「っす」が口癖な人の心理とは

最終更新日:2017年3月26日

周りの人に、語尾に「っす」をつける人はいませんか?

そこには様々な心理が考えられます。

ここでは、そんな「っす」が口癖な人の心理についてご紹介します。

1.照れがある

語尾に「っす」をつけるのが口癖になっている人は、基本的にどこか照れがある心理の人が多いです。

「っす」をつける事で敬語に近い言葉になります。

素で話すのは照れくさくて恥ずかしい、でも友達等親しい人に敬語で話すのはおかしいと思っている人が照れ隠しのために語尾に「っす」をつけるのです。

素の自分を見せるのが照れくさいと思っている人は実は結構多いです。

周りにこのタイプの人がいてもっとその人と親しくなりたいと思っている場合は、こちらが「タメ口でいいよ」と言ってあげましょう。

また、こちらがタメ口、かつ心を開いて積極的に話す事で「っす」が口癖の人も照れずに素を見せてくれるようになります。

お互い素で話す事ができる関係はとても素敵です。

そんな素敵な関係を築く事で、何があっても一生大切にできる友達関係になる事ができます。

また、好きな人や彼氏が「っす」と言う時は、女性の事を好きだからこそどこかに照れがあるというケースも多いです。

この場合は「もっと好きになりたいからタメ口で話してよ」と男性に伝えましょう。

そうする事で男性も勇気を出してタメ口で話し、さらに素の自分を見せてくれるようになります。

自分がこのタイプの場合はやはりもっと素の自分を親しくなりたい人に見せるようにしましょう。

「っす」と語尾につけてしまうとやはり相手は少々堅苦しく感じてしまう事が多いです。

また「素を見せてくれないから、ひょっとして嫌われてる?」と誤解をされてしまう可能性もあります。

ですので、頑張って「っす」という単語を付けずにタメ口等素の自分を見せるようにしましょう。

そうする事で相手も喜んであなたともっと親しくなってくれます。

2.仲良くなりたいと思っている

語尾に「っす」を口癖のようにつける人は、人と親しくなりたいという心理のあらわれです。

この心理の人は、人見知りの人や友達を作るのが少々不得意な人に多いです。

人と親しくなりたい、でも素の自分を見せて嫌われたくないと思っているので「っす」という言葉をつけてしまいます。

このタイプの人は、同い年や年下にもどう仲良くなればいいのか分からないので、とりあえず「っす」と付ける事がとても多いです。

周りにこのタイプの人がいる場合は自分から積極的に話しかけてみましょう。

親しい人をたくさん作りたいと思っているのできっととても喜んでくれるでしょう。

また、年下の人が年上に対して「っす」と語尾につける場合は人がとても大好きで年上の人の心に上手に入り、仲良くなるのが早い人が多いです。

このタイプの人は年上はもちろん、同い年の人や年下とも仲良くなるのがとにかく早いです。

それだけとにかく人が好きで、どんどん仲良くなりたいと思っている人なのでこちらからも積極的に話しかけてみましょう。

きっと喜んで仲良くなってくれます。

3.あまり人と親しくしたくないと思っている

2とは逆にあまり人と親しくしたくないと思っている人も語尾に「っす」と口癖でつける事があります。

「っす」という敬語に近い言葉で話す事で相手に「私とあなたとには心に壁がある」という事を言わなくても理解してもらおうとしています。

2の仲良くなりたいタイプとの違いは、人の集まりに参加しなかったり「一緒に~しよう」と誘っても断る事が多い事です。

基本的に一人で行動したいタイプなので、一人にして欲しいと思っています。

周りにこのタイプの人がいる場合は、必要最低限のみ接するようにしましょう。

自分がこのタイプという場合は、本当にこのままでいいのかよく考えましょう。

よく考えた結果一人がいいと言う結論になればそればそれで一つの結論です。

心の奥底では実はもっと人と仲良くなりたいと思っているなら、素直になり勇気を出して多くの人に心を開いて話しかけてみましょう。

その中にあなたと親しくなってくれる人がきっといます。

4.敬語にすればいいのか素で話していいのか迷っている

語尾に「っす」口癖でつける人の中にはその人に対して敬語にすればいいのか素で話していいのか迷っている心理の人もいます。

この場合、自分が別にタメ口で話をしても構わないなら「タメ口でいいよ」と言ってあげましょう。

そうする事で最初はぎこちないかもしれませんが、そのうちタメ口で話してくれるようになります。

特にカップルの場合は、相手が悩んでいる時間が長くなるとそれだけ仲良くなるのが遅くなるので、タメ口で話して欲しいなら早くその事を伝えてあげましょう。

「っす」が口癖な人の心理を知ろう

「っす」が口癖な人の心理についてご紹介しました。

仲良くなりたいけど照れがあったり、どうやって仲良くなれば良いのか分からないからつい「っす」と口癖で語尾につけてしまうというケースがとても多いです。

ですので、相手が自分に対して「っす」をつける場合、早く仲良くなりたいなら「敬語じゃなくてもいいよ」と早く伝えてあげましょう。

そうする事で相手も徐々に素を見せてくれるようになるので、早く親しくなる事ができます。