8月の北海道で最適な服装とは。暑いけど北海道の地域によって適切な服装が異なる

日々の生活最終更新日:2018年4月27日

8月の連休中を利用して、北海道に旅行しようと思っている人は、多くいるでしょう。

しかし、北海道って冬は寒いけど、夏はどうなんだろう?って思いますよね。

ここでは、8月の北海道の気温や服装のポイントをご紹介します。

1.8月の北海道の気温

北海道の暑い時期は、30℃を超える日がありますが、夏の中旬には25℃ぐらいになります。

北海道の平均気温は21℃と過ごしやすく、さらっとした爽やかな気候が特徴です。

ただ、雨の日や朝晩は寒くなり、カーディガンや羽織ものが必要になる温度差が激しいのも特徴です。

一部の地域では、夜クーラーがいらない地域もあります。

お盆を過ぎた頃から、気温が下がり秋の訪れの気温になります。

2.8月の北海道でも地域によって最適な服装は異なる

同じ北海道でも、地域によって気温が違うので、注意してください。

函館は平均22℃ 最高30℃ 最低14℃程度です。

昼間はノースリーブや半袖でで快適に過ごせます。

しかし、朝晩の寒暖の差が激しいので、カーディガンや薄手のジャケットを用意しておきましょう。

札幌と小樽は平均22℃ 最高31℃ 最低14℃になります。

暑さ的には、本州より少し低いぐらいなので、本州と同じ服装でいいです。

しかし、お盆以降は朝晩冷えるので、薄手のシャツを用意するのがオススメです。

旭川旭川は冬は極寒になり、夏は沖縄より暑くなります。

そのため、朝晩と昼の温度差はかなり違います。

日中はノースリーブや半袖で過ごせますが、朝晩は寒いので、カーディガンを用意しておきましょう。

またトレーナーが必要な日もあります。

富良野と美瑛富良野地方は富良野岳十勝岳に囲まれた盆地のため、夏は熱気が、冬は冷気がたまりやすくなります。

北海道の中でも比較的厳しい気象環境です。

朝晩と昼の寒暖差が激しいです。

1日の中でも、15度くらいの差がある日もあります。

どんなに暑くても、薄い長袖を1枚は用意しておきましょう。

標高が高い場所にいくのであれば、トレーナーも必要です。

3.8月の北海道へ行く時に用意しておくべき服

北海道は寒いイメージだから、夏も涼しいと思ったら大間違いです。

そのため、かさばっても用意しておくべきものをご紹介します。

夏用の薄手の羽織もの北海道は日差しも強いので、紫外線から守るために、薄手の羽織があった方がいいです。

アームカバーでもいいです。

帽子or日傘これも、日差しが強いので、帽子や日傘がないと熱中症になるので注意してください。

少し厚めの羽織もの朝晩は日中に比べて寒いので、少し厚めの羽織ものが必要です。

また、旭川、富良野、美瑛辺りは、トレーナーが必要になる可能性があるので、いく予定がある人は用意しておきましょう。

春、秋用のパジャマ朝晩は寒いので、夏用のパジャマを持っていくと寒いので、春、秋用のパジャマを用意しておきましょう。

4.北海道での昼と朝晩の服装

昼の服装は基本的に、本州と同じような服装で問題ありません。

半袖のTシャツに短パンなどでも大丈夫です。

ただ、紫外線が強いので、紫外線よけに薄手の羽織ものを着たほうが良いでしょう。

朝晩の服装ですが朝晩は寒いので、本州の春、秋ぐらいの服装がいいです。

薄手の長そでのTシャツに長ズボンが良いでしょう。

観光するときは、一枚薄手の羽織ものを持って移動するのがいいです。

5.8月の北海道での靴

旅行ですから可愛い服装でいきたいですし、靴も可愛いのが履きたいと思うのが当たり前ですが、地域によって靴にも注意がいります。

札幌旭川を観光するのであれば、サンダルでも問題ありません。

しかし、富良野、美瑛地域を観光するなら、寒いのでサンダルより、パンプスやスニーカーなどの素足を出さない靴がいいです。

札幌旭川観光にいく方も朝晩は気温が低くいので、寒がりな方はパンプススニーカーを持っていくのをオススメします。

少しかさばりますが、サンダル系と靴系を持っていくと、便利でオススメです。

6.8月の北海道での子どもの服装

子どもの服装も大人と同じ服装でいいのですが、子どもは大人より汗をかいてしまいます。

そのため、同じ半袖で半ズボンでも通気性のいい服にしてください。

そして、子どもには帽子を絶対被らせてください。

朝晩は、子どもにも羽織ものを用意しておきましょう。

夜は特に子どもは長そで長ズボンを着た方がいいです。

夜はどこに行っても蚊が多いので、寒さ対策より蚊の対策の為、長そで、長ズボンをオススメします。

キャンプを予定している場合は、嫌がっても長ズボンと薄手の羽織ものを着せてください。

キャンプをする場合、蚊よりブヨに刺されてしまう可能性があります。

8月の北海道に適した服装をしよう

北海道は寒いイメージですが、実は夏は暑くなり、紫外線もきつい地域です。

そして、温暖差がとても激しい地域でもあります。

せっかくの旅行に行ったのに、風邪を引いたりしたら勿体ないです。

そうならないためにも、朝晩は寒くなるということを頭の片隅に置いて、準備をし、せっかくの旅行を楽しんでください。

 

    「8月の北海道で最適な服装とは。暑いけど北海道の地域によって適切な服装が異なる」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く