伊達メガネの選び方4つ。似合う伊達メガネを見つけよう

最終更新日:2015年10月3日

ファッションアイテムとして、伊達メガネをかけ始めようと思っている人は、何を基準に選ぶべきでしょうか。

伊達メガネと言っても色々あり、値段もピンキリ。

今回は、自分に合った伊達メガネの選び方について、押さえておきたいポイント別にご紹介します。

1.レンズ無しか、レンズありかを考える

今、巷ではレンズの無い伊達メガネも出回っています。

これは、レンズがあると酔ってしまう人や、つけまつ毛がレンズに付くのを避けるために使用されます。

ただ、レンズが無い分、安っぽい印象があるので、若い子でなければファッション的には厳しいという意見もあります。

しかしながら、安価で手軽、レンズが無いので取り扱いも多少雑で良いところから、カジュアルに伊達メガネをかけたい人に人気です。

逆に、レンズありのメリットとしては、知的に見える、安っぽく見えないなどがあります。

このどちらを選ぶかは、自分が伊達メガネを使うシチュエーションや普段のファッションと相談すると良いでしょう。

例えば、つけまつ毛を付ける習慣があり、ファッション的にカジュアル寄りならレンズ無し。

職場にもかけて行くつもりで、あまりポップな印象を与えたくない時は、レンズありにするなど。

自身の使い方によって、適切な伊達メガネが変わってきます。


2.ブルーライトカットのレンズを入れるか入れないか

最近、PCやスマホのモニターから発するブルーライトをカットするメガネが普及してきています。

これは、度入りのものだけでなく度無しレンズも入れられることから、目が悪くない人にも愛用者が多いようです。

もし、あなたが普段PCなどをよく見る仕事をしているなら、せっかく伊達メガネを買うのですから、このブルーライトカットレンズを入れたものをオススメします。

ブルーライトは脳に刺激を与え、眠りを浅くするなどの悪影響が実証されています。

そのため、PCを日常的に使用する人の間では、このブルーライトをいかにして遮断するかが重要視されているのです。

仕事中も伊達メガネをかけていたいという人なら、このように、目の健康に配慮した伊達メガネが大変便利ですよ。

ただ、ブルーライトカットレンズを入れた伊達メガネは、普通の度入りメガネと同じくらいの価格のものがよく見られます。

このあたりは、自身の予算と相談しましょう。

もちろん、ファッションでしか使用しない人は、通常のレンズを入れたもので問題ありません。


3.レンズに反射防止加工がされたものを選ぼう

レンズ入りの伊達メガネでも、安いものはレンズがテカテカと反射し、「いかにも伊達メガネ」という印象を与えます。

そして、反射のため目の表情がわかりにくく、違和感のある見た目になってしまうことも。

しかも、安いということも周囲にバレバレで、見る人によってはダサさを感じさせてしまう場合もあります。

これではオシャレとは言い難いので、レンズに反射防止加工を施した伊達メガネを購入することをオススメします。

この反射防止加工は、一般的な度入りメガネにはほぼ施されている加工ですが、雑貨屋さんにあるような安価な伊達メガネにはされていないことが多いです。

そのため、反射防止加工がされた伊達メガネが欲しいなら、最初からメガネ店に行くと良いでしょう。

安価でメガネが作れる大手のお店なら、フレームを選べば度無しでも作ってくれるところが多いです。


4.自分に合ったフレームを選ぼう

もちろん、自分の顔に合ったフレームを選ばなければ、伊達メガネのオシャレ効果は激減してしまいます。

まず、考慮するべきは顔色。

色白なら薄い色、色黒なら濃い色のフレームが似合うと言われています。

また、顔色が黄色系なら暖色系やアースカラー、ピンク~ブルー系の顔色なら、深紅や青、紫系、黒などのフレームが合うようです。

色味だけでなく、顔の輪郭に合わせることも大切です。

顔が大きい人は、フレームが太めで、レンズが大きいものを選べば小顔効果が期待できます。

顔が小さい人なら、小さめレンズで個性的なデザインでも、オシャレに使いこなせるでしょう。

また、自分の顔の彫りの深さも考えて選びましょう。

鼻が低い顔立ちだと、鼻当てが小さいメガネはすぐに下がってきて使いにくいです。

逆に鼻が高いと、彫りの深さにフレームが負けてしまうため、華奢なフレームのメガネが似合わないと言われています。

このように、人それぞれに似合うメガネが変わってきますので、伊達メガネと言えど、自分に合ったものを見つけるようにしましょう。

自分に合った伊達メガネを見つけよう

伊達メガネを選ぶ際に、押さえておきたいポイントを4つに分けてご紹介しました。

ファッションアイテムと言えど、伊達メガネはいくつも持つわけではないものです。

日常的に変装が必要な人や、伊達メガネコレクターでもない限り、1~2個もあれば用が足りてしまいます。

だからこそ、自分の用途や顔立ちに合ったものを見つけたいものですね。