、普通の時の何倍もイライラしやすいのです。

4.乗り降りの邪魔になる人がいる

通勤電車でイライラしてしまう理由としては、乗り降りの邪魔になる人がいることです。

特に電車のドア付近に多く、降りる人がいるのにドア前で立ち止まってしまう人、乗る時に降りる人よりも先に乗ろうと考えることで逆に混雑させてしまう人など、相手に対する配慮やマナーに欠けている人が多くいます。

自分がマナーを守っている人はこのようなマナー違反に強く反応しがちなため、通勤電車でイライラしやすいといえるでしょう。

また、通勤電車に多いのは、乗る際に割り込みをしてくるような人、もう入れそうにないのに詰め込んで入ろうとする人などもいます。

割り込みに関しては嫌う人が非常に多く、自分がちゃんと並んでいるのにあとから来て平然と入るのは許せないと感じます。

詰め込んで来る人は、自分があとから来たのにどうして無理やり入ろうとするのか、なぜ自分たちが苦しい思いをしなければならないのかと考えることにつながり、どちらも不快になるでしょう。

このように、乗り降りの邪魔になる人がいる場合には、通勤電車でイライラしやすいといえます。

5.声が大きい人

通勤電車でイライラしてしまう理由としては、声が大きい人の存在だといえます。

電車で話してはいけない、と考える人はあまりいませんが、声の大きさは守って欲しいと考えることでしょう。

電車は公共交通機関なので、周囲への配慮を行うのは当然だといえます。

しかし、声が大きい人はそのような配慮はせず、他の人に関係ない事を延々と話し続けます。

部外者からすると非常に迷惑であり、聞きたくもない話を聞かされるために、通勤電車内でイライラすることにつながっていくのです。

通勤電車でのイライラを知っておこう

通勤電車でイライラしてしまうのは、マナーを守れない人が多いためです。

マナーを守ろうという姿勢が見えていれば多少の事は受け入れようとする人も多いことでしょう。

しかし、現実は自己中心的な人が多く、自分の基準で物事を判断します。

そのような人が大勢いることによって、通勤電車ではイライラしてしまいがちです。

 

    「通勤電車でイライラすることとは。満員の通勤電車でのストレスあるある」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/16(水) 13:48

    満員電車にもかかわらず、小さく折りたたんだ新聞を、周囲の邪魔にならないように、器用に読む男性っていますよね。満員電車は本当にしんどいですが、何か気の紛れることをすれば、イライラも軽減するかもしれません。

この記事への感想を書く