ボールペンをカチカチする人にやめてもらう方法。カチカチのイライラから解放されよう

最終更新日:2016年5月3日

仕事をしている時に、となりからボールペンをカチカチする音がしょっちゅう聞こえてきたら、思わず「うるさい」と思ってイライラしてしまうかもしれません。

本人は気が付いていないかもしれませんが、ボールペンをカチカチさせるというのは、意外と周囲の人が気になる癖です。

ボールペンをカチカチする人にやめてもらいたいと思った時、どういう方法をとったらよいのかご紹介します。

1.直接本人にやめてもらうように言う

ボールペンをカチカチする人にやめてもらう方法として、本人に直接伝えるのは効果的な方法です。

ボールペンをカチカチする人は、無意識にやっていることも多く、意外と本人はそういう癖があるということに、気が付いていなかったりします。

仲の良い同僚や後輩なら、正直にボールペンをカチカチさせる音がうるさいということを、伝えてみましょう。

その時に、きつい言い方にならないようにするのがポイントです。

本人も底まで他人を不快にしていたとは思っていなかったはずですから、あまり責めてしまうと、かえって反発されてしまうことがあります。

「申し訳ないのだけれど、その音が気になっちゃうから控えてもらえるかな」というような感じで、さりげなく相手に注意をしましょう。

言われた相手は、誰かに迷惑をかけていたことに気が付いて、きっとカチカチさせるのをやめてくれることでしょう。


2.上司から注意してもらう

もし、職場などでボールペンをカチカチする人がいた時、その人が自分よりも先輩だったとしたら、なかなかやめてもらうように言いにくいものです。

そういう時は、上司にお願して注意してもらうのが良い方法です。

ボールペンをカチカチさせるのは、はたから見ていてもマナーが良いとは言えない行為です。

そのカチカチという音がうるさいということはもちろんですが、社会人としてのマナーを考えると、そういう行為はやめた方が良いでしょう。

上司を通して注意してもらうことで、その人のマナーアップにもつながり、職場全体としてのメリットがあるはずです。

カチカチとボールペンをさせている人がいたら、例えば取引先の人が訪れた時にも、もしかしたら先方の気に障るかもしれません。

そういう事態を防ぐためにも、上司からしっかりと注意してもらうということは、とても大切です。


3.朝礼などで話し合う

もし職場でボールペンをカチカチする人がいる場合、その職場の朝礼のような場で話し合うのも一つの方法です。

ボールペンをカチカチとさせるのは、決して行儀の良いことではありません。

職場全体で、そういうことをしないように、お互い注意することも大切です。

朝礼などで話し合う際、気を付けたいのはカチカチとさせる人を個人攻撃しないようにすることです。

そういったちょっとした癖は、きっと誰でも持っている癖です。

それを職場の皆の前で注意されてしまうと、相手は「恥をかかされた」と思うかもしれません。

一人を注意するのではなく「最近職場が少しうるさい気がします。

例えばボールペンをカチカチする音が聞こえてきたりするのっで、そういう行為は控えるようにしましょう」と言った感じで、お職場全体でマナーをよくするようにします。

自分に対する個人的な注意でなければ、聞いている人も単に注意を受け止めて、素直に聞き入れてくれるはずです。

また、話し合ったことを張り紙などにして社内に貼っておくのもいいですね。

話し合った内容は、時間がたつにつれて忘れてしまいます。

しかし、張り紙が目に入れば、カチカチと音を立てるのはよくないということが、頭の中にインプットされることでしょう。

カチカチとボールペンの音がしてうるさいなら、職場全体の問題として話し合うことが大切です。

大したことではありませんが、意外と気に障る音です。

「職場の問題」とすることで、スムーズに解決できるでしょう。


4.そっとメモを置く

ボールペンのカチカチする音がうるさいと思っても、なかなか注意するのが難しい時、そっとメモに「ボールペンのカチカチする音がうるさい」ということを書いて、机に置いておくのも良い方法です。

そのメモを見たら、きっと誰でもボールペンの音をカチカチさせないように、配慮してくれることでしょう。

そのメモを書く時は、相手を傷つけないように気を配ることが大切です。

「すみません、ボールペンのカチカチする音が、少し響いていますよ」という感じで、あまりきつい文章にならないようにしましょう。

またメモを置く時は、そのメモの字を見て、書いたのが誰かということが分かってしまうこともありますから、場合によってはパソコンなどで文章を書くのも良いでしょう。

メモの文章が丁寧なら、書いた人が嫌味や意地悪でそういうメモを置いたわけではないということが分かってくれるはずです。

カチカチという音が響いて困ってしまったら、正直にそのことをメモに書いて、デスクに置いておくことで解決することもあります。

ボールペンをカチカチをやめてもらおう

ボールペンをカチカチする人にやめてもらいたいと思った時、相手の気持ちにも配慮して伝えることが、きっとベストな対処法となるはずです。

やっている本人は意外と気にしていなかったり、気が付いてさえいないということが多いです。

そういう場合は、ある程度はっきりと伝えるということも大切なのかもしれません。

言われてみて「初めて分かる」ということもあります。