うっかりミスを防ぐ方法とは。ちょっとした失敗をなくそう

仕事/ビジネス最終更新日:2017年12月30日

ついついやってしまいがちなのが、うっかりミスです。

いつもやっていることだから大丈夫、などと油断していると、思わぬ場面で失敗してしまいます。

うっかりとはいえミスはミスなので、なんとかして減らしたいことでしょう。

では、このようなミスを減らすためには、どうすれば良いのでしょうか。

今回は、うっかりミスを防ぐ方法をご紹介します。

1.確認を怠らない

うっかりミスを防ぐ方法としては、確認を怠らないことです。

慣れてきた作業、普段から行っている作業ほど、人間は手を抜いてしまいがちです。

できるようになったからこその気の緩みがあり、そこでうっかりをしてしまいます。

そのため、ミスを防ぐ方法としては、当たり前ですが確認を怠らないことであり、どんなに慣れてきた作業でも確認をすることは大切なことです。

慣れてきた作業でうっかりミスが増えてしまう理由としては、慣れてきたことで緊張感がなくなってしまうからです。

最初のうちは不安などもあり、1つずつ確実にこなしていたものも、なれるとすぐに出来てしまいます。

すると、いつもできているんだから今日も出来ているだろうと考えてしまい、確認もすることなく出来たものだとして判断してしまいます。

ですが、人間なのでミスをする時もあり、小さなものであれば気づかずに通り過ぎてしまいます。

このミスがうっかりミスであり、このようなミスを無くすには、確認を怠らないことが大切です。

2.他の人にチェックしてもらう

うっかりミスを防ぐ方法としては、他の人にチェックしてもらうことです。

確認を頑張ってしたのにもかかわらず、ミスがあった経験をした人もいることでしょう。

このことは、自分のミスは見つけにくい傾向があるからであり、自分がしたものだから間違いもなく出来ているだろうと考えてチェックしてしまうことが原因です。

いつもは間違えないから、さっきまではミスは見つからなかったから、などと油断しながら確認をしていると、チェックしたのに見逃してしまうことが増えてしまいます。

他の人にチェックしてもらうことのメリットとしては、第三者のほうがミスに気づきやすいからです。

第三者はその作業に関わっていないので、少しおかしなところがあれば、引っかかりやすいといえます。

しかし、当事者は普段行っていることであるため、間違っていない事を前提にチェックしてしまいます。

この差が第三者にチェックしてもらうことのメリットであり、作業に関わっていない人であればあるほど、ミスをみつけてもらいやすくなるといえるでしょう。

3.適度な休憩を入れる

うっかりミスを防ぐ方法としては、適度な休憩を入れることです。

作業を長時間続けていると集中力が落ちてしまい、普段しないミスをしてしまうこともあるでしょう。

このように、休憩をするしないでは大きな差があり、休憩をしないことは、単純に集中力が欠けてしまうことにつながります。

集中力が欠けてしまうと、普段できていることが出来なかったり、ちょっとの狂いが大きなミスに伝染してしまったりと、良くないことだらけです。

そのため、うっかりミスを防ぐには、適度な休憩が大切です。

また、休憩が必要な理由として、疲れていると作業が適当になりやすいからです。

元気なときは頑張ろうと気力に溢れていますが、疲れているとそうはいきません。

早く終わらせたい、めんどくさいなどと思いながら作業をしていると、どうしても作業が適当になってしまうのは当然だといえます。

そのため、適当な作業からミスが増えてしまい、うっかりミスも多くなっていくのです。

このように、休憩が無いと集中力の低下、作業の適当さなどを招くので、できるだけ良いコンディションで作業を行うように心がけましょう。

4.作業を小分けにする

うっかりミスを防ぐ方法として、作業を小分けにするといいでしょう。

作業が大きくなればなるほど確認するものも多くなり、一度のチェックで見落としてしまうものも多くなっていきます。

しかし、量を少なくすることで、チェックの量を少なくしてしまえば、一気にチェックを行うよりも集中し、効率よく確認を行うことができます。

このような方法のメリットとしては、確認を適当にしにくくなることです。

チェックも量が多くなると適当になってしまいがちであり、後半部分はまともに確認もせずにスルーしてしまうこともないとはいえません。

人の集中力はそう長くは持たないため、作業はもちろんのこと、チェックするときも短いほうが良いでしょう。

このように、作業を小分けにすることは集中力を維持させることにつながり、作業のミスも、確認のミスも減らす効果が生まれてくるのです。

うっかりミスを防ごう

うっかりミスを防ぐ方法としては、やはり確認を怠らないことです。

確認作業を怠ったせいでミスを増やしてしまうことも多く、非常にもったいないといえます。

面倒かもしれませんが、終わったあとの確認は入念に、しつこいくらいにやるようにしましょう。

 

    「うっかりミスを防ぐ方法とは。ちょっとした失敗をなくそう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/02(水) 11:47

    うっかりミスが多く、悩んでいましたが、確かに大きな作業を一気に片付けようとしがちでした。小分けにして適度な休憩をはさみつつ作業してみようと思います。

  2. 2. taka2018/05/11(金) 03:15

    うっかりミスを防ぐ為に「作業を小分けにする」と言うのはいい考えだと思いました。これは「適度な休憩を入れる」事と似通っていると思います。量を分割するか、時間を分割するかの違いですよね。

この記事への感想を書く