【夢占い】酔っ払っている夢を見た意味とは。なぜ夢の中でも酔っ払っていたのか

夢占い最終更新日:2018年4月28日

皆さんは、お酒を飲んで酔っ払っている夢を見たことはありますか?普段はお酒をまったく飲まない人でも、夢の中ではまた違い、沢山飲んでいる夢を見たりします。

今回は「お酒を飲んで酔っ払っている夢」を見た時のその夢の意味や、その夢を見た時のあなた自身の深層心理を紹介させていただきます。

1.酔っぱらう夢というのは基本的に、何か悩みやストレスを抱えている証拠

よく「嫌なことがあったら酔って忘れよう」と言われるように、酔っぱらうことは何か自分にとって嫌なことから逃げることや、それ自体を忘れることを意味しています。

そのため、基本的に酔っぱらう夢を見た場合は、あなたが何かしらのストレスを抱えていることを自覚しましょう。

ただし、その夢の中での酔い方によっても少しずつ意味合いが変わってきますので、順を追って説明させていただきます。

2.酔っていい気分になっている夢の場合の意味

あなたが夢の中でたとえ酔っていても、良い気分になっている場合や、良い酔い方をしている場合、あなたの抱えるストレスはまだ小さい方と言えるでしょう。

努力すればすぐに解決するような内容であったり、ちょっと気になる程度の軽い悩みなど、まだ軽いストレスの表れです。

そのほか、新しい価値観に目覚めるという予兆であるとも言われています。

良い気分で酔っ払っている夢を見た時は、視野を広くして小さなストレスを抱えていないか考えてみたり、普段はしないことにもちょっと挑戦してみるのもいいですね。

軽いストレスだと侮らず、早期にストレス解消をするチャンスだと思うようにしましょう。

3.悪酔いしている場合、または酔って暴れている夢の場合の意味

これは残念ながら、あなたが現実世界でひどくストレスに脅かされていることを表しています。

何か現実世界で追い詰められていたり、辛いことはありませんか?酔って暴れる夢を見るということは、夢の中で酔うことで現実世界のストレスから逃げるといった現実逃避を表しています。

また、他にも自分自身の言動が災いして人間関係のトラブルが訪れる予兆ともいわれています。

どちらも良い意味を持ったものではないので、一度自分自身のストレスや疲れと向き合いましょう。

4.二日酔いや、気持ちの悪さを伴う酔っぱらい方の夢の場合の意味

酔っ払って二日酔いになっていたり、吐くほど飲んで気持ち悪い…なんて夢を見てしまった場合は、あなたの消化器系の機能が弱っていることを暗示しています。

普段お酒を飲む飲まないにかかわらず、身体の調子を一度見直してみましょう。

気になる点がある人は、迷わずお医者さんにかかって診てもらいましょう。

5.好きな異性の前で酔っ払っている夢の場合の意味

あなたが好きな異性の前で酔っ払っている夢を見た場合、その相手に伝えたいことがあるのに伝えられない…といったジレンマを抱えていることを暗示しています。

例えば告白したいのになかなか勇気が出なくて告白できない、とか恋人に言いたいことがあるのになかなか言えずにいているなど、心当たりはありませんか?

普段あまり気にしていないつもりでも、夢に出てくるということは、あなたの深層心理の中では大きなジレンマとして存在している証拠。

しっかりと自分の気持ちと向き合ってみてください。

6.酔っ払って誰かに介抱してもらっている夢を見た夢の場合の意味

自分が酔っ払っていて、他の誰かに介抱してもらっている夢を見た場合、あなた自身が孤独を感じている表れとされています。

心のどこかで孤独を感じていませんか?この夢は「自分を支えてくれる人がほしい」「自分を理解してくれる人がほしい」という願望の表れです。

もし、心当たりがあるのであれば、誰かそういった人を見つけられるよう、現実世界で努力してみましょう。

7.夢の中で飲んでいるお酒にも注目

実は、飲んでいるお酒にも注目してみると深層心理が分かるといわれています。

例えばビールを飲んでいる場合は、普段頑張っている自分へのねぎらいの気持ちが表れているといわれています。

そして、赤ワインを飲んでいる場合、この場合は恋愛や愛情面においていいことが訪れる予兆といわれています。

あなた自身のパートナーになってくれるような人や、尊敬できる人と出会える可能性を表しています。

ただし、血のような真っ赤なワインの場合は、近々事故や事件トラブルに遭うことを暗示していますので、要注意です。

酔っ払っている夢の意味を知ろう

一口に、酔っ払っている夢というっても、酔い方や飲んでいるものによっても若干変わってきます。

ただし、やはりどんな場合でも、何かしらあなたがストレスや悩みを抱えていて、そこから脱却したいもしくは逃げ出したいという心理の表れであることが多いです。

お酒で酔っ払う夢を見た時には、一度しっかりと自分の生活を見直してみたり、自分の気持ちを整理してみてください。

この夢を見ることで、トラブル回避や自分からのSOSを受け取って、早めに悩みやストレスの解決することをオススメします。

 

    「酔っ払っている夢を見た意味とは。なぜ夢の中でも酔っ払っていたのか」への感想コメント一覧

  1. 1. まぴ2018/04/27(金) 15:46

    普段飲めないビールを飲んで、わいわい騒いでいる夢を見ました。なにかの暗示かな…と思ったのですが、まさか自分を労いたい思いだったとは…。とにかく、ストレスが関わっているのは確かなようなので休日にはリフレッシュできるようにしたいと思いました!

  2. 2. toriton2018/06/07(木) 09:08

    以前、泥酔状態の自分の前で親が窓から飛び降りる悪夢を見ました。

    落ちた死体を窓から見て絶叫した所で起きましたが

    Tシャツがぐっしょり濡れるほど汗をかいていたのを今でも覚えています。

    今思うとその時は私生活でもかなり追い詰められていた事があり

    大きなストレスを抱えていたんだと思います。

    ストレスと夢の内容は密接に関係しているんですね

    勉強になりました。

  3. 3. 名無しのイケジョさん2018/06/13(水) 14:51

    お酒を飲んで酔っ払うことはあまりないのですが、夢の中ではよく泥酔しています。仕事のストレスを夢で発散しているのでしょうか?
    少し自分を大事にする時間を作ろうかな、と思いました。

この記事への感想を書く