山本美月はスーパーモデルなのにオタク!コスプレがかわいいと評判

最終更新日:2016年5月7日

モデルとして有名な山本美月さんを知っていますか?彼女にはたくさんの「ギャップ」があります。

世の男性の心をガッチリ掴む彼女の魅力をご紹介します。

1.キュートで癒される笑顔

山本美月さんは整ったキレイな容姿が魅力ですが、その笑顔は最高にキュート。

キレイで可愛いところが魅力です。

目が大きくて清潔感がある上品な容姿、なおかつ笑った顔は「天使みたい」と大人気なのです。

笑ったときのちょっとたれ目なお目目が可愛くて、見るものすべてを笑顔にします。

山本美月さんの笑顔にはそれほど惹きつけられるものがあります。

笑ったときに癒しな印象を与えるのもとっても魅力的ですよね。

キュートで癒される笑顔に勝るものはないのです。

この笑顔は山本美月の大きな武器です。


2.小顔と抜群のスタイル

山本美月さんはカリスマモデルとして有名であり、そのスタイルの良さには目を惹くものがありますよね。

スラーっとした細くて長い脚は女性も思わず羨んでしまう抜群の長さです。

小顔さと相まって、もうスタイルの良さには貶すところは一点もありません。

「モデルになるために生まれてきた」と言わんばかりのスタイルの持ち主です。

このスタイルの抜群さに憧れている女性も多いのです。

水着姿を披露したときも男性の支持が高く「美しい」とその抜群のスタイルに目を奪われていたのです。

小顔さと抜群のスタイルは山本美月の魅力ですよね?


3.サラサラ。憧れの艶髪

山本美月さんはその髪の毛も女性の憧れです。

サラサラ艶々したストレートヘアは見ていても触りたくなっちゃいますよね。

女性からは「羨ましい」と憧れられて、男性からは「触りたい」と好まれる山本美月のサラサラヘアは男女から支持される魅力の一つでしょう。

美しい容姿に見合った美しい髪の毛は女性らしくとっても魅力的です。


4.モデルに女優にCMタレントにという多才さ

デビュー当時はモデルさんとして活躍していたのですが、現在は女優にCMタレントにと大忙しです。

山本美月さんの魅力はその多才さにもあります。

女優としてはドラマに映画にとたくさんの作品に出演しています。

2014~2015年にかけてはドラマ&映画を合わせて10作品程出演していますよ。

このように様々な才能をお持ちなところも人気の理由ですよね。


5.男ウケ抜群涙袋

山本美月といえば男ウケ抜群の涙袋が魅力です。

ぷっくり膨らんだ涙袋はその大きな目を強調してとっても魅力的。

これが可愛さを強調していますよね。

なんだかうるうるした目に見えるのもこの涙袋が影響しているのかも。

涙袋は彼女のチャームポイントと言っても良いでしょう。

ぷっくり涙袋は山本美月の可愛さの象徴です。


6.オタク層もガッツリ支持なオタク気質

山本美月には意外な一面というのがあります。

これがまた一部の男性には大人気です。

その一面というのがオタクな趣味です。

こんなにキレイで可愛いモデルさんが「オタク」だなんて信じられませんよね?でも山本美月は自らも公言している正真正銘のオタクです。

父親譲りの無類のアニメや漫画好きで「鋼の錬金術師」が大好き。

そんなところが大きなギャップを生んで魅力の一つになっています。

何もかも完璧すぎる女性よりもちょっと変わっているギャップがある方が親しみ深いですよね。

山本美月のこんな一面は嫌がられるどころが大きなギャップになって魅力を引き立たせているのです。


7.コスプレが可愛い

山本美月は無類のオタク趣味というだけではなく、コスプレの趣味を持っているのです。

このコスプレ姿が可愛いと大変人気があるみたいですね。

ネット上にもこのコスプレ写真が出回っていますので、チェックしてみてください。

さすがモデルさんだけあって大変可愛く似合っています。

クリィミーマミやまどマギの鹿目などのコスプレ写真は「かわいい~」と大評判。

こういうところからアニメ好きなヲタク男子まで虜にしている模様です。

コスプレ姿まで違和感なく似合ってしまうなんてすごいことですよね。

こんなチャーミングな趣味を持っているのも山本美月の魅力の一端なのではないでしょうか?このように山本美月さんには数々の魅力があります。

オタク趣味があるだなんて本当に意外な一面ですよね?見た目からでは全く想像ができない彼女の一面でしょう。

山本美月さんはスーパーモデルなのにオタク気質が好かれている

カリスマスーパーモデルになるほどのキレイな見た目なのに、ちょっと残念なところがある…。

そんなところが良い意味のギャップとなって、男性を魅了しています。

キレイでスタイル抜群なのにヲタク趣味というギャップがこの方の最も大きな魅力なのでしょうね。