「実際」が口癖な人の心理とは

最終更新日:2017年3月22日

言葉の初めに「実際」が口癖の人、意外と多くいるものです。

「実際」を付けてから話し出す人には、そこに隠された思いがあることが考えられます。

口癖からその人の心理を読み取ることができれば、さらに会話が深くなるかもしれません。

では「実際」が口癖の人にはどんな心理が見られるのでしょうか。

1.正当化したい

人に意見を言った時、あるいは相手が自分の意見と異なる時には、自分の意見を通したいという思いが少しずつ現れてきます。

そこで相手から「でも」と言い返されてしまえば、自分の意見が否定されたように感じ、意見自体も通りにくくなってしまうものです。

そこに「実際」とつけて事実を話し出すことで、より自分の意見が主張され、正当化されることを期待して「実際」を用いている場合もあるでしょう。

「実際こうだったんだよね」と、経験に基づく事を言ったり、事実を表明することで「そうなのか」と相手を納得させることができます。

相手を否定から納得に変えてみせれば、後は話は自分主体で通すことができます。

自分の意見を通し、なおかつ正当化したいという気持ちから「実際」を多用している人もいるでしょう。

2.証拠として示したい

いくら言っても相手が改善しない、いくら言っても伝わりません。

こんな状況になると、苛立ちが隠せなくなったり、相手を強く批判したい気持ちが出てきてしまいますよね。

相手に上手く伝わっていないことで真に受けてもらえない時、あるいは「そんなことある訳ないでしょ」と軽く見られている場合に「実際」を使って証拠を並べることもあるでしょう。

「実際に○○さんが迷惑と言っている」「実際に私に責任が回ってきた」など、自分の言葉の裏付けとして用いることで、相手に分かってもらいたいという気持ちの表れです。

なかなか思っていることが相手に伝わっていないともどかしい気持ちになったり、伝わらないことでイライラしたりと、不満が出てくるものです。

「ちゃんと理解して」「いい加減分かってよ」という意味を込めて、証拠となることを言葉にし、相手に強調したいと感じているのでしょう。

口論になった時や、相手が曲げない時などに活用する場合は、事実を証拠として受け入れさせる目的があると言えるでしょう。

3.ひねくれている

相手の話を聞いたけど、納得できない、矛盾を感じるといった不満点を持っていると「実際」でひねくれた面を見せることもあるでしょう。

相手の意見に従いたくない、受け入れたくない拒否反応として「実際」を用いる人です。

「実際こうでしょ?」「実際はどうなの?」と問いかける形で相手に言葉を投げれば、相手は追及されている状況になり、時に追い込まれて何も言えない人もいるかもしれません。

素直になれない人や、人の意見に耳を傾けることができない人は「実際」で反論を始めます。

「これ以上の確証となるものはある?」「何か私が納得できる材料がある?」と言わんばかりに、不満な顔を同時に浮かべて見せるでしょう。

こうしたひねくれたタイプの人は、何に対してもすぐに納得することはできません。

その人が納得する、反論することができない証拠や事実を並べないと、理解してもらうことは難しいでしょう。

4.受け入れたくない

相手の意見を受け入れたくない、聞きたくないという思いを抱いている人も「実際」が口癖になることがあります。

単なるわがままと捉える人もいるかもしれませんが、このようなタイプの人に見られるのは「実際」のあとに「○○だけどね」「○○だから」と言った理由が付け加えられます。

その結果「私にはできませんよ」「私じゃない人に言って」という意味を込めていると言えます。

そもそも相手の言いなりになりたくないと感じている人や、自分の意思でしか行動したくないと感じている人に、このような受け入れ拒否の反応が見られます。

その場合、言葉の初めに「実際」がつくことが多いものですが、語尾に「実際」を強く主張することで、より相手に「嫌だ」「無理だ」という思いを示している場合もあります。

「できないって言ったよね、実際」「○○じゃないよね、実際」と、後から「実際」がくることで、どこか嫌味な感じに聞こえたり、強調された言い方に感じる人は多いのではないでしょうか。

受け入れたくないと感じている人が、語尾に「実際」を付けるようになったら、相当反発心が強いと捉えることができます。

その際には「これ以上言っても無駄だな」と、自分の中で諦める気持ちが必要になるでしょう。

「実際」が口癖の人の心理を知ろう

「実際」と言われると、事実が関わっている言葉が多くなるため、言われた側は反論ができなくなってしまいます。

相手を納得させたり「実際」を言わせないようにするためには、さらに強い証拠となるものや事実が必要とされ、準備が必要となるでしょう。

「実際」が口癖の人は、事実に基づくことであれば、受け入れを示すことも多いです。

反論として、より確かなもの、上回るものを提示すると、すんなりと受け入れてくれるかもしれません。