机が汚い人の性格や特徴7つ

最終更新日:2016年2月21日

職場などでふと見ると、隣りの人の机の上が散らかっている事ってありませんか?それから日々気にして見ていても一向に片付く様子もない。

今回はそんな机が汚い人の性格や特徴についてご紹介します。

1.めんどくさがり

机の上が常に散らかっていて、手の置き場にも困るような状態にしている人は、だいたいめんどくさがりな人が多いです。

手の届く範囲に全部置いておきたい・探すのが面倒だからまとめて置いておくなど、自分の周りに必要なものを全て、手の届く範囲に置きたがるようです。

ボールペンや消しゴムなども使ったら使ったまま、次また使うからとそのまま机のどこかにポイッと、筆立てにしまうといった事もしません。

こういった人は、こちらが指摘しても、自分の気が向いた時にしか片づけません。


2.物の扱いなどが雑

机に一切合切を散らかしている人は、物の扱い方が雑な傾向になります。

きっと、大事な書類だとしても、その散らかしてある山の中に紛れ込んでいることでしょう。

そして必要な時にその山から見つけ出すのですが、結局どれがどれだったかわからない・最悪の場合は紛失といったケースもあります。

見つけたとしても保管・管理が悪いので、その物の状態も悪く、使えない物も出てくるでしょう。

そして周囲の人に「○○どこにあるか知らない?」など時間のロスにもつながっているはずです。


3.動じないタイプ

机が散らかっている事が気になるのであれば、日々整理整頓はしているはず。

でもずっと散らかったままでも平気でいられるという事は、周囲からどう見られていても動じない強い心を持っている場合が多いです。

物事に対して動じないタイプは営業向きではありますが、時と場合によってはデメリットとなる事もあります。

ですので、片づけるよう促したとしても、その場では返事はしますが、片づける事はしないでしょう。


4.変なところで几帳面

整理整頓や管理や保管ができないわりに、なぜか私物で大事なものはきちんと整理されて保管・管理をしている事が多いです。

恐らく、職場の物は職場でしか使わない=そこまで大事なものではない、私物=紛失したりしたら自費などが発生する、といったような線引きがされているのだと思われます。

また、机の上は汚いのに、営業車などはキレイにしているケースもあります。

これは営業車の中で過ごす時間の方が多い為、自分が快適になれるようにというのも一理あります。

しかしお客さんを乗せる可能性もある・他の人も使う可能性があるといった可能性があるからキレイにしているのです。


5.整理整頓できない人は仕事もできない

基本、整理整頓ができない人は仕事ができないと言われています。

確かに、散らかった机の上で仕事などできるはずもなく、また捗るとも思えません。

整理整頓ができない人=だらしない人・適当な人というイメージは拭えません。

仕事ができる人は身の回りは常にきちんとしていますし、必要なものもわかりやすく収納・まとめる事ができるのでそれだけ仕事を丁寧に早くこなす事ができます。


6.人の机まで侵入してくる

机が隣同士の仕切りがない場合、散らかしている机の人は散らかったものを一旦、隣りの机の上に移動させてきたり、自分の机に置けなくなると隣りの机の境界を越えてものを侵入させてきたりします。

それだけ物が溢れかえっていて、置き場も自分では見つかられなくなっている状態です。

こうして間仕切りがない場合は、隣りの人は迷惑をこうむるので、なにかで線引きした方が良いでしょう。


7.置かれているものは私物が多い

机の上が汚い人はだいたい、その中の半分は私物だったりします。

私物といっても仕事に必要で自分で購入した物もあれば、仕事に全く関係ない物もあります。

全く関係ないものは近くには置きますが机の上の奥の方にある場合が多い。

それは人目もありますが、紛失を防ぐため・机から落とさないためなどといった自分の中で大事だと思う枠に入っているものだからです。

私物でも仕事で使ってしまえば半職場のものという意識もあるので、さほど大事ではない枠に入り、でもできるだけ紛れ込まないような位置に置いているはずです。

100%職場や仕事のものは山積みの中に重なっているでしょう。

いずれにしても、机が汚い人は必要のないものまで置きすぎる傾向にあります。

机が汚い人の特徴を知って自分の身を振り返ろう

毎日すごく忙しい、外回りばかりで帰社したらすでに帰宅時間というような人は例外ではありますが、それでも朝1番で片づける人もいるでしょう。

机の上が常に散らかっている状態では仕事の効率も悪く、いくら周囲の目も気にならないといっても、隣りの机の人に迷惑をかけている場合もあります。

それに気付けるならいつかは片づけるはず。

それさえできていない人はやはりめんどくさがり・物の扱いが雑・仕事の要領も悪いなどといった性格や特徴が上げられるでしょう。