「はい」が口癖な人の心理とは。真面目な性格の人に多い

最終更新日:2016年6月8日

「はい、~です」「はい、私はそう思います」等つい何かを言う時に「はい」が口癖のように出てしまうという方はとても多いです。

ここでは「はい」が口癖な人の性格や心理についてご紹介します。

1.非常に緊張しやすいタイプ

「はい」が口癖の人は、非常に緊張しやすい性格の人が多いです。

「はい」と言う事で自分では気がつかない内に自然と緊張をほぐそうとしています。

もし、自分がこのタイプなら、まずは考え方を変えるようにしてみましょう。

何かの発表をする時は、緊張しやすい反面逆に言えばそれだけ大きなチャンスが自分に与えられていると言う事です。

この発表を成功させる事で皆から注目してもらえるようになります。

そう考え「緊張しすぎて失敗してしまうかも」と考えるよりも「この発表を成功させる事で自分はもっともっと上のステージへいく事ができる」と考えるようにしましょう。

そうする事で緊張しにくくすむようになります。

また、自信を持って発表をするためには練習が必要不可欠です。

堂々と発表をしている人は、実は密かに何度も何度も練習をしています。

過剰に緊張してしまう場合は、まだまだ練習不足という事です。

自分に自信を持てるくらい練習をしましょう。

それでも緊張をしてつい「はい」が口癖になってしまうと言う方は、自分に自信を持つようにできるだけ一人で色々頑張るようにしましょう。

一人で色々何でもできるようにする事で自分に自信を持てるようになります。

「案外一人でも大丈夫、私って意外とすごい」と思えるようになる事で大勢の人の前でも緊張しにくくなります。

いつも誰かと行動しているという方は、一人でオシャレなカフェに言ってみたり、映画館へ行って見たりと気軽におひとりさまを満喫できるようになるようになりましょう。


2.とても真面目なタイプ

「はい」が口癖の人は、とても真面目な性格の人で、誤った事は許せないという正義感の強い人が多いです。

このタイプの人は、まず話す前に「はい」と言う事で「これから私が話します」という事を伝えているのです。

真面目な性格で、努力家なので周りの人からは「よくあれだけ努力ができるな」と尊敬されています。

その反面、少々ユーモアセンスに欠けているところがあり、冗談が通じないところもあります。

ただ、悪い人ではなく真面目なので嫌われる事はまずありません。

彼氏がこのタイプの人なら、付き合っていて少々窮屈に感じてしまうかもしれません。

こういう場合は、ある程度はお互いが自立した付き合いを心がけるようにしましょう。

どちらかがどちらかに付き合っていると疲れてしまいます。

ですので、いい距離感を保ったまま付き合うようにする事でお互いがストレスにならずに上手に付き合う事ができます。

そして、もう一つ注意しないといけないのがケンカをしないようにする事です。

ケンカをするよりもお互いのいいところは見習うようにして、言いたい事があるならケンカではなく、こういう理由だから直して欲しいと言うようにしましょう。

そうする事で真面目すぎる彼氏とも上手に付き合う事ができます。

3.自分の事を話したくない

会話の後に「はい」をつける人は、自分の事を話したくないし、相手の事も別に聞きたくないという心理の人がいます。

「はい」をつける事で会話が終わってしまうので、それ以上会話が進まなくなってしまうからです。

このタイプの人は、自分の事をひたすら隠すタイプの人が多いので、周りからは「何を考えているのか分からないからちょっと不気味」だと思われています。

周りにこのタイプの人がいたら、どんなの愛想のいい人でも自分の事に触れて欲しくないというタイプの可能性が高いので、会話は早めに、世間話程度にしてすぐに立ち去るようにしましょう。

自分が無意識に会話の後に「はい」をつけてしまっている場合は、それが原因で会話が途中で止まってしまっています。

特に好きな男性の場合は会話の後に「はい」をつけるのをやめるようにしましょう。

好きな男性がせっかく「いいな」と思ってくれていてもちょっと会話をしただけで「いい女性だなと思っていたけど、会話が長続きしない。

脈が無いのかもしれない」と思われてしまい、せっかく両思いになりそうだったのにその可能性が無くなってしまいます。

また、もっと友達を作りたいという場合は、もう少し自分の事も話すようにしましょう。

自分の事を話さない人は他の人から信用してもらえません。

「はい」で会話を切らずに自分の事を話して、会話を長続きさせるようにしましょう。

「はい」が口癖な人の性格や心理についてご紹介しました。

「はい」というたった一言ですが、そこには様々な心理が隠されています。

特に一番多いのが緊張しやすい人です。

緊張しやすい性格は、ある程度回数を重ねる事で直す事ができます。

自分の努力次第ですので、頑張って下さいね。

他にも、もし上記のどれかに自分が当てはまり、直したいなと思っていたら是非参考にしてもっといい自分になって下さいね。