「嬉しい」が口癖な人の心理とは。なぜ「嬉しい」をよく言うのか

最終更新日:2017年5月15日

自分自身や周りの人で「嬉しい」が口癖の人はいませんか?

ここでは、そんな「嬉しい」が口癖な人の心理や特徴についてご紹介します。

この口癖がある人や身近にいる人は是非参考にして下さいね。

1.ありがとう等の感謝の気持ちを素直に伝えている

「嬉しい」が口癖の人で一番多いのが、このありがとう等の感謝の気持ちを素直に伝えているという心理です。

この心理の人はとても素直でいい人です。

もし、仲良くなるのならこの言葉を素直に言える人と仲良くなるようにしましょう。

周りの人に感謝の気持ちを素直に伝える事ができる人に悪人はいないからです。

とてもキレイな心を持っている人で、老若男女問わず愛されています。

自分自身にこの口癖があるという人は、周りの人に常に感謝の気持ちを忘れないとてもいい人です。

あなたは自分で思っている以上に周りの人からとても愛されています。

今のままのあなたでいるようにしましょう。

もし、もっと素直になりたいと思っているならこの言葉を口癖にするようにしましょう。

「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになる人はいません。

そして、言っている自分自身もとても素直で幸せな気持ちになる事ができます。

周りの人もそんなあなたの優しくて素直な気持ちを理解してくれるでしょう。

2.優しい気持ちを持っている

「嬉しい」を素直に口癖として言える人はとても優しい人です。

優しいので、人からしてもらった親切等に対して素直に感謝する事ができます。

この場合、本当に優しい人かどうかは誰に対しても「嬉しい」を言えるかどうかで分かります。

モテたい人は恋愛対象の人がいる時にしかこの言葉を使いません。

どうでもいい人に対しては何をしてもらってもそっけない態度を取るからです。

いわゆるぶりっ子と言われている人はこういう人です。

そして、野心がある人は自分よりも立場が上の人、もしくは自分が得になると思った人の前でしかこの言葉を使う事はありません。

本当に優しい人は、誰に対しても、いつでも「嬉しい」を使う事ができます。

誰に対しても「嬉しい」と言える人は信用できる人です。

こういう人を見かけたら、心を開いて話をしましょう。

相手はきっとあなたが話しかけてくれた事に対して嬉しく思ってくれるはずです。

3.「嬉しい」が周りを明るくする事を知っている、ポジティブな人

「嬉しい」が口癖の人は、この言葉が周りの人の心を明るくする事を知っている人です。

ポジティブな考えを持っており、いい言葉は周りの人にいい影響を与えると心から信じています。

考え方が常に前向きで、どんな時でも決して明るさを失いません。

周りにこのタイプの人が一人でもいてくれるだけでその場の雰囲気がとても良くなります。

自分自身で明るさを生み出す事のできるタイプの人で、決して絶望したりしません。

もし、自分自身がとてもネガティブですぐに落ち込んでしまうという人は、こういうタイプの人が一人でもそばにいてくれる事でメンタルが随分楽になります。

もし、このタイプの人に励ましてもらった時はその分「嬉しい、ありがとう」と言葉で伝えましょう。

その言葉をきっと嬉しく感じてくれるはずです。

そして、自分自身も明るい言葉を使い続ける事で周りにもどんどん明るく幸せな気持ちが広がります。

4.頑張ってポジティブになろうとしている

「嬉しい」が口癖の中には、実は元々はネガティブ思考で、でも頑張って「嬉しい」等のポジティブな言葉を使ってネガティブ思考からポジティブになりたいと思っている人もいます。

このタイプの人は、他にも「ありがとう」や「楽しい」「幸せ」等ポジティブな言葉を多めに使っている事が多いです。

ですが、たまに元のネガティブ思考が出てきてしまい、落ち込んでしまう事もあります。

自分自身がこのタイプの場合は、落ち込んでいる時は無理をせず一度大泣きをしたり、誰かに悩みを相談したり、愚痴を言ったりとネガティブな感情を全て吐き出してしまいましょう。

無理に溜め込んでしまうと良くありません。

思い切ってその気持ちを外に出してしまう事で自然と気持ちをポジティブに切り替えるようになります。

ただ、ここで大切な事は落ち込んだ時にそのままの感情を引きずらない事です。

ここでマイナスの感情を引きずってしまうと、今までと同じになってしまいます。

ここからまたポジティブになれるように頑張りましょう。

「嬉しい」が口癖な人の心理を知ろう

「嬉しい」が口癖な人の心理や特徴についてご紹介しました。

老若男女問わず、誰に対しても「嬉しい」という言葉を言える人はとてもいい人です。

いい人だからこそ感謝の気持ちを素直に伝える事ができます。

周りにこのタイプの人がいたら、その人は間違いなく信用できる人です。

積極的に話しかけて仲良くなりましょう。

また、ポジティブになりたい人もこの言葉を使っている心理の人が多いです。

自分がこのタイプの場合は「嬉しい」以外にもポジティブな言葉を使う事で自分も周りも幸せになる事ができます。