要領がいい人の特徴6つ。要領良くなっていこう

最終更新日:2016年2月21日

世の中には世渡り上手な人とそうでない人がいます。

世渡り上手な人というのは要領がいいので立ち回りなどが抜かりありません。

今回はそんな要領がいい人の特徴についてご紹介します。

1.要領がいい人は人に合わせる事が上手

要領がいい人というのは、人に合わせる事ができます。

人に合わせるのは結構難しい事ですよね。

人それぞれ性格や考え方や価値観も違いますので、それを合わせようと思うと自分に無理や負担が生じますので避けてしまいがちです。

ですが、要領がいい人はそれでも同じ波調に合わせる事ができます。

ある意味で器用と言えます。

色々なタイプに合わせる事ができるので低姿勢で接触して様子を伺いながら合わせます。

観察力なども優れています。

しかし、職場としては理想的な存在です。

周囲と隔たりなくうまく付き合う事ができ、たて突く事もしないので職場的には扱いやすい人材と言えます。


2.要領がいい人は基本YES回答

要領がいい人は基本はYES回答です。

だいたいは引き受けます。

それがイヤだと心の中で思っていても表面上にも出さず引き受けます。

それをきっちりこなすかどうかはその人次第ですが、このYES回答をする事で依頼した相手側からも頼れる存在として信用を受けます。

またなんでもやってくれるという頑張り屋さんなイメージもつきます。

しかし、更に要領がいい人というのは引き受けてばかりではなく、時々断る事もします。

これは、馴れ合いからのイメージ変化をするためです。

例えばいつもいつもYESで回答していればそのうち馴れ合いになりやって貰えるという事が当たり前に感じてきてしまいますよね?それを防ぐためです。

当たり前に感じられては要領がいいとは言えませんので、時々丁重にやんわり断る事をして「あの人は忙しいんだ。頑張っているからな」などといった相手側に自分の存在や価値を再認識させます。


3.要領がいい人はマメである

とにかくマメで気遣いがよくできます。

気遣いをされてイヤだと感じる人は少ないですよね?

あまりに過度な気遣いだと困りますが、要領がいい人は常にアンテナをはって情報収集していますので、手に取るように相手側の要望などがわかるようです。

そして気遣いさがスマートです。

アピールがあまりなくさり気ない気遣いをします。

これをされると不快に思うという事はなく、むしろ快いので印象も良くなり存在価値が上がります。


4.自分を見せない

要領がいい人は、ほとんど自分を見せません。

心の中で思っている事は決して出さないでしょう。

出してしまえばうまく渡り歩く事が出来ないとわかっているからです。

不器用な人だと時々自分が出てしまったりする事ありますよね。

それは相手側にとって良い場合もあれば悪い場合もある。

職場などでも自分を出し過ぎると周りから一線おかれる存在となってしまいますし、立ち回りもできなくなります。

悪く言えば常に仮面をかぶっていると言っても良いでしょう。

ですが、中には本当に心からそう思ってやっているという事もありますので、その点だけは理解してあげるべき点ではあります。


5.話が上手い

基本、会話のテクニックが凄く上手です。

そして聞き上手です。

会話をする時は相手の話をよく聞いてあげる事が基本です。

そしてうまくまとめる文章能力も不可欠です。

なにより情報量は多くなければいけません。

雑談するにしても人によって色々なジャンルの話が飛び出しますが、それに対応できるように雑学なども身につけているでしょう。

そしてどちらかというと頭脳派ですので、相手に合わせて会話をします。

更にその会話の中でも学習する能力もあります。

また、話し方も人それぞれ心地よく感じる話し方があり、耳障りに感じない話し方もします。

ですので、相手もすんなり聞き入れる事ができるという事です。


6.意外とストレスをためている

要領のいい人は自分をもう1人つくりあげているケースが多いので、そうなると本来の自分に反する事をしたりしているのでストレスが意外とたまっています。

それを考えると要領よく生きるというのは、普通にいるより疲れる事であるのがわかります。

ですので、どこかでストレス発散をおこなっているはず。

そしてリセットしてまた1人の自分をつくりあげて過ごすといったサイクル。

なかなかできない事ですのでその点では苦労しているのかもしれません。

要領がいい人になっていこう

要領がいい人の特徴はやはり、人と合わせる事ができて、話し方や会話が上手です。

それにうまく丸め込まれても気づかないほどテクニックがあり、信用もしてしまうほど。

ですが、要領がいい人というのが悪い人というわけではなく、そういった人を必要としている人達もいれば、それによって救われている人もいて世の中のバランスとして取れています。