40代のイケメン俳優といえば誰?渋みも出てきたカッコイイ男達

最終更新日:2016年5月26日

人気俳優といえば、ジャニーズ事務所所属のアイドル的な俳優や若手のイケメン俳優を思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、現在は40代の俳優の人気が留まるところを知りません。

多くの年代の女性たちが、渋みを増し成熟した大人の男性の魅力に気付き始めたのでしょう。

また、長年の演劇生活から素晴らしい演技力を持つ俳優も多く、その出演作も名作ぞろいだといえます。

今回は数多くいる40代のイケメン俳優を紹介していきます。

1.西島秀俊

1971年生まれの45歳です。

しょうゆ顔のイケメン俳優代表として紹介されることの多い俳優さんです。

実は大変頭がよく、非常に偏差値の高い横浜の高校を出ています。

その後、国立大学に進学したものの演劇の世界に魅せられ中退したそうです。

西島さんんおお父様も、大手会社の社長を務められていたそうで、エリート一家出身の俳優さんだといえます。

一見、端正な顔立ちからエリート会社員といった大人しい男性のイメージがあります。

しかし、その顔からは想像できない程の美しい筋肉質な肉体を持っていることで有名です。

その肉体美を活用して、近年ではすっかりアクション映画やドラマではおなじみの俳優さんとなりました。

ドラマ、映画を通して「Mozu」シリーズでの彼のストイックなまでの役作りと体作りは話題になりました。

そんな彼の若かれし時の代表作は、なんといってもアラフォーなら誰もが知っているドラマ「あすなろ白書」ではないでしょうか。

石田ひかりや鈴木杏樹、木村拓哉といった当時人気のある演者さんたちと共演した大学生たちのラブストーリーです。

男性なのに男性のことが好きな西島さんの役には大変インパクトがあって、当時大変騒がれたものです。

そんな彼も昨年結婚してしまい、世間に「西島ロス」といった現象が起きてしまいました。

しかしながら、私生活は謎に包まれているといった印象が今も強く残っています。

今後も様々な媒体で活躍する姿を見せてくれそうな演技派の俳優さんですね。


2.竹野内豊

西島さんと同じく1971年生まれの45歳の俳優さんです。

堀の深い甘いマスクと高い身長から、若い頃にはモデルとして活躍していました。

幾度となく恋愛話が出るものの、現在も独身を貫いています。

20代の頃には主に「星の金貨」などの恋愛ドラマや映画に出演することが多く、辻一成原作の映画「冷静と情熱のあいだ」は大ヒットを記録しました。

また、反町隆さんと共演した「ビーチボーイズ」も大流行しました。

その後、年を重ねるにつれて単なるイケメンだけではない硬派な役からコミカルな役まで演じられる俳優さんに成長しました。

その演技が認められ、数々の映画賞も受賞しています。

今後も世の女性のハートをキュンキュン言わせるとともに、よい演技を期待したい俳優さんです。


3.福山雅治

1969年生まれの47歳の俳優兼ミュージシャンです。

もはや、知名度人気度共に日本を代表するイケメンといっても過言ではないでしょう。

昨年の結婚の際は日本中の女性が肩を落としたものです。

長崎県出身の彼は高校卒業後上京し、俳優活動と音楽活動を並行して行ってきました。

ドラマの代表作「一つ屋根の下」と音楽活動の代表作「桜坂」は共に大ヒットし、知らない日本人はいないのではないでしょうか。

現在もその人気は健在で、放送中の月9ドラマ「ラヴソング」では20代の歌手を目指す若い女性が恋する相手の役を演じています。

もはや親子ほどの年の差が二人にはあるというのに、視聴者に何の違和感も持たせない若々しさが素晴らしいです。

また、彼のあまり知られていない顔として写真家の顔があります。

彼は、自分のCDのジャケットの写真を撮影することもあり、実に多彩な方です。

また、恋愛ものだけではなく映画「そして、父になる」など社会問題を題材とした作品で演じることもある福山さん。

「そして、父になる」の中では、子供を持つ父親の役を見事に演じ、最優秀主演男優賞を受賞しました。

これだけ才色兼備な男性は近づきづらいのではと思いがちですが、福山さんのパーソナリティー務めるラジオを聴く限り、大変話しやすいお兄さんのようです。

そういった気さくな所が、女性ファンを虜にしてしまうのでしょうか。

これだけ多彩な彼ならば、今後もいろいろな方面で活躍する姿を見せてくれそうですね。

40代イケメン俳優の魅力を知ろう

魅力的な40代のイケメン俳優さんたちを紹介していくと、共通して言えるのはみなさんお若いという一言につきます。

40代の一般男性ならば、様々な所に老化や老いの兆しが感じられるのが一般的でしょう。

しかし、三人共に今現在も様々なことに挑戦して輝いています。

人はいくつになっても成長できる。

イケメン俳優さんは心もイケメンであり、日々いろいろなことに挑戦し続けている。

それ故に若さを保つことができます。