愛は見返りを求めない方が良い理由。愛にあげるものと考える

恋愛最終更新日:2018年4月28日

「愛に見返りは求めない」という言葉を聞いた事がある人は多いでしょう。

では、何故そう言われるようになったのでしょうか。

ここでは愛は見返りを求めないと言われる理由についてご紹介します。

1.愛は自分が与えるものだから

愛は自分が大好きな人に与えるものだから、見返りなんて無くてもいいと考える人が多いから、愛は見返りを求めないと言われるのです。

見返りを求めるのはそれは愛ではありません。

自分が誰かに何かをしてあげる事で同様に何かを求めるのは最終的には自分が得したいだけです。

自分が得したいと思うだけの考えは愛ではありません。

愛どころか相手に不快感を与えてしまいます。

自分が大好きで愛している人には何かをしてあげたいと思うものです。

そして見返りなんて一切求めずに自分がただひたすら相手に与えたいと思う事、相手の事を好き、愛していると思う事、それこそが愛です。

もし、自分が好きな人に何かをしてあげたのだから、好きな人にも何かをして欲しいと思う考えの人ならそれは残念ながら愛ではありません。

愛していると思い込んでいるだけです。

相手の事を考えているのでは無く、最終的に自分が得したいだけです。

誰に対しても見返りを求めて自分が得しようと思ってしまうのは、残念ながらその誰かを愛しているのはありません。

言うならば自分だけを愛している状態です。

しかも見返りを求める行為は高確率で他人から嫌われてしまいます。

今のままではあなたは一人ぼっちになってしまうでしょう。

2.本当の愛は、相手がそこにいてくれるだけでいいと思うから

恋愛で相手に見返りを求める愛は、本当の愛情とは言えません。

それは、自分が得をしたいと思うだけで恋愛をしているわけではありません。

付き合っている恋人に対して「自分は色々してあげているのに、相手は何もしてくれない」と思ってしまうのは、本当の愛情とは言えません。

ただ、この場合は相手が何もしてくれないという事は相手は自分の事を都合の良い存在としか思っていない可能性が高いので、残念ですが別れる事をオススメします。

愛してくれる人は、何もしなくても自分に愛を与えてくれるからです。

手を繋いでくれる事も、記念日にお祝いをする事も、ハグすらしない場合、相手はあなたの事を恋人とすら思っていない可能性が高いです。

本当の愛は、相手はそこにいてくれるだけで幸せ、それだけでいいと思える事は愛です。

お互いがそう思える存在なら、その人が運命の人です。

一生今のその感情を大切にするようにしましょう。

そうする事でお互い愛し合う事ができる最高に幸せな二人になる事ができるでしょう。

3.愛していたら、見返りなんて求めなくてもそれで幸せだから

見返りを求める愛は、見返りが無ければ「どうして見返りをくれないの?」と思ってしまい、どんどん心が汚れてしまいます。

そして汚れてしまった心は愛し方そのものを忘れてしまいます。

そうなると不幸へ真っ逆さまです。

幸せを掴めなくなってしまいます。

本当に愛していたら、見返りなんて求めなくてもその人、もしくは物を見ているだけで幸せです。

人ならその人の幸せを祈り、物なら一生大切にしようと思えます。

こう思える人は心がとても美しい人です。

そして心が美しい人は周りの人から愛されます。

自分が周りの人を愛し、そして周りもあなたを愛するので幸せを得る事ができます。

こういう人が本当に幸せになる事ができる人です。

心の中が愛で溢れているからです。

4.誰かを愛したい、見返りを求めない愛をしたいと悩んでいる人は

人を無条件で愛したい、でもどうしても見返りを求めてしまいます。

心から人を愛せるようになりたいと悩んでいる人はとても多いです。

人は、とても弱いです。

ですので、つい見返りを求めてしまうものです。

特に恋愛は「自分がこれほど好きになったのだから、相手にも同じくらい自分を好きになって欲しい」と見返りを求めてしまいがちです。

ですが、これは自分本位の考えです。

相手の事を愛しているとは言えません。

愛して欲しいなら、見返りを求めずに相手をきちんと見て愛しましょう。

そうする事で相手も段々自分をちゃんと愛してくれるようになります。

穏やかに、見返りを求めずに相手を愛し、幸せを祈る。

こうするだけで自分の気持ちがグッと楽になります。

そして相手の事をもっともっと自然と愛する事ができるようになります。

さらに恋人もあなたの事を自然と愛してくれるように鳴るでしょう。

お互いが相手に対して穏やかな愛情を持てるようになった時、二人は本当の意味で恋人になる事ができるはずです。

愛は見返りを求めない方が良い理由を知ろう

愛は見返りを求めないと言われる理由についてご紹介しました。

愛は見返りを求めないと言われる理由は、愛は自分が与えるものだからです。

そして、見返りを求めるという事は自分が得をしたいだけだという事です。

それは愛ではありません。

本当に愛しているなら、見返りなんて一切求めずに相手がそこにいてくれるだけで幸せを感じるはずです。

自然とそう思える人が恋人ならその恋人があなたの運命の人です。

一生大切にしましょう。

 

    「愛は見返りを求めない方が良い理由。愛にあげるものと考える」への感想コメント一覧

  1. 1. みるく2018/06/06(水) 23:16

    子供が出来てから見返りを求めない愛が分かったような気がします。そして夫に対してもただいてくれるだけで嬉しく思えるようになりました。もっと愛に溢れる人になりたいですね。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/06/10(日) 01:15

    若い頃は愛するより愛されたいと思ったりしましたが、愛されるより愛するほうが幸せなのだと気が付きました。無償の愛を与えられる人になりたいものですね。

この記事への感想を書く