結婚しろとうるさい親への対処法5つ

最終更新日:2015年10月11日

女性もある程度の適齢期の達すると両親から結婚の予定はないのか聞かれる機会も増えていくことでしょう。

全ての親が自分の子供の結婚や孫の誕生を心待ちにしているものでしょうが、予定がないのにこの話題を振られるのは非常にやっかいですね。

この煩わしい話題の対処方法についてご紹介します。

1.仕事が忙しい状況を伝える

これはありがちな対応で実際の理由でもありますが、仕事がどれだけ忙しいのかをアピールしてみましょう。

まさか親も「働かなくていい」とは言えないので、仕事を理由に出されてはあまり文句は言えないのではないでしょうか。

何時から何時まで仕事で、休日はこんな用事があると言われては結婚相手を探す機会がないことを両親も納得してくれるはずです。

仕事を頑張ることによるメリットも併せて伝えると余計に親はに何も言えなくなるはずです。

仕事での努力を認められて昇進した、このプロジェクトが成功すれば自分が手掛けた製品が世の中に出る、など親としても喜ばしいことを聞かされたら自然と話題は変わっていくものではないでしょうか。


2.今は離婚が多いという話題をする

30代半ばに差し掛かってくるとまわりでは結婚した友人の離婚の話題なども耳にするようになります。

あまりいいことではありませんが、離婚した友人の話題を出してみてはいかがでしょうか。

焦って結婚して離婚するよりはじっくりしてを吟味した方が良いという話に持って行けば、親も「すぐにでも結婚しなさい」とは言えなくなるのではないでしょうか。

結婚は人生の大切な決断であり、簡単に決めるものではありません。

うまく行かない場合は大きなリスクを伴う場合もあります。

どの親だって子供に不幸な体験はしてほしくないはずです。

結婚の話題になったら決めるためにはそれなりの時間と労力が必要であると力説しましょう。

勢いでしてしまっても幸せになれるとは限らないのだから、という話に持って行けば両親も何も言えなくなってしまうのではないでしょうか。


3.婚活状況を説明する

親はあなたが婚活をしているのか非常に気になっているのではないでしょうか。

出会いがない職場の場合には結婚相談所への入会などを勧めてきたりはしませんか?お見合いパーティーや合コンなどに励んでいる、結婚相手を探す努力は怠っていない旨を伝えてみてはいかがでしょうか。

実際に知り合った男性何人かと個人的に会って、いろいろ品定めをしているところだと具体的に告げても良いかもしれませんね。

あなたが婚活をきちんとしていることがわかればそれで安心してくれる親もいるのではないでしょうか。

実際に婚活をそんなにしていなくとも誇張して話しておきましょう。

努力して婚活しているのに未だに結果が出ていないということがわかれば、親もそれ以上は文句は言えないものです。

それでは結果を待つしかない、と親もあきらめてくれるのではないでしょうか。


4.とにかく話をそらす

親は子供の結婚のことが気になっていつつもなかなか聞きずらい話題だと思っていることも多いです。

意を決してやっと話題にしている両親も多いのではないでしょうか。

そこへあなたが会社や友人の話題などあきらかに話題をそらせば「今はその話題はしたくない」ということがはっきりと伝わるでしょう。

元々聞きにくい話題でもありますので、しつこく何度も聞き直すの親もなかなかできません。

少なくともあなたが話題をそらしたことで当面のところ予定がないという状況は理解してくれるはずです。

いかにもわざとらしく、その話題をそらした方があなたがその話題をしたくないと思っていることが伝わって、親もその話題を続けることを諦めてくれるでしょう。


5.彼氏がいることを告げる

親は少なくともあなたに結婚を考えている相手がいるかどうか、交際している異性がいるかどうかだけでも知りたいと思っています。

交際相手がいると知っただけでも安心するものではないでしょうか。

しかしこの場合はその相手といつ結婚するのかと言う話題を今後振られることになりますので1年以内に結婚の予定がある場合でもなければ使わない方がよいでしょう。

他にも「自分がこの仕事を数年経験したら」など明確な基準を説明できる場合でなければ今まで以上に自分を追い込んでしまうことにもなります。

もし、別れるようなことがあった場合にも両親をがっかりさせてしまうかもしれませんね。

これは最終手段と考えて結婚の可能性がある程度感じられる場合のみ使用するようにしましょう。

結婚しろとうるさい親へしっかり対応しよう

いつの時代も子供が結婚できるのは親の一番の心配事です。

できればうまくかわしていきたいところですが、実際に結婚するまでこの話題は振られ続ける可能性が高いです。

いろいろ試してみて自分のやりやすいうまい逃げ方を見つけてみて下さい。

独身の友人にどのようにかわしているのか聞いてみるのもよいですね。

この話題は職場の上司などから振られる可能性も高いので、自分なりの対象方法をみつけておくと役に立つ場面が出てくることでしょう。