優秀な人が会社を辞める理由とは。なぜ会社で優秀な人ほど辞めてしまうのか

最終更新日:2017年10月8日

会社で優秀な人材が入社した時に期待をしてしまいますが、ほどなくして会社を退社してしまうケースは多いものです。

仕事ができる人なら会社で優位な立場に立つことができるはずですが、なぜ会社を辞めてしまうのでしょうか。

1.自分がスキルアップできないと思ったから

仕事ができる人が会社を辞めてしまう理由としては、自分がこの会社にいてもスキルアップできないと思ったのかもしれません。

仕事ができる人ほどプライドを持って仕事に取り組みますし、仕事に対して真摯に向き合っています。

そのため自分の仕事へのスキルや能力にも自信を持っていますが、もっとスキルアップして上を目指したいと思っています。

向上心があるからこそ仕事への情熱が沸いてきますし、真剣に取り組むからこそ仕事もできるようになります。

しかし入社した会社が自分のスキルを発揮できるような会社ではなく、楽な仕事ばかりするような会社だと、自分のスキルを磨くことができません。

普通の人ならこの会社では自分の能力が上なので、昇進できるかもしれないと思いますが、仕事ができる人はやりがいのある仕事を求めています。

自分がスキルアップをしてもっとやりがいのある仕事をするために、自分の能力を発揮できる会社に転職したいと思っているのです。

2.会社での目標を立てることができなかった

会社に入社して自分の目標を立てようと思った時に、この会社での目標を立てることができなかった可能性もあります。

仕事ができる人は自分の能力を発揮して、この会社でどんなことをやりたいか、実現したいかを目標に頑張ることができます。

自分のスキルアップと共に会社に貢献することが大切だと分かっているので、自分なりに会社での目標を立てて日々努力することができます。

しかし会社で働いていると内部の状況も分かってきますし、他の社員のモチベーションも直に感じ取ることができます。

自分がこの会社にいても目標を達成できないと分かった途端に、未練がなくなり会社を辞めたいと思ってしまいます。

いくら優秀でも自分一人では何もできないことは分かっているので、モチベーションの高い同僚と仕事がしたいと思っているのです。

3.仕事が集中し過ぎて疲れてしまった

仕事ができる優秀な社員がいると、どうしても周りの人たちも頼ってしまうのは仕方がないことです。

仕事ができる人が会社を辞めてしまう理由のひとつに、仕事が集中し過ぎてしまい、嫌気がさしてしまったことが要因かもしれません。

優秀な社員ほど仕事ができるので、段取り良く何でも頼りになります。

そのため分からないことや難しい問題が起きると、すぐに仕事ができる人に頼ってしまいます。

初めは仕事ですし頼られていると思って頑張っていますが、次第に自分だけが仕事量が多くなることに不満を持ってしまいます。

仕事量が増えることによって他の同僚とに仕事の格差がバカらしいと思い、適正な仕事ができる会社へ転職してしまいます。

4.仕事の制限や管理が厳しくて能力を発揮できない

仕事ができる人はいろいろなアイデアを出しながら、努力をすることで仕事ができるようになってきました。

自分で考えて行動することで仕事の基礎を学びながら、応用力が備わったことによって、いろいろな仕事ができるようになったのです。

そのため仕事ができる人に対して、会社の方針でいろいろと制限を掛けてしまうと、能力を十分に発揮することができなくなってしまいます。

仕事をする時にイチイチ上司に報告したり、古いやり方の面倒な報告書を作成するなど、効率や時間の無駄を考えていないやり方をすると仕事にも影響が出てきます。

仕事ができる人に一任して任せることができれば1日で成果を上げてくれる仕事を、いろいろな制約によって2日も3日も掛かってしまいます。

仕事をしていてもストレスが溜まりますし、段取り良くやらなければどんなに仕事ができても評価もされません。

頑張っても評価がされませんし、自分の能力も発揮できないので会社を辞めてしまいます。

5.労働環境が悪い

会社の労働環境は事前に把握することは難しく、実際に働いてみないと分からないことが多いです。

仕事ができる人が会社を辞めてしまう理由としては、少しでも良い労働環境で働きたいので、環境が悪いと思った時には迷わず辞めてしまいます。

労働環境には人間関係や仕事へのモチベーションなど、いろいろな要因が重なっています。

実際に働いてみた時に、人の悪口ばかりを言う上司や愚痴ばかりいう同僚など、仕事へのモチベーションが低い人ばかりだとモチベーションも上がりません。

仕事ができる人は少しでも自分の能力を発揮して会社に貢献したいと思っていますが、一人では何もできないことも分かっています。

そのため同じくらいモチベーションの高い同僚と仕事がしたいのに、モチベーションが低いと働き気も起きません。

労働環境はいろいろな要因がありますが、実際に働いてみて自分には合わないと思っ時はすぐに辞めてしまいます。

優秀な人ほど会社をやめる傾向にある

仕事ができる人ほど自分のスキルアップも望みますし、自分の力を仕事で活かしたいと思っています。

そのため自分の力が発揮できないような会社や労働環境では、長く働いていても無駄な時間だと考えてしまいます。

少しでも自分の力を発揮できる会社で働きたいと思っていますし、自分の能力を会社に買ってもらいたいと思っています。

そのため自分のスキルが発揮できないと思えば、迷わず会社を辞めてしまいます。